15分あれば喫茶店に入りなさい。

著者 :
  • 幻冬舎
3.32
  • (46)
  • (163)
  • (213)
  • (62)
  • (16)
本棚登録 : 1503
レビュー : 251
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344018662

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • "負荷をかけないと筋力が伸びないのと同様、人間の頭を負荷をかけないと思考力は伸びません"
    ”スポーツの時間感覚で仕事や勉強に取り組めるのが喫茶店”
    ”時間の密度は、集中度によっていくらでも濃くすることができる”
    ”制限時間を設けたほうがいい仕事を挙げられます”
    ”ストップウォッチが時間を刻んでいるかぎり、集中する時間は伸びていく””30分続けてなにかの作業に集中したらモードチェンジし、また次の30分を集中するといいでしょう”
    ”なにかの作業に疲れたら他の作業に移ればいい”
    ”出版社が書籍にして出したがるような文章を書きなさい”
    "仕事には必ず限られた時間内でのミッションがある"
    締め切りを守るために、他の仕事を雑に扱ってしまう傾向があるな。時間が間に合わないからってアルバイトを休んだりする。これなんとかしないとダメだね。制限時間の中で仕事を完了させないと。

  • 明治大学教授、齋藤孝さんの本。15分でも仕事はできる、特に喫茶店だと集中力が高まる、といったところでしょうか。参考になります。確かに時間をかければよい仕事ができる、といったものではなく、時間の制約によって生み出された緊張感が仕事の質を高める、といったことはよく経験します。
    脳科学の篠山先生も同様のことを書いていました。

  • カフェでの過ごし方が
    とても勉強になった!

    この本を参考にして、
    カフェですき間時間を
    上手に使えるように
    なろう(^_^)

  • タイトルから時間活用術のような内容を想像していたけど、どちらかといえば喫茶店利用法が主。個人的には勉強するなら喫茶店よりも図書館の方が集中しやすい。

  • 筆者の視点での仕事術を分かりやすく解説した本。
    僕も筆者と同じく、勉強はリビングで寝転びながら。図書館で缶詰めになってやるのはニガテなので、この方法は参考にしてみようと思う。

    勉強の手法だけでなく、筆者の仕事に対する姿勢なども書かれておりよかった。

  • 簡単にまとめると、カフェという「場」を利用して気分を変え、
    隙間時間も集中して勉強しないさいな。
    という本。

    参考になったのは、

    ・ストップウォッチを使って勉強する
    →仕事に関しての時間間隔を身に着ける。
     これ、今の私の課題だったから実践。
    ・アウトプットを意識してインプットする
    →生徒にどう教研した内容を話すか意識して教研

    勉強カフェにおいてあった本をさくっと読みでしたが、
    参考になりました。

  • 僕の場合は、読んでる本が「あと100ページ」くらいになると一気に読み切りたくて喫茶店に行きたくなるなー。

  • おもしろい!!
    実践中です\(^o^)/

  • 家でダラダラ仕事(勉強)をするのではなく、
    カフェで時間を決めて集中して取り組むのが良いですよ!と言っている本だと感じました。
    確かにカフェだとなぜか集中力が増すような気がしますよね。あれは本当に不思議…。

  • ただ珈琲を飲む為に喫茶店を楽しむことも大事だけど、喫茶店はアイディアを生み出すのに最適な場所であること、喫茶店を自分の書斎に変える方法がたくさん書いてありました。3色ボールペンの技術、真似してみたいです。

全251件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

15分あれば喫茶店に入りなさい。のその他の作品

齋藤孝の作品

ツイートする