15分あれば喫茶店に入りなさい。

著者 :
  • 幻冬舎
3.32
  • (46)
  • (163)
  • (213)
  • (61)
  • (16)
本棚登録 : 1501
レビュー : 250
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344018662

作品紹介・あらすじ

スタバ、タリーズ、ドトール…喫茶店(カフェ)は仕事の主戦場だ。30分で1時間分をこなす、効率・集中力倍増術。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 微妙だった。

  • 喫茶店の使い方がよくわかります。
    インプットとアウトプットの関係もよく整理されてます。

  • ぴったり。ジャストミートな内容でした。
    良かった箇所。

    ・調べモノは、ネットを使わずに電子辞書で
    ・アウトプットをイメージしてインプットする
    ・朝会社に行く前に1時間から1時間半スタバで勉強して司法試験合格
    ・お風呂で音読

  • サーっと読める。
    世のなかは、工夫をした人が上手くいくようにできています。どんな工夫ができるかを、常に考えている人が成功する時代です。
    この書き出しが一番心に残りました。
    喫茶店には思い出がたくさんあるなー。とか考えながら読みました。内容は、さほど…。

  • 自分も何気なくやっていたことなので、まさかそれがあの齋藤孝さんが実践され著書にされていたとは驚いた。
    共感できる部分が多くあった

    コーヒー500円、普通に聞いたらちょっと高い印象だ。でもあの空間と環境を提供してくれて、一人で落ち着いて物事をこなせると思うとコスパがいい。

    電車や空港などの移動時間や、風呂屋トイレまで、と時間に無駄がない。齋藤孝さんも日々こうやって努力してアイデア生産をしているのだと思うと素晴らしい。


    隙間時間
    垂直思考

  • 閾ェ蛻?′縺薙l縺セ縺ァ閠?∴縲∝ョ溯キオ縺励※縺阪◆縺薙→縺後?∬ヲ倶コ九↓譛ャ縺ォ縺ェ縺」縺滓─縺倥?ょ?縺上?√◎縺ョ騾壹j?

  • 喫茶店を使った仕事術が書かれています。
    外出時に隙間時間でできる仕事を常に持ち歩き、喫茶店を仕事の主戦場にする、そんな考え方を紹介しています。
    喫茶店でなくても仕事に集中できる人でも、仕事を持ち歩く考え方は使えると思います。

    ・負荷をかけないと思考力は伸びない
    ・仕事は15分を単位に、時間密度を上げる
    ・雑然とした雰囲気の方が考え事に適している
    ・仕事には期限がある
    ・懸案事項がすぐに出せるかどうか
    ・スタバは大人の勉強に向いている
    ・ストップウォッチで時間を区切る
    ・20代30代で猛烈に勉強する時期が必要
    ・元を取らなきゃ感が重要

  • 喫茶店タクティクス
    クリアファイル仕事術
    (*次回の新月にファイル整理)
    図に書く
    ストップウォッチ
    三十分でモードチェンジ
    (*30*3の仕事術)
    メンタルコンディショニング
    ニュートラルなサードスペース
    雑用ネタの片付け
    雑談ネタを仕込む
    喫茶店のライブ感を利用する
    映画、本の感想
    喫茶店二人会議
    懸案事項がわかっている人、できる人
    (*懸案事項のリスト化)
    悩みは喫茶店でややハイテンションな時に整理

  • <斜め読み>
    わずか15分(ないし10分)の「間」で気持ちが整理される感覚はよく分かる
    ・家と会社の間「ちょっとだらけた公共性」が自分をコントロールするのに最適
    ・インターネットをしているときの考えは横スライドの水平思考
    ・制限時間が効率を生む

  • 縺ゅ?鮨玖陸謨呎肢縺後?∝稔闌カ蠎励r豢サ逕ィ縺励※莉穂コ九d蜍牙シキ縺吶∋縺励→謖?漉縺吶k譛ャ縲
    縺」縺ヲ縺?≧縺九?√☆縺ァ縺ォ蜒戊?霄ォ縺後%繧後r繧ゅ≧10蟷エ莉・荳雁燕縺九i螳溯キオ縺励※縺?k縺ョ縺ァ縲∵嶌縺?※縺?k縺薙→縺ッ蠖薙◆繧雁燕縺ェ縺薙→縺ー縺九j縺?縺」縺溘j縺吶k縲
    髱「逋ス縺??縺ッ縲∝キサ譛ォ縺ョ4雎。髯舌?ゅン繧ク繝阪せ繝サ雜」蜻ウ縲?ォ倥a繝サ螳峨a縲∬??∴繧九?莨∫判繝サ謇薙■蜷医o縺帙?∵紛逅??髮醍畑繝サ繧ウ繝?さ繝?級蠑キ繝サ隱ュ譖ク縲√↑縺ゥ逕ィ騾泌挨縺ォ繝√ぉ繝シ繝ウ蠎励?蜷咲ァー縺後?繝ュ繝?ヨ縺輔l縺ヲ縺?k縲

全250件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

15分あれば喫茶店に入りなさい。のその他の作品

齋藤孝の作品

15分あれば喫茶店に入りなさい。を本棚に登録しているひと

ツイートする