爆笑問題の太閤記

著者 :
  • 幻冬舎
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344018846

作品紹介・あらすじ

2000年発刊の「爆笑問題の日本史原論」シリーズもいよいよ10冊目。出生から信長に出会い、ねねと結婚、信長の家臣として山崎・賎ヶ岳・小牧・長久手などを戦い抜き、バテレン追放令を出し、千利休とつきあい、太閤検地・刀狩りをやって、小田原合戦を経て、ついに朝鮮出兵(文禄・慶長の役)をして、とうとう亡くなるまでを、おおひなたごう渾身の一コママンガ(33点)とともに大河ドラマのごとく爆笑問題が笑い倒す。太田光発案「漫才伝記」第1弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 秀吉の人生を漫才形式の文章で説明していくというもの。
    秀吉について何かを伝えようというのではなく、特殊な制限のなかで漫才に挑戦したように感じます。
    漫才として読むには、あまり面白いとは感じませんでした。
    私は歴史に疎い方なので、
    秀吉についての知識が得られたのが救いでした。

全1件中 1 - 1件を表示

爆笑問題の太閤記のその他の作品

爆笑問題の作品

ツイートする