ダブル

著者 :
  • 幻冬舎
3.37
  • (9)
  • (21)
  • (36)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 169
感想 : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344018891

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ハードボイルドで面白かったが心情描写が今ひとつのようにも感じた。

  • 虐待や暴行など、過酷なシーンが多いものの、読み進めてしまうパワーがある。
    知恵と技術を駆使した、格闘シーンが、ノンストップで続く。
    死と紙一重のスリルと、苛烈な勢力争いが重なり、怒涛の展開。
    新しい生き方ができるといい。
    http://koroppy.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-662e.html

  • ハードボイルド。弟と元彼女を殺したボスに、顔貌や声を変えて再び組織に戻り復讐をする。

  • 姿形を変えて復讐の為にかつて自分が所属した組織に舞い戻った男。設定としてはありがちな潜入捜査もの。主人公兄弟の背景は目を背けたくなるほど描かれているが、謎めいた敵役の詳細は曖昧なままで少々物足りない。自分の何気ない所作でかつての友人に素性がバレてしまうなど、これまたありがちだけど切ない場面も良かった。デビュー作ほどのインパクトには欠けるものの、希望の持てるラストは悪くなかった。

  •  この作家の本は、デビュー作の『果てしなき渇き』を読んだことがある。面白かったし、新人らしからぬうまさに舌を巻いたが、あまりの後味の悪さにげんなりした覚えがある。

     が、長編第4作となる本書は、『果てしなき渇き』に比べれば一般受けする正統派エンタテインメントで、読後感も悪くない。とはいえ、相変わらずどぎついバイオレンス満載なのだが……。

     一度は犯罪組織を追われた主人公が、手術で顔を変え、別人になりすまして組織に舞い戻り、組織のドンの命を狙う物語。
     手術で顔を変えるというと、ジョン・ウーの『フェイス/オフ』を思い浮かべる向きもあろうが、あそこまで荒唐無稽ではなく、むしろ馳星周の暗黒小説に近い世界が展開される。

     二転三転するスピーディーな展開、テンポよくたたみかけるアクション描写、主要登場人物のキャラ立ちが素晴らしく、一気に読み終えずにはいられない吸引力がある。
     ハリウッド産アクション映画的というか、劇画的というか……。深みもなければ、読み終えたあとにずしりと残る感動もないけれど、つかの間の娯楽としてはたいへんハイクオリティー。

     読みながら、「この人にこういう小説が書けるのなら、馳星周はもういらないな」と思った。「余計なお世話」な感想ではあるけれど……。

  • 好きな作家さんの過去作品探訪。弟と元恋人を殺したかつてのボスに復讐を試みる主人公。復讐に生きるのか暴力の中で生きるのか…、主人公の葛藤が興味深い。全編暴力の嵐でこの作者さんを連続して読むのはちと疲れたが、息を呑むストーリー、希望の光さすエピローグは完成度高し。

  • のっけからの暴力に
    読み進む気にならず
    最初の方で断念

  • 毎度このパターンか・・・

  • 殺された弟と元恋人の復讐のために、顔貌を変え、かつて自分が所属していたドラッグ密売組織に潜入する。

    私好みのハードボイルド。面白かった。主人公自身が警察の潜入員であるが、組織の内外に敵対組織の内通者、麻取の潜入捜査員、警察組織への内通者など、あらゆる裏切り者がいて、しかも、組織のボスの神宮まで陰に潜んでいる始末。誰が一体誰なのか、手に汗握る展開で最後まで一気読み。いい意味で別人になりきれない主人公も憎めないし、主人公を潜入員に仕立て上げる女刑事も格好良くてイイ。特に深町作品で描かれる女刑事は、八神瑛子を始めとして、皆格好良くて好みデス。

  • 読みやすく面白い

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1975年山形県生まれ。2004年『果てしなき渇き』で第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞しデビュー。同作は14年『渇き。』として映画化、話題となる。11年『アウトバーン』に始まる「八神瑛子」シリーズが40万部を突破。著書に『卑怯者の流儀』『探偵は女手ひとつ』など多数。

「2022年 『煉獄の獅子たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

深町秋生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
誉田哲也
誉田 哲也
東野 圭吾
村上 春樹
綾辻 行人
麻耶 雄嵩
東野 圭吾
真保 裕一
沼田 まほかる
貴志 祐介
64
横山 秀夫
道尾 秀介
奥田 英朗
平山 夢明
伊坂 幸太郎
道尾秀介
町山 智浩
吉田 修一
湊 かなえ
伊坂 幸太郎
伊坂幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×