健太、斧を取れ!

制作 : Christopher Belton  渡辺 順子 
  • 幻冬舎
3.20
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344019119

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公:14歳の少年 健太
    「再生者」という転生を経た特別な魂であることを知った健太は、座敷わらし、河童、エルフなどさまざまな見えざる者の存在をしることになる。再生者としての役割の中で、懸命にもがく少年のファンタジー。
    消化不足・・。同じファンタジーで、役割を担う男の子なら『クロニクル 千古の闇』シリーズの方が読み応えがあったかな。1冊という中に、運命も問題も自立も成長もというと、もっと消化が必要な気がする。河童とかが出てくるのは楽しかったヨ。

  • 左系をかんじてしまう。なんかねえ。

  • 外国人による日本を題材にしたファンタジー。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

イギリス出身で、1978年より日本在住。1991年以降フリーランスライターおよび翻訳家として活躍。
海外では小説家(Crime sans Frontieres, Isolation, Nowhere to Run)、日本ではノンフィクション・ライターとして知られ、著書に『「ハリーポッター」が英語で楽しく読める本』シリーズ(コスモピア)、『知識と教養の英会話』『日本人のための教養ある英会話』(DHC)、『英語は多読が一番!』(ちくまプリマー新書)など多数。晴山氏との共著に『Twitter英語術』(実業之日本社)などがある。

「2017年 『Bam and Kero Go Flying バムとケロのそらのたび英語版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

クリストファー・ベルトンの作品

健太、斧を取れ!を本棚に登録しているひと

ツイートする