最初の哲学者

著者 :
  • 幻冬舎
3.23
  • (10)
  • (20)
  • (63)
  • (13)
  • (1)
本棚登録 : 258
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344019140

作品紹介・あらすじ

偉大な父を超えるには、狂うしかなかった(「ダイダロスの息子」)。この世でもっとも憂鬱なことは、どんなことだろうか(「神統記」)。死ぬことと生きることは、少しも違わない(「最初の哲学者」)。世界は、"語られる"ことではじめて、意味あるものになる(「ヒストリエ」)。13の掌編から解き明かされる、歴史を超えた人間哲学。ギリシアをモチーフに、吉川英治文学新人賞・日本推理作家協会賞をダブル受賞の著者が満を持して放つ、文学の原点であり極上のエンターテインメント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • う〜〜ん…ギリシア神話を読み直した感じかな?もう少し捻りを期待してしまったんですが、普通にさらっと読めました。ソクラテスの妻には案外共感してしまいましたが(笑)

  • 2015/04/13
    移動中。

    有名な神話の裏話と言うわけではないが、
    そう言うコトもあったのかもしれないと思う。
    そう思う。
    で、非常に読みやすい文体であり、
    短くまとまっているので、いくらでも読める。
    が、
    書き下ろしで最後に追加されたお話が、全体を〆ております。

  • 柳氏がどんな作品を書くのか興味があって手に取ってみました。
    ジョーカーシリーズはずっと読んでみたいと思いながら、まだ読んだ事はありません。
    話題作以外のものを・・・と手に取ったのは、ギリシャ神話を分かりやすい文章で書いた作品でした。

    ギリシャ神話って、興味はあるけど しっかり読むには文章が苦手な感じがしてなかなかちゃんと読む事が出来なかったんです。
    でも、これはとても読みやすくて、最後までとっつきやすく読むことが出来ました。

    次はぜひ、ジョーカーシリーズを読んでみたい。

  • 古代ギリシア世界を舞台に人間の真理をあぶり出した短編集。一人一人の行動や選択に「ああ、そうかも。」と思わされますね。…相変わらずモチーフの使い方が上手い作家さんです。でも、読み応えはちょっと足りないかな…。

  • 古代ギリシアの神話や歴史上の人物に関するエピソードを、独自の視点で小説に仕立てた短編集。
    登場人物を知らなくても読めるが、元ネタを知ってる方が楽しめた。アリアドネやイカロスの解釈は面白かった。

  • 聞いたことのある神話の裏話的で楽しく読めた。

  • 文学? 哲学? いやいや、ギリシャ神話、逸話に柳風解釈を加えたエンターテイメント。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/11830159.html

  • ギリシャ神話をベースに独自の解釈で書かれたもの。
    ギリシャ神話って長くてつまらないものというイメージで敷居が高く、読んだことなかったが、これは短編で軽い読み物になっていた。
    名前は聞いたことあるけど、知らない人が生き生きと描かれていて楽しく読めた。
    読後はギリシャ神話に挑戦したくなります。

  • ギリシアの神話・悲劇など13品。おもしろい昔話ですが、人名が覚えられない・・・。でも、ギリシア神話も読みたくなった。

  • 著者独自の視点からギリシア神話や、ギリシア人の逸話が描かれている。
    凄く読み易くて面白かった。
    私は、アリアドネの話が好きかな。

全52件中 1 - 10件を表示

プロフィール

一九六七年生まれ。二○○一年『贋作『坊っちゃん』殺人事件』で朝日新人文学賞受賞。○九年『ジョーカー・ゲーム』で吉川英治文学新人賞と日本推理作家協会賞長編及び連作短編部門を受賞。同年刊行の『ダブル・ジョーカー』は、『ジョーカー・ゲーム』に続き二年連続で「このミステリーがすごい!」の二位に選ばれる。主著に「ジョーカーゲーム」シリーズ、『ロマンス』『楽園の蝶』『象は忘れない』などがある。

「2017年 『風神雷神 雷の章』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳広司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

最初の哲学者を本棚に登録しているひと

ツイートする