本当はずっとヤセたくて。―自分のために、できること

著者 :
  • 幻冬舎
3.44
  • (15)
  • (34)
  • (39)
  • (11)
  • (4)
本棚登録 : 238
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (138ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344019256

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱりコツコツやるしかないか。

  • じわじわ太っていく過程に共感。見てみぬふり、しちゃうよなあ。旦那さんの協力あってこその成功だけど、でも「太っててもやせてても好き」なんて。素敵だー。レコーディングダイエットはすぐに飽きて続かなかった私ですが、頑張ってみようと思いました。

  • ツレウツの流れで読んだのだが、全く面白くない。

  •  二度と読みたくない。そう思ったのは久しぶりでした。
     『ツレがウツになりまして』という漫画で、このひとの名前を知っていました。映画化もされ、鬱に関しての読みやすい書籍ということで一躍有名になったものと覚えています。
     自分を知ることが大事だから日記を書く。食べたもの、そのときの気持ちなど。
     そうすると、イライラしているときに食べてしまっているなあとかいろいろ分かるので、見直しができる。
     そこまではよい、
    「自分が好きではない」
    「誰かをねたむ」
     それは生きていくうえで切り離せないもので、その気持ちを持つことは分かります。が。
     あんまりにも旦那の言い分がとげとげしく腹立たしい。話していることは事実だろうし、間違っていないのだろう、
     なのに、漫画といえどもイライラが募って仕方がなかった、キャラ付けのせいなのか?
     とにかくもう読みたくない。読めば読むほど心がすさんでいやな気持になってしまう。

  • 面白く読んだ。ちょっと ダイエットしてみようかなと思った。

  • 太るのは早いのだから、やせるのも早く! とは
    誰しも思う事…。

    体育館座りができないとは、どんな状態でしょうか?
    確かにそうなってくると、やせる決意を持つべきです。
    これを放置していくと、靴下が履けない現実が…。

    しかし作者の勘違いが面白いです。
    自分はやせやすい体質…。
    それはものすごく運動をしている人か
    過去にしまくっている人でないと。
    筋肉、という遺産は存在しないのですから。

    結局ダイエットに必要なのは、気力と根性と
    ストレスをためない自分、かと。

  • この著者のコミックエッセイ、結構読んでいる。
    私もここ8カ月くらいで12キロ落ちた。
    「ダイエット」はいつも「明日から」でなかなかうまくいかず、20代は今思えば痩せていたから自分が「太った」という自覚に乏しかったせいだ。
    「代謝が落ちた」ということを自覚して食生活を見直し、1日2回体重計に乗るようにして「前月より下をいく!」を目標にしたら減っていった。
    何かだけを食べるとか、ハゲシイ運動をするとかって無理。
    「ダイエットは心がけ」なんだと思う。
    「気づき」でもあるかと。
    年代も体型も同じ著者の思考と行動に共感しまくり。
    でもこれは私も同じ体験をしたからか。
    ダイエットノウハウではなく「ダイエット気づき」だと思う。(M)

  • ××ダイエットでヤセたとかではなく意識改善そして筋トレ頑張ってヤセられています。
    ダイエットに成功されていますが意識改善を啓蒙するというほどでもないしマネしたいとも感じられなかった。

    嫌いじゃないんですがどうもこの方のコミックエッセイはネガティブ感が滲み出ていて苦手です。

  • 現在進行形でぶくぶく太ってきています。
    後ろ向きな性格も努力が嫌いなところも作者とそっくりでいやんなっちゃう。だけどそんな作者も12キロの減量に成功! やり方は人それぞれだろうけど、勇気付けられました。

    ただ、これを読んだからといって痩せられると思い込んでしまっては意味がないわけで……意識の改革はもちろん、本人の努力なしには痩せられないということですなトホホ。

  • 古本で購入。
    この本は前に立ち読みして、そのあとに出た「ちゃんとキレイにヤセたくて」を先に買っていました。
    この本で1年半かけて8キロ痩せたけど、タルタルな体になってしまったてんてんさんが、続刊で筋トレと食生活を見直して引き締まった体に生まれ変わり。
    私のダイエットは筋トレもしてるので、タルタルにはなってないと思うけど、初心に帰ろうと思ってこっちも買いました。

全45件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

細川貂々(ほそかわ・てんてん)
1969年生まれ。セツ・モードセミナー出身。漫画家・イラストレーター。1996年、集英社『ぶ?けDX』にてデビュー。パートナーの闘病を描いたコミックエッセイ『ツレがうつになりまして。』『イグアナの嫁』シリーズ(幻冬舎)は映画化、ドラマ化もされた著作。男親中心の育児を描いた『ツレパパ』シリーズ(朝日新聞出版)、自身の職業遍歴を描いた『どーすんの私』シリーズ(小学館)なども出版。また、母娘問題に切り込んだ『それでも母が大好きです』(朝日新聞出版)や、人生観の宝庫である落語を掘り下げた『お多福来い来い』(小学館)を上梓している。

「2018年 『やっぱり、それでいい。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

細川貂々の作品

ツイートする