本当はずっとヤセたくて。―自分のために、できること

著者 :
  • 幻冬舎
3.44
  • (15)
  • (34)
  • (39)
  • (11)
  • (4)
本棚登録 : 238
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (138ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344019256

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者が私と同じような身長体重なので、親近感をもって読みました。
    私もがんばろうっと☆

  • 細川さん同じく私も20代の頃はガリガリで、食べても太らないタイプなんだと思い込んでいました。それは過信だったと気付いた時には…。やっぱり地道にこつこつ頑張るしかないんだなぁ。

  • 1年後に刊行された「ちゃんとキレイにヤセたくて。」を読んで、遡ってこの本を読みました。
    だんだん太っているのに気付かないふりをしてきたという述懐にドキーン。
    太っていても魅力的な人がいるのに、太ったところで私は女を捨てていた?という件(くだり)にもズキーン。
    ダイエット本を読んでは、「そうか、こうすればやせるのか。いつかやろう」と思うことの繰り返しだったけど、この本を読んで、もうダイエット本巡りは終わりだと思いました。

  • タイトルに惹かれ読みました。
    開いてから閉じるまで「そうそう!そうなんだよ」と共感することばかり。
    野菜をたくさん、運動も大事、甘いものや脂質はとりすぎない…分かってはいるけど、時にはストレスにもなります。
    ダイエットに行き詰まってましたが、まだ頑張ろうと思えたし、挫けそうな時はまた読みたいです。

  • ダイエット方法は基本的なこと。それより、なんでそんなに自分嫌いなんだろう?と思った。

  • 図書館にて。
    リアルで切実。ちょっと怖かった。

  • ダイエット体験記。

  • カテゴリ「料理レシピ」ではないけれどココへ

    貂々さんのツレさんの言葉がいいな

  • うん、まあ普通ですねw でもコミックエッセイだから面白かったです。この続編から先に読んじゃって、だから筋トレ!とか思ったんですけど、体質改善は大事だな。。ダイエット日記の効果ってどんなもんなんでしょうか。と、思う。
    とりあえずこの間同期と話題になったので、食事管理アプリを落としてみましたよw とだんだん感想じゃなくなってきましたけどw

  • 方法をまねしてみようと思ったけど、自分には合わなさそうなので、読むだけにとどめた。でも読んだのと読まないのでは大違い。内容が心のどこかに残っていて、どこかで間食をひかえめにすることや、できるだけ運動をすることを意識するようになった。

全45件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

細川貂々(ほそかわ・てんてん)
1969年生まれ。セツ・モードセミナー出身。漫画家・イラストレーター。1996年、集英社『ぶ?けDX』にてデビュー。パートナーの闘病を描いたコミックエッセイ『ツレがうつになりまして。』『イグアナの嫁』シリーズ(幻冬舎)は映画化、ドラマ化もされた著作。男親中心の育児を描いた『ツレパパ』シリーズ(朝日新聞出版)、自身の職業遍歴を描いた『どーすんの私』シリーズ(小学館)なども出版。また、母娘問題に切り込んだ『それでも母が大好きです』(朝日新聞出版)や、人生観の宝庫である落語を掘り下げた『お多福来い来い』(小学館)を上梓している。

「2018年 『やっぱり、それでいい。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

細川貂々の作品

ツイートする