本当はずっとヤセたくて。―自分のために、できること

著者 :
  • 幻冬舎
3.44
  • (15)
  • (34)
  • (39)
  • (11)
  • (4)
本棚登録 : 238
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (138ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344019256

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ツレウツの流れで読んだのだが、全く面白くない。

  •  二度と読みたくない。そう思ったのは久しぶりでした。
     『ツレがウツになりまして』という漫画で、このひとの名前を知っていました。映画化もされ、鬱に関しての読みやすい書籍ということで一躍有名になったものと覚えています。
     自分を知ることが大事だから日記を書く。食べたもの、そのときの気持ちなど。
     そうすると、イライラしているときに食べてしまっているなあとかいろいろ分かるので、見直しができる。
     そこまではよい、
    「自分が好きではない」
    「誰かをねたむ」
     それは生きていくうえで切り離せないもので、その気持ちを持つことは分かります。が。
     あんまりにも旦那の言い分がとげとげしく腹立たしい。話していることは事実だろうし、間違っていないのだろう、
     なのに、漫画といえどもイライラが募って仕方がなかった、キャラ付けのせいなのか?
     とにかくもう読みたくない。読めば読むほど心がすさんでいやな気持になってしまう。

  • ××ダイエットでヤセたとかではなく意識改善そして筋トレ頑張ってヤセられています。
    ダイエットに成功されていますが意識改善を啓蒙するというほどでもないしマネしたいとも感じられなかった。

    嫌いじゃないんですがどうもこの方のコミックエッセイはネガティブ感が滲み出ていて苦手です。

  • アラフォー作者の-12kgダイエット本。食生活を記録してそこそこ健康的な食事をしてストレスに気を付けて歩いてたらいつの間にか一年で8kg痩せてたというスポ根要素ゼロ、過程の描写もなし、巷のダイエッターにとっては非常に淡白で面白味のない内容。
    あと40にもなって「太ってても自分を可愛く見せる方法はある」「太ってる痩せてるじゃなく自分をどう見せるかが分かってればカッコヨクいられる」とか「はあ?ハタチの大学生かよ」レベルのすばらしく今更なことを言っていて、びっくりした。バブル世代の頭ってみんなこうなん?さすが25から専業主婦やってただけある。
    この人のシリーズはツレの上から目線なアスペぶりが生理的に無理なのであまり好きではない。

著者プロフィール

細川貂々(ほそかわ・てんてん)
1969年生まれ。セツ・モードセミナー出身。漫画家・イラストレーター。1996年、集英社『ぶ?けDX』にてデビュー。パートナーの闘病を描いたコミックエッセイ『ツレがうつになりまして。』『イグアナの嫁』シリーズ(幻冬舎)は映画化、ドラマ化もされた著作。男親中心の育児を描いた『ツレパパ』シリーズ(朝日新聞出版)、自身の職業遍歴を描いた『どーすんの私』シリーズ(小学館)なども出版。また、母娘問題に切り込んだ『それでも母が大好きです』(朝日新聞出版)や、人生観の宝庫である落語を掘り下げた『お多福来い来い』(小学館)を上梓している。

「2018年 『やっぱり、それでいい。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

細川貂々の作品

ツイートする