本当はずっとヤセたくて。―自分のために、できること

著者 :
  • 幻冬舎
3.44
  • (15)
  • (34)
  • (39)
  • (11)
  • (4)
本棚登録 : 238
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (138ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344019256

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【図書館】これは漫画だよね(笑)やっと2月1冊目読了。思い当たることがいっぱいでした( ̄O ̄;)ダイエットというより体質改善ですね。ツレさんが色々アドバイスしてくれてるから、とても羨ましい。1人でやるためには、少しずつ自分と向き合ってそして自分を大切にケアをすることが大事と思いました。あと記録、日記書くのもやっぱりいいんだなと思いました。

  • 自分を知ること…
    恐ろしくて見たくない現実だけど、自分を受け入れることから始めないと…なんだろうな。
    短期間で結果を求めず、長い目で。
    私も今から歩いてこよう!

  • レコーディングダイエットで痩せた成功談。
    やっぱりツレって、ちょっと変わってる、けど素敵な旦那様だわ

  • 再度痩せようとがんばろうと思い再読。
    食べ物のメニューや、モチベーションの作り方など、本音トークが参考になりましたー。

  • 貂々さんはそうとうルーズな人みたいですが、それでもダイエットに成功した、というのが大きいです。やっているのはレコーディングダイエット。ちょっと前に読んだ「いつまでもデブと思うなよ」の方法で、本当に役にたつんだなと感慨ひとしお。そういえば10kg減量した私のダイエット法もレコーディングダイエットに後から考えると似てました。

  • やっぱりコツコツやるしかないか。

  • 面白く読んだ。ちょっと ダイエットしてみようかなと思った。

  • 太るのは早いのだから、やせるのも早く! とは
    誰しも思う事…。

    体育館座りができないとは、どんな状態でしょうか?
    確かにそうなってくると、やせる決意を持つべきです。
    これを放置していくと、靴下が履けない現実が…。

    しかし作者の勘違いが面白いです。
    自分はやせやすい体質…。
    それはものすごく運動をしている人か
    過去にしまくっている人でないと。
    筋肉、という遺産は存在しないのですから。

    結局ダイエットに必要なのは、気力と根性と
    ストレスをためない自分、かと。

  • 古本で購入。
    この本は前に立ち読みして、そのあとに出た「ちゃんとキレイにヤセたくて」を先に買っていました。
    この本で1年半かけて8キロ痩せたけど、タルタルな体になってしまったてんてんさんが、続刊で筋トレと食生活を見直して引き締まった体に生まれ変わり。
    私のダイエットは筋トレもしてるので、タルタルにはなってないと思うけど、初心に帰ろうと思ってこっちも買いました。

  • 著者が私と同じような身長体重なので、親近感をもって読みました。
    私もがんばろうっと☆

著者プロフィール

細川貂々(ほそかわ・てんてん)
1969年生まれ。セツ・モードセミナー出身。漫画家・イラストレーター。1996年、集英社『ぶ?けDX』にてデビュー。パートナーの闘病を描いたコミックエッセイ『ツレがうつになりまして。』『イグアナの嫁』シリーズ(幻冬舎)は映画化、ドラマ化もされた著作。男親中心の育児を描いた『ツレパパ』シリーズ(朝日新聞出版)、自身の職業遍歴を描いた『どーすんの私』シリーズ(小学館)なども出版。また、母娘問題に切り込んだ『それでも母が大好きです』(朝日新聞出版)や、人生観の宝庫である落語を掘り下げた『お多福来い来い』(小学館)を上梓している。

「2018年 『やっぱり、それでいい。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

細川貂々の作品

ツイートする