心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

著者 :
  • 幻冬舎
3.97
  • (1082)
  • (1462)
  • (811)
  • (146)
  • (31)
本棚登録 : 8338
レビュー : 1470
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344019621

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブラジルワールドカップの日本戦を観ているとき、実況の方が長谷部のプレイについて「心を整えるー!」と叫んでいたのを聞いて、本書のことを思い出し、積ん読の中からいそいそと引っ張り出してきました。

    長谷部選手が日々心がけている56個の習慣を紹介してくれます。
    一番はっとさせられたのは、「自分が楽な方に流されると、誰かが傷つく」ということ。
    ついつい甘えが出そうになるとき、自分に言い聞かせたい言葉です。

    また、印象的だったのは、長谷部選手が身になる読書をされていることです。
    本の中身を自分に還元していることが、随所から伝わってきました。
    ただただ乱読ばかりの自分を省みて、反省。。。

    真面目で、謙虚で、ぶれない芯を持っている人。
    「至誠一貫」という言葉が似合う人。
    そんな印象がますます強くなり、長谷部選手の高感度がますます上がったのでした。
    アスリートとしてだけでなく、長谷部誠という1人の人間の強さをひしひしと感じる1冊です。

  • 56の項目がずらっと並んでいますが、具体的な体験が書かれているので、全体としてはサッカー体験談としても読めます。

    いかにも真面目で誠実そうな彼。
    若輩者が本を出すためらいも書かれています。
    中学高校の頃は各年代の日本代表に選ばれることがなかったというのは意外。
    そういう人間でも成功出来たという事を伝えたいという趣旨。

    意識して、心を鎮める時間を作る。
    心をメンテナンスして、良い仕事が出来るように調整しておく、といった感じだそうです。

    「心を整える」過度な自意識は必要ない、マイナス発言は自分を後退させる、など。
    「吸収する」真のプロフェッショナルに触れる、など。
    「絆を深める」仲間の価値観に飛び込んでみる、など。
    「信頼を得る」組織の穴を埋める、など。
    「脳に刻む」読書は自分を進化させてくれる、など。
    「時間を支配する」夜の時間をマネージメントする、など。
    「想像する」指揮官の立場を想像する、楽な方に流されると誰かが傷つく、なと。
    「脱皮する」迷ったときこそ難しい道を選ぶ、など。
    「誠を意識する」目には見えない土台が肝心、など。
    最終章は、激闘のアジアカップで学んだこと、という章立て。

    中学高校ではあまりぱっとしない成績で、プロになることなど考えてもいなかったのに、浦和レッズからスカウトが来た。
    両親は大学進学を勧めたが、祖父が、一度しかない人生だと、後押ししてくれたという。

    若い頃には、若い選手はそういうものかと軽いのりでロンゲで茶髪にしたが、藤枝東高校時代の監督に嫌な顔をされて、きっぱり変えた。
    もともと和顔で短い黒髪の方が似合うということもあると。

    試合に向けてだんだん緊張を高めるタイプと、直前に切り替えるタイプがある。
    自分は前者だと思っていたが、緊張しすぎて前夜眠れずに試合がさんざんだった経験の後は、当日に試合モードに入ることにしたと。

    Jリーグの選手には、日本サッカーを強くしたいという熱い思いがあって、欧州でも、集まって食事をしたりするそうですよ。
    今は苦労しているみたいだけどねえ…?

    女性と話すのは得意でなくて、高校の頃に2度付き合ったが、どうしていいかわからず、一ヶ月ほどで自分から断ってしまった。
    今でも謝るのが難しいなんてことがふと出てきたりして。
    2011年3月発行。

  • チームメイトが真面目な事を
    「長谷部かっ!」
    ってツッコむっていう意味が良くわかった。

    誠実で、上司だったら素敵だなぁと思います。
    何事もしっかり向き合って自分も他人も受け入れる器の大きさ。
    これからまたサッカーを見る目線が変わって
    より楽しめそうです!

  • あっさり読了。
    何か特殊なエピソードなどが書かれているという感じではないが、彼がどうして厳しいプロのサッカー界で成功できるのかがよくわかる一冊。

    例えば徹底した自己管理。一日30分、「心を鎮める時間」を作る。多忙な日々の中でも自分を失わないための習慣によって、人としてのブレない姿勢を保てる。

    突出した個人技やスピードなどの明らかな「武器」を持っていない彼の長所は、「チームに足りないものを補うこと」と本の中に書いてある。監督が何を求めているのか、自分になにが必要なのかを察知して環境に適応することができる、そういったプロフェッショナルな意識が、彼が日本代表やドイツで活躍できる裏付けだろう。

    そして彼も自分たちと同じ、一人の青年だと言うことにも気づいた。プレッシャーや焦りと共に試行錯誤しながら毎日を過ごしている。そんな親近感も覚えるような内容だった。

    心は鍛えるものではなく整えるもの。ピアノを調律するように、テニスラケットのガットを調整するように。日頃から自分のベストな状態を保つことに、成功の秘訣がある。

    小難しい内容でもなく、読みやすい本です。

  • サッカーの事は分からないが、書いてある事に共感を覚えた。ビジネスにも通じるマネジメント論。弱冠27歳で流石だなと感じた。
    感謝の気持ちを表現することに対しても、少しでも面倒だと思うなら心から感謝していない証拠かもしれない、感謝の気持ちを忘れなければ周りも自分にポジティブなエネルギーをくれるはずと考えているところにも、彼の思慮深さを感じた。
    『超訳 ニーチェの言葉』からの引用が何度もあったので読んでみたいと思った。

  • 各章で短いストーリーが書かれている構成の為、大変読みやすかったです。 特に海外での私生活の在り方等はとても参考になりました。 参考にさせて頂きます。

  • 真面目でストイック。人に対しても物事に対しても誠実に真摯に向き合っている姿勢は、同世代として素直に尊敬する。スポーツチームのキャプテンをしていた時に出会いたかった本だが、普段の生活でも心がけられることが随所に書かれていて、モチベーションを上げてくれる本だと思う。

  • ワールドカップ前のあるテレビのインタビューをきっかけに長谷部誠という人物を知った。すごく真面目な人だという第一印象を持った。えらく年取った人がワールドカップに出ているんだなと思っていたが、自分より年下であるということを知り、仰天した。今まである程度の修羅場を潜って大人になったつもりだったが、それが勘違いだったという事を思い知らされた。
    本を書いていると知り、すぐに本屋に駆け込んでこの本を購入した。
    この本を書いた時の長谷部氏の年齢は27歳。この年齢ですでに日本を背負って世界で活躍しているためか、彼の言葉はとても重い。27歳の頃の自分を重ね合わせてみると恥ずかしくなる。
    彼の経験に基づいたメンタルケアの方法が具体的に書かれているが、他の職種の人についても当てはまる部分が多く、読んでいてうなずかされる箇所が多々あった。
    彼の立場は選抜メンバーのキャプテンであるが、上司である監督を信じ、後輩に道を示すという意味で理想的な中間管理職だと思う。
    この本を読んで印象に残ったのは、サッカー選手のサッカーに対する真面目さである。私は恥ずかしながらサッカー選手は”ちゃらい”と思い込んでいた。しかしながら彼らは自主的にミーティングを開催したり、どうやったらもっと自分を高められるかを真剣に悩んだりしているのである。自分の所属している組織では、こういった事はなく、上から命じられるままというのが多い。こういった雰囲気を作っているのはやはり長谷部氏の誠実さに起因しているのだと思う。中間管理職のチームマネジメントという点からも参考になる本である。

  • これほどまっすぐ誠実に成長する人はなかなかいないのではないでしょうか。
    正義感が強くて、不正を許さず、例えば不良グループにも、言いたいことはきっちり言う。そんな学生時代を想像してしまいます。
    社会に揉まれても、苦しんでも、曲がることなく、前向きに進んでいる。
    そんな人が書いた本、良書だと思います。

  • サッカー日本代表キャプテン長谷部誠選手の書いた、自己啓発本のようなエッセイのような本。
    彼の人柄(真面目・几帳面・謙虚・成長志向・読書家・孤独を好む・こだわりが強い)が強く伝わってきて好感が持てると共に、僕に似ているところも少しあって親近感を感じた。
    ただ、書かれている習慣は、ストイックすぎるものが多く、我々凡人にはなかなか真似できないけど。

    ・1日の終わりに30分間心を鎮める時間をとる
    ・人生の岐路で、進む道に迷った時こそ難しい道を選ぶ
    ・行動の判断に迷ったら人として正しい方を選ぶ
    ・常に最悪を想定する
    ・競争を楽しむ
    ・夜遊びしない
    ・ゲーム・ネットは時間の無駄
    ・独りで泊まりで温泉に行く、、、

    マイルールが多すぎて、いいかげんな人は付いて行けないことでしょう。

    あと、Mr.Childrenの歌(特に歌詞)が好きというところも、僕と一緒で嬉しかった。
    たしかに、NHK「ミュージックポートレート」(好きな歌を紹介する番組)でも、半分くらいMr.Childrenの歌を選んでいて、一緒に出演していた川島選手・内田選手からも「そればっかり」とからかわれていた。
    でも、長谷部選手の気持ちすごく分かる。
    僕にとっても、「終わりなき旅」の「高ければ高い壁の方が登ったとき気持ちいいもんな。まだ限界だなんて認めちゃいないぜ」という歌詞は、生涯の応援歌だ。

    また、この本の中の今の日本代表メンバーとのエピソードを読んで、彼らの信頼関係とか、ふざけ合ったりする仲の良さが垣間見れて楽しめた。
    個性豊かな日本代表を率いるキャプテンとして、ブラジルワールドカップでも活躍してほしい。

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣のその他の作品

長谷部誠の作品

ツイートする