少女は、闇を抜けて―女子少年院・榛名女子学園

著者 :
  • 幻冬舎
3.69
  • (2)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (390ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344019683

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 327.8

  • そういう世界もある
    子供って守られてる

  • 人間、スタートラインが平等ではない。しかし、それをどう乗り越えるか、乗り越えるためにこういうところにお世話になることもあるんだなぁと。

  • 『人は「わかる」と「かわる」のだ』という言葉を耳にしたことがあるが、この本の中の少女と家族は、「わかる」⇨「かわる」の様々な過程にあり、そこでは、いかに真剣に自分と向き合えるかに変わり様がかかっていると感じた。

  • 親との関係が子どもに及ぼす影響は多大だ。
    少年院を出た彼女たちが、出院したあと、きちんと更生できるのか?彼女たちのその後が気になります。

  • 女子少年院の丁寧な取材に支えられて、7人の少女の更生が、生い立ちから原因となった事件までを追っている。
    どの少女も愛に飢えている。それが哀しい。

全8件中 1 - 8件を表示

家田荘子の作品

ツイートする