美人になる食べ方

著者 : 山本未奈子
  • 幻冬舎 (2011年4月21日発売)
3.21
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :44
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (118ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344019782

美人になる食べ方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 食べ方の本はそれぞれの流派のようなものがあるので、混乱しちゃうこともありますが、こちらの本でも参考になることはたくさんありました。
    例えば…コラーゲン鍋を食べたから、お肌ぷるぷる!というのは美肌に直接的な効果なし!とか。
    他にもいろいろありますが、CMのキャッチコピーを信じすぎず、自分が正しい知識を持っていることも大切ですね。

  • 学んだこと
    ・食べないダイエットはいらない
    ・サプリメントは物を選べば効果があり、また栄養を補うのに最適なものである
    ・食品のパッケージの、ビタミン○mg配合などは当てにならない
    ・濃縮還元は水

  • 日本の厚生労働省の定める1日に必要な栄養素が少なすぎるという事。サプリを使えと。
    レシピ等はなし。

  • 著者はアメリカの美容学校に通っていたとのこと。

    アメリカはサプリメント先進国であるので、それなりにページが割かれています。


    日本で売られているサプリメントは、99%が添加物で、成分含有量が1%にも満たないものがあるそうで、ショック!


    さらに、野菜ジュース(濃縮還元)に効果がないことも教えてくれます。


    そして、「栄養素はチームで働く」ことも主張します。

    何か一つに絞ってそればかり食べてはダメ、ということですね。


    その栄養素を融解したり、循環させたり、その他の栄養素と化学反応させないと効果がないということでしょうか。


    いろんなものを食べましょう、と昔から言われてることは、科学的にも正しかったということね。


    来年アメリカに行くので、サプリメント買ってみよー。

  • ただのNY帰りの人がNYの最新美容を書いてる本かと思ったら・・・
    これは日本人は読んでおくべきだと思う。
    いかに米国に後れをとっているか。
    サプリメント学、栄養素の正しい摂り方、食品表示の読み方など学校で習わないことを教えてくれている。
    読んだ後は、スーパーや薬局で表示確認してしまいます。


    ・日本の厚生労働省が定めた「食事摂取基準」は病気を防ぐギリギリのラインで諸外国に比べたら低すぎる。
    ・野菜の栄養素は手を加えると大幅に減少してしまう
    ・野菜一日350gは病気予防の最低限ラインで美肌としては満たしてない
    ・コラーゲンを食べたり飲んだりしてもダイレクトには効かない
    ・多くの野菜ジュースは、ジュースになるまでの過程で栄養素がどんどん壊れているので、表示されているほど栄養成分は入ってない。栄養素がほとんど死んで、香料と糖分が多い。
    ・濃縮還元ジュースは果汁パウダーを水で溶いたジュース。輸送コストを減らすため(体積、重量が減る)果汁を乾かして持ってくる。(もちろん、ビタミンは壊れている)
    ・NYやカリフォルニアでは既にトランス脂肪酸はレストランでの使用が禁止となっている。スタバも全米で禁止している。
    ・マーガリン、ショートニング、植物性油脂はトランス脂肪酸のためNG
    ・美肌のためのビタミンCは500mg以上を。日本の100mgは少なすぎる。市販のビタミン剤は成分が少なすぎて無駄遣いになる。
    ・米国人は保険医療費が高いので、未然に防ぐためにビタミン剤を飲む
    ・加糖ぶどう糖液糖はでんぷんから精製された砂糖より安い甘味料。砂糖と同じ甘さにするために、沢山入れられている。
    ・サプリメントを買う場合は発売から1年たった市場に出回って時間がたったものを買う。トラブルを未然に防ぐため。
    ・米国、欧州ものに限るが、GMPのマークがあるか確かめる
    ・ヨウ素は摂りすぎると甲状腺に異常をもたらす
    ・保湿、ターンオーバーには野菜中心の食生活を
    ・抗酸化にはビタミンC,E、ベータカロチン、ポリフェノール
    ・栄養素はチームで働くので、バランスのいい食事を心がける
    ・皮膚炎、アトピーにビオチン(レバー、くるみ、大豆)
    ・ビタミンCはブロッコリー、カリフラワー、10%アセロラ果汁、ピーマン(赤>黄>緑)
    ・ビタミンEには天然のもの(d-a-トコフェロール)と人工のものがある。
    ・ベータカロチンは油と一緒に摂ること。焼き海苔、しそ、にんじん、モロヘイヤ
    ・鉄には、ヘム鉄(レバー、牛肉、卵黄などの動物性)と非ヘム鉄(プルーン、ほうれん草などの植物性)があるが、吸収力は動物性の方がよい。サプリメントを選ぶときは、純粋なヘム鉄入りを。非ヘム鉄を混ぜているとクセン酸鉄、ピロリン酸鉄などという表示があり。

  • ビタミンミネラルが足りていないらしい。

  • 添加物が気になり出す。けど結局どうにもならずに忘れていく。。そういえば前にもあったな。

  • 美肌への一番の近道は食生活
    食べ方を見直そうと思いました。

  • 齋藤薫さん大絶賛!『間違いだらけの食美容を正す深い知識と勇気に感服。
    もやもやしていたインナーケアのホントが、こんなに小気味よく語られた本はなかった!!』
    知るだけで食生活が劇的に変化する美肌と美体の新常識!!

    海外で美容の最先端を学んできて思ったこと、それは、日本女性のキレイへの想いは、おそらく世界一だということです。年齢に関係なく、多くの女性が毎日きちんと髪をセットし、ネイルケアを心がけ、華やかな服装で街を歩く。海外では、珍しいことです。それほど美容感度が高い日本なのに、なぜか唯一遅れているものがあります。それは、健康と美容に深く関わりのある「栄養素」の正しい知識。日本の食文化は、世界に誇れるレベルですが、だからこそ、企業のキャッチコピーや流行に惑わされず、健康と美容に深く関わりのある「栄養素」の正しい知識と、その栄養素を正しく体に取り込む方法を学んで、より健康的で美しい身体へと自己プロデュースしてほしいのです。シミ、くすみ、たるみ、生活習慣病、シワ、便秘、貧血、毛穴……悩み別に、美肌栄養素と食材、その効率的な食べ方を紹介。カリスマビューティセラピストの知識と技を一挙公開!

  • レバーだ!レバーを食べよう!!

全10件中 1 - 10件を表示

山本未奈子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
伊賀 泰代
ロンダ・バーン
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

美人になる食べ方はこんな本です

ツイートする