日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典

著者 :
  • 幻冬舎
3.79
  • (159)
  • (286)
  • (225)
  • (34)
  • (6)
本棚登録 : 1920
レビュー : 342
  • Amazon.co.jp ・本 (118ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344020375

作品紹介・あらすじ

紫式部、藤原道長、菅原孝標女、鴨長明…古典の有名人9人のおもしろエピソードが楽しめる教養コミック。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コミック寄りと思いますが一応(?)ジャンルは文学。
    キャラの会話や行動や残した文章・歌などが現代風に超意訳されています。そういう意味では親しみやすいのでは。
    そしてそのキャラに著者がところどころ突っ込んでいるところも面白い。
    きちんと取り上げるキャラの周辺人間関係図が掲載されているところがいいですね。
    気軽に読める文学コミックです。

    • nejidonさん
      はじめまして。
      フォローと花マル、ありがとうございます。
      この本は私も持っています。面白いですよね。
      中学生たちに読み聞かせする時の参...
      はじめまして。
      フォローと花マル、ありがとうございます。
      この本は私も持っています。面白いですよね。
      中学生たちに読み聞かせする時の参考本にしています、こっそり(笑)
      鴨長明が特に面白かったような記憶があります。
      また楽しい本に出会ったら教えてくださいね。
      よろしくお願いします。
      2016/07/30
  • 『日本人の知らない日本語』でスマッシュヒットを飛ばした蛇蔵&海野凪子のコンビの新シリーズ。

    『日本人の知らない日本語』は日本語教室を舞台に、外国人の面白エピソードと日本語の蘊蓄が学べる、一粒で二度美味しい作品だった。また、時流にもマッチしていて、当時は「海外の反応」系のブログが流行していたのも、ヒットの要因になったと思う。日本人が「外人からこう観られている」話が好きというのも一因だろうけれど。


    このコンビはとにかくエピソードの語り方が上手くて、漫画の画も洗練されている。ただ、さすがに『日本人の知らない日本語』は海野さんの日本語教師エピソードが底をついた感があって、これからどうするのだろうと思っていたのだけれど、まさか日本文学をフューチャーする方向に行くとは思わなかった。


    そして、この方向転換は、新しい金鉱になるのでは? と期待を持たせるものだと思う。日本文学という1000年以上もの歴史を持つジャンルの、面白いエピソードをいろいろと紹介できるのだから、ネタ的には無尽蔵と言ってもいい。それに、二人の語り口は普段馴染みのないものを紹介する、という部分で才能が十二分に発揮できると思うからだ。


    今回は、1巻目なので、源氏物語や枕草子など、有名どころをとりあえず紹介という感じか。徒然草を四コマ漫画にしたのは上手いし、歴史上の人物の血が通っている感も心地よい。1巻目の手応えとしては最高じゃないかと。これから、もっとマニアックでもっと面白い日本文学の世界を紹介してほしいと思った。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「もっとマニアックでもっと面白い日本文学の世界を」
      それは面白そうですね!、、、しかし続編出るのかなぁ~(本業?の「問題集」は年末に出ました...
      「もっとマニアックでもっと面白い日本文学の世界を」
      それは面白そうですね!、、、しかし続編出るのかなぁ~(本業?の「問題集」は年末に出ましたけど)
      2013/02/27
  • 清少納言や紫式部、徒然草の兼好さんや、ヤマトタケルも。現代風なテンションとかわいい絵で紹介されていて、とっつきやすい。特に気に入っちゃったのは兼好さん。徒然草ちゃんと読んでみたくなっちゃう。現代語訳で…

  • この本なら古典のスタートとしてすごくいいかも。紫式部も清少納言も、安倍晴明もいまどきっぽくなってて親近感がわく。

  • 古典の授業から謎の親近感を持っていた
    更級日記の菅原孝標女。
    彼女がもっと好きになりました!

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「謎の親近感を持っていた」
      どうして?
      私は菅原一族ファン(学問の神様道真が好き)
      「謎の親近感を持っていた」
      どうして?
      私は菅原一族ファン(学問の神様道真が好き)
      2012/06/05
    • たまさん
      私も読みたかった本が手に入ると、ついつい宿題や睡眠をないがしろにしてまで読み耽ってしまうので…。
      彼女が現代に存在したら気が合うかもしれない...
      私も読みたかった本が手に入ると、ついつい宿題や睡眠をないがしろにしてまで読み耽ってしまうので…。
      彼女が現代に存在したら気が合うかもしれない、と思っていたのです。
      2012/06/05
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「気が合うかもしれない」
      そうなんだ~
      考えたら私も同じだし、此のサイトに居る人は似たり寄ったりなのかも・・・
      「気が合うかもしれない」
      そうなんだ~
      考えたら私も同じだし、此のサイトに居る人は似たり寄ったりなのかも・・・
      2012/06/08
  • うん、いい!!
    クスクス笑えるのに、難しい古典がすんなり頭に入ってくる。
    古典が身近に感じる。
    ぜひ古典の授業で薦めてほしい。
    というか、活用すべきだと思う。
    私のように古典が苦手な人や抵抗にある人も無理なく読める。
    ちょっと古典、頑張ってみようかな、という気になれる。
    古典が苦手な人にオススメ。

  • 学生時代に暗記したものの完全に記憶の彼方だった古典について、わかりやすく親しみやすく書かれている漫画。作者の人となりがわかるとより興味がわく。更級日記と徒然草は是非読んでみたくなった。

  • 気になってたやつです!古本屋で見つけたから買ってみた!
    自分は古典ゼミだったのでどれもこれも面白く読めましたが、一切興味がなくて…という人にはどうだろう?ただ、とってもわかりやすいです。浅すぎず深すぎずといった感じ。

    メインでとりあげられているのは、
    清少納言『枕草子』より
    紫式部『紫式部日記』より
    藤原道長『御堂関白記』より
    安倍晴明『大鏡』より
    源頼光『今昔物語集』より
    菅原孝標女『更級日記』より
    鴨長明『方丈記』より
    兼好『徒然草』より
    ヤマトタケル『古事記』より

    やっぱり古典て面白いよなぁと思いつつ。
    これを読んでも清少納言がやはり魅力的すぎて『枕草子』読みたいなと思うんだけど、いざ読んでみるとやっぱり長くって結構ダルかったりするんだよね(笑)

  • 清少納言や紫式部から風の谷のナウシカのモデルになった堤中納言物語まで、魅力あふれる古典文学をおもしろく漫画にしています。

    しかも作品や作者の本質をついた上で可愛い漫画にしているところに唸らされます。

    平安時代も平成も人間の感情の機微は意外に同じでした。(紫式部が宮中で女同士のいじめに合わないように天然ボケのふりをしてかわしたとか。)

    古典文学に出てくる人の人間臭さがとても良かったです。

  • 古典にはなかなか興味をもてませんでしたが。この本で作者のことが知れ、作品も読んでみたいと思いようになりました。

全342件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ゲーム会社にてコピーライター兼デザイナーとして勤務後、独立。フリーライター兼イラストレーターの時代を経て、絵と文を同時に書けばいいのではと遅まきながら気付き、漫画家の道へ。著作に『日本人の知らない日本語』、『日本人なら知っておきたい日本文学』(共に海野凪子と共著)など。

「2016年 『決してマネしないでください。(3)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典のその他の作品

蛇蔵の作品

日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典に関連する談話室の質問

日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典を本棚に登録しているひと

ツイートする