TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール

著者 : 小熊弥生
  • 幻冬舎 (2011年10月26日発売)
3.31
  • (22)
  • (53)
  • (92)
  • (25)
  • (5)
  • 647人登録
  • 103レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344020849

作品紹介

3つのバイトを掛け持ちしながら英語を習得。売れっ子同時通訳者が伝授する、超スピード学習法。-「カネなし」「時間なし」「留学経験なし」のほうが英語はモノになる。

TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルールの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • TOEIC 280点が半年で800点 どうやったらそんな事ができるのか?その秘密が知りたくて買ってみた。

    同時通訳者になった彼女の学習法はとてもユニークだ。

    特に面白かったのは、難しい文法用語は忘れてパターンで覚えるというもの。
    もう一つはサイト・トランスレーション。意味のかたまりごとに/を入れかたまり単位で意味を考えていくという方法。

    その他様々なテクニックや方法が述べられているが、興味深かったのは彼女が通訳者になるまでの体験談だ。チャンスと見れば電車の中でも外国人に話しかける。
    ちょっとした隙間時間も無駄にせず徹底的に活用する。投資で失敗し700万の借金を背負うもそれが通訳者としての道を開くきっかけになるなど、なかなかドラマチックで面白い。

    本書は英語の学習方法ではあるが、目標を見定めて得意不得意をあきらかにしつつ、具体的に成りたい将来を想像しながらそれに近づいていくやり方は、英語の習得以外にも応用できる。

    何事を成すにも本質は同じということなのだろう。自分は日常的に英語を必要としないが色々と参考になった。

  • ISBN-13: 978-4344020849

  • 【新刊】TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール 小熊 弥生
    http://yamatoiebakawa.blogspot.com/2011/10/23.html

    お手軽勉強法ではなく、間違った努力をしないための英語学習のルールについて解説されています。書かれている内容は読者ひとり一人が実践できるようになっていますので、英語の勉強に苦労されている方には非常に参考になる1冊になるのではないでしょうか。

    「第4章 TOEICで手っ取り早く高得点を取る手法はこれだ!」
    受験前に必読。

    「第5章 オリジナル英語学習法プログラムで人生10倍楽しむ」
    どの程度まで英語を習得するかは人それぞれ、だから、目標に沿った学習生活をおくるとよい。モデルとなる生活パターンが具体的に紹介されている。

  • この著者の勉強法はあまり真似できる内容ではないけど猪突猛進型の努力の仕方はすごいですね。

    勉強はどんな方法をとるにしても地道な努力が必要なんでしょうね。

  •  英語学習への心構え半分、テクニック半分といった感じの内容。
     色々なテクニックが紹介されているが、その中でも、基本動詞(do,make,have,get,go)をしっかり使いこなすという点は非常に興味深かった。
     あとは、自分が英語学習をする目的をはっきりさせて、その目的に向かって勉強していくことがとても大切だということを認識した。自分の場合は、旅行先で簡単な英会話ができるようにしたいというのが目的なので、会話相手の英語を聞き取る力と、話したいことが英語でパッと口に出す力を身につけることを優先していくべきなのかなと思った。
     

  • よくある英語学習本。
    新しいことは何もない、その他の書籍と一緒。

    ただ間違ったことは書いていない。
    類似本を読んだことがない人は読んでもいいと思う。

  • TOEFL TEST 対策完全英文法 ~テイエス企画
    絵でわかる前置詞の使い方 ~明日香出版社
    Pronunciation Pairs Student's Book with Audio CD
    決定版 英語エッセイ・ライティング ~コスモピア

    文法
    新TOEICテストBEYOND990超上級問題+プロの極意 ~アルク

  • 著者の努力とモチベーションがズゴい。逆にここまでやらないと身につかないのかと思うと、ちょっと引く部分もあった。自分にはここまでして身につけたいというモチベーションが保てそうにないなぁと言う感じになってしまう。ただし、英語学習の方法論としては王道とも思えた。普通の会社員が短期間で身につけるのは難しいと思うが、長期的視点であればできるかもと言う気になった。

  • もともと英語が苦手だった著者が書いているので、やる気はあるが勉強方法がわからない、という人が読むべき本。TOEIC対策というよりも、英語そのものの学習法のアドバイスと思って読むと参考になるだろう。
    映画を見たり、「聞き流し」勉強法でナチュラルスピードの英文に慣れていったり。忙しくても時間を有効活用すれば勉強できる、と筆者は言っている。

  • 基本動詞をマスターするには
    「中学レベルの英単語でネイティヴとペラペラ話せる本」

全103件中 1 - 10件を表示

TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルールのその他の作品

小熊弥生の作品

TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルールはこんな本です

TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルールを本棚に登録しているひと

ツイートする