スウィート・ヒアアフター

  • 幻冬舎 (2011年11月23日発売)
3.73
  • (97)
  • (161)
  • (154)
  • (24)
  • (5)
  • 1163人登録
  • 228レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344020931

作品紹介

お腹に棒がささった状態から生還した小夜子は、幽霊が見えるようになってしまった。バーに行ったら、カウンターの端に髪の長い女の人がいる。取り壊し寸前のアパートの前を通ると、二階の角部屋でにこにこしている細く小さい女の子がいる。喪った恋人。元通りにならない頭と体。戻ってこない自分の魂。それでも、小夜子は生き続ける。

スウィート・ヒアアフターの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 背負ったことのある人だけ色がついていて細かく美しく動く。
    私には色がついているのだろうか。
    細かく美しく動いているのだろうか。

  • 懐かしい。初期の頃のばななさんの匂いがする。キッチン、哀しい予感、アムリタ…。あの頃の雰囲気があって、でも以前よりテーマになっている、死を通じての生への向き合い方が、よりニュートラルで、強いものになっている。昔からのばななファンには特にオススメしたい。

  • 「みんな悲しいほどにいろんなことを背負って生きている。鈍くてあまり背負ってない人を見ると一目でわかる。彼らは不思議とロボットみたいに見える。背負ったことのある人だけ色がついていて細かく美しく動く。だから、背負ってしまってよかったな、そう思っていた。わたしは生きている限りは細かく美しく動きたい、そう思っていた。」2011年3月11日の震災後、ばなな氏が全てに向けて書いた作品。肉体的にも精神的にもありえない痛みを背負った主人公…と思っていたが、ありえないことなんて、あるのだろうか、と震災後、思う。そんな気持ちで読みました。

  • 交通事故で恋人を亡くし、自身も腹部と頭部に傷を負って生死の境をさ迷い、生還した女性が主人公。突然の事故などにより大切な存在を奪われ、見える世界が変わってしまった時、どのようにその状況を受け入れていけばいいのか、誰しもが戸惑い悩み身悶えすると思うけれど、彼女のように優しく時間が流れて行って、暖かい人に恵まれたなら、少しずつ立ち直れるのだろうと思う。誰しもに時間や人が優しいわけではないだろうけど、だからこそこの小説を読んでいる間はこの暖かい光とか空気に包まれて癒されて欲しいと思います。失ってからでは遅い掛け替えのない宝が日常の中に散りばめられているのかもしれない、ということも感じました。

  • よしもとばななという人は、「再生」を描くスペシャリストだ。
    私は大きなものを失なったことはない。
    でもよしもとさんの本をたくさん読んだことで疑似体験をした回数は半端ない。
    この作品は、東日本大震災でいろんなものを失われた方に向けて書かれた本とのこと。
    いつもより、特有のほのぼのグロテスク感(変な言葉ですが…)が少なく、とてもシンプルな小説という印象を受けました。
    大切なひとを事故で失なった。
    私自身も傷を負い苦しかった。
    いっぱいいっぱい泣いた。
    でも今、私はここにいる。
    牛乳をゴクッと飲んでおいしいと思える。
    すっかり変わってしまったけれど、以前の自分に戻りたいとは思わない。
    シンプルなメッセージにいつものようにぐっときました。
    泣かせようとしないから、泣いちゃうんです。

  • ばななさんの本、久しぶりに読んだ。この人の豊かな表現というか、言葉がとても好き。すごくあたたかくなったり、すごく切なくなったり。いっぱいの言葉、でも回りくどくはないんだよな。
    東日本大震災を経て書いた本とのこと。言われないとわからないけど、傷を追って立ち直っていく、確かにここにいる、と自身を認めていく主人公の女性が強く描かれていると感じた。

  • あの世は怖くない。
    あの世はあたたかい。
    あの世の人たちは実はすぐ近くで見守ってくれているのかも。

    あとがきで震災のことに触れられていた。
    この世の人もあの世の人も、きらきらと美しい世界を見てたし、見てるんだ、って、一生懸命小説で伝えようとしてる感じ。
    対向車の過失による交通事故も、突然の地震、津波も自分じゃ防ぎようのないものだから…。

    即死だった恋人と、死の世界から戻ってきた小夜子の、あの世を思ったりこの世を思ったりする物語。

  •  よしもとさんはなんてやさしい物語を書くんだろう。はらはらと涙が出た。

     主人公・小夜子は恋人・洋一と共に交通事故にあってしまう。車に積んでいた鉄の棒が運悪くおなかに刺さってしまい、生死をさまよう小夜子は不思議な体験をして、この世に戻ってくる。

     これは、東日本大震災を経験したあらゆる人に向けて、よしもとばななさんが書いた作品で、読んでいるときは生死にまつわる物語なのかと思っていたけど、言われてみればなるほど、遺された人・不安を抱える人・死んでしまった人の物語だった。

  • やはりばななさんを読むと和む。

    優しい時間達が描かれているからかな。

    あと、ばななさんの本では動物達が幸せそうなのがいいです。

    ほんわかした気持ちになりました。

  • キッチン、うたかた、哀しい予感、この三冊は、私の中で「三大ばなな」と呼んでいる小説で、中学一年生ごろ(だったと思う)に何度も何度も何度も読んだ。未熟で多感な時期だったからなのか、ばなな氏の描く死生観みたいなのがすうっと心に入って、不思議にその物語の持つ力に癒されたんだと思う。

    その後のばなな氏の作品の中で、三大ばななを超える物語には出会ってないのだけれど、このスウィート・ヒアアフターは、読んだあと、心にぽわーんとした心地よさが残って、それが、三大ばななを読みふけっていた時に感じたのと少し似ていた。
    私は、幸いにも臨死体験をするような病気にかかったことも事故に遭ったこともないし、
    本当に身近で大切でなくてはならない人を亡くしたこともない。
    だから、本当にそういう経験をした人の気持ちはわからないと思う。
    想像するだけで、それはとても悲しくて辛くてしんどいことなんだろうなあということしかわからない。

    たくさんの悲しい経験をした人が、それでも日々のささやかなひかりに癒されて生きていける力や
    生きているってそれだけで幸せなんだと感じられる気持ちが存在することを
    この本書は信じさせてくれる。読後のぽわーんとしたなんとも言えない幸福感をみんなが持ち続けていられたらいいのになぁと思ったのでした。

全228件中 1 - 10件を表示

よしもとばななの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

スウィート・ヒアアフターに関連する談話室の質問

スウィート・ヒアアフターを本棚に登録しているひと

ツイートする