もういちど生まれる

著者 :
  • 幻冬舎
3.62
  • (106)
  • (243)
  • (240)
  • (41)
  • (8)
本棚登録 : 1660
レビュー : 295
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344021051

作品紹介・あらすじ

彼氏がいるのに、親友に想いを寄せられている。汐梨、平凡な日常と、特徴のない自分に飽き飽きしている。翔多、絵を通して、壊れた家族に向き合おうとする美大生。新、美人で器用な双子の姉にコンプレックスを抱く浪人生。梢、才能の限界を感じつつも、バイトをしながらダンス専門学校に通う。遙。あせりと不安を力に変えた5人が踏み出す"最初の一歩"。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 苦手な仕事に疲れ切った帰り道、ふと見つけたケーキ屋さんのショーケースの中で
    煌めきながら、おいでおいで♪ と手招きしているケーキやタルトのように
    (ああ、ちっとも朝井さん風にならないのが悲しい、この表現。。。)
    やっぱり大好きです、朝井リョウさんの比喩。

    青臭い、少女趣味だ、との批判も多いようですが、だって本当に若いんだし♪
    健やかな細胞が分裂するたびに、ぷるんと湧き出るようなみずみずしい比喩を
    保湿化粧品が手放せない私みたいな読者のためにも、生み出し続けてほしいものです。

    大学生、予備校生、専門学校生と、20歳を迎える5人の男女が
    今いる場所に不安を抱え、ましてや予測もつかない未来には怯えすら抱きながら
    イマドキの若者らしいさりげなさを身に纏ってもがく、いとおしい日々。

    自己嫌悪の塊になっている自分を眩しく見つめてくれている人に気付かなかったり、
    天賦の才能で何でもスマートにこなす魔法使いのような先輩の
    今まで見えなかった、見ようとしなかった必死さに背中を押されたり。
    誰かの目からは頼りなさの極致に見えた人物が
    別の物語では、他の誰かの揺るぎない支えになっていたりと、
    矢印やハートマークを駆使して人物相関図を書きたくなってしまう
    複雑に絡み合った青春模様に、胸がしめつけられます。

    美大の独特の空気感の描写がすばらしく、
    まっすぐな瞳で主人公の抱える問題を見抜き、チャーミングな言葉を残す
    女性から見ても魅力的な結実子さんが登場する
    『僕は魔法が使えない』がとても素敵な、連作短編集です。

    • 円軌道の外さん

      おおぉーっ!!!
      なにげに感じたことを書いただけやったけど(笑)、
      ホンマにハチクロテイストでしたか〜(嬉)(*^o^*)

      ...

      おおぉーっ!!!
      なにげに感じたことを書いただけやったけど(笑)、
      ホンマにハチクロテイストでしたか〜(嬉)(*^o^*)


      コレはなんとしてでも
      読まなければ(汗)


      あははは(笑)
      何をおっしゃいますか〜(^O^)

      食べ物に例えても、
      またそれを美味しそうに、
      読む人がイメージできるように
      うまく言葉にできるのは

      まろんさんが
      豊かな感性と
      それを形にできる表現力を
      持ってるがこそだと思いますよ♪


      朝井リョウさん、
      しかと心に
      その名を刻みました!(^_^)v


      2012/12/07
    • koshoujiさん
      朝井君、取っちゃいましたね。
      八時過ぎから、ニコニコ動画で、生会見するようです。必見ですよ。
      朝井君、取っちゃいましたね。
      八時過ぎから、ニコニコ動画で、生会見するようです。必見ですよ。
      2013/01/16
    • まろんさん
      koshoujiさん☆

      お知らせありがとうございます!
      動く朝井リョウさんを、ぜひ見なくては♪
      koshoujiさん☆

      お知らせありがとうございます!
      動く朝井リョウさんを、ぜひ見なくては♪
      2013/01/16
  • 大学生の連作短編集。

    女子大生の感情の動きが繊細で。
    作家名を見ないで読んだら、絶対女性作家の作品だと思っただろう。
    現役大学生、それも男子大学生、それもそれも濡れそぼったバスローブで
    100キロ歩いちゃうおバカな男子大学生が書いたなんて(笑)。
    ギャップに改めてびっくりしてしまった。

    楽しい今、頑張っている自分、明るいはずの未来…
    でもひとりになったふとした瞬間に感じる孤独感や焦燥感。
    他人と比べて落ち込み、自分って一体なんなんだろう、何ができるんだろうと迷う。
    無限にあったはずの未来はおおむね収束してきて、限られた未来の中、
    自分の歩くべきレールを模索する。
    楽しく友だちとつるんでいても、みんな多かれ少なかれそんなもやもやを
    抱えている大学時代。

    誰もが通る道だし、私も通った道だけれど、うきうきした楽しさと共に、
    先の見えない不安や、時折感じる寂しさや、何かそういうのを思い出して、
    ちょっと切ない気持ちになりました。

    • まろんさん
      マリモさん、こんにちは!

      朝井リョウさん、ほんとにエッセイとは別人としか思えない繊細さですよね!
      「少女は卒業しない」の高校生たちともまた...
      マリモさん、こんにちは!

      朝井リョウさん、ほんとにエッセイとは別人としか思えない繊細さですよね!
      「少女は卒業しない」の高校生たちともまた違った
      大学生ならではのゆらゆらした不安が丁寧に描かれていて。
      作品ごとに違う顔を見せてくれるので、早く新作が読みた~い!と
      読者をわがままにさせてしまう作家さんですね(笑)
      2013/05/12
    • マリモさん
      まろんさんこんにちは♪

      エッセイはぶっちゃけてましたからねぇ。
      この本は、本当に、ゆらゆら揺れている感じがすごく伝わるんですよね。
      こんな...
      まろんさんこんにちは♪

      エッセイはぶっちゃけてましたからねぇ。
      この本は、本当に、ゆらゆら揺れている感じがすごく伝わるんですよね。
      こんな不安あったなぁ、と思い出してキュンとしちゃいました。
      直木賞をとった作品も早く読みたいのですが、図書館からはなかなか届きません。
      その間にほかの作品をちまちまと読んでいるところです~♪
      朝井さんはまだ10冊も出ていないので追いかけやすくていいですね~!
      2013/05/13
  •  いろいろぐっときた。

     あせり、不安。私も感じてきたこの感情。過去ではなく、今現在、この感情と向き合っている20歳の5人の男女の物語。

     圧倒的な長さの昼間をもてあまし、平凡な日常と特徴のない自分に飽き飽きし、自分以外の誰かになりたいと憎悪するほど願い、才能の限界を感じつつもそこから目を背けて、私はあなたのようにはならない、と強がる。

     ここに出てくる5人の男女は、すべて、私だ。

     20歳の彼らは、まだ何者でもないらしい。「何者でもない」っていうのは、朝井さんの作品のテーマだなあ、とつくづく思う。
     人って、いつ「何者」になれるんだろう。果たして私は、「何者」かになっているんだろうか。

     ぐっときて、いろいろ考える作品でした。

  • 高校生や大学生の青春小説といえば、古くは、庄司薫「赤頭巾ちゃん気をつけて」、さらには三田誠宏「僕って何」などが、芥川賞を受賞した名作だ。
    ともに、その時代の若者の心情や困惑や葛藤を良く描いていると評された。
    朝井リョウ君のこの作品もそれらに匹敵する。
    この短編集が直木賞候補にまで選出されたのも当然という気がする。
    この作品は、彼の他作品同様に、今の若者の心情を見事に鋭く描いている。
    その斬新さは切っ先の鋭いナイフでスパッと切り取ったようだ。
    天賦の才能としか言いようがない。
    このような小説を書けるのは、現在では彼か、綿矢りさぐらいではないか?
    もちろん、表現手法は全く異なるけれど。
    若き天才作家は綿矢りさ、辻村深月だけかと思っていたら、ここにも隠れていたのだ。

    中学や高校時代に、どれほど「すごい」と周りから言われても、大学や専門学校に進めば、ちょっとかっこいいぐらいに変わってしまう。
    社会人になれば、そんな人間は星の数ほどいて、優越感を感じるような物差しにはならなくなる。
    「二十歳過ぎればただの人」になってしまうのだ。

    この作品は、高校時代から普通の大学や美大やダンスススクールや予備校や、階段を一つ上ったところでの
    それまでとの変貌、周りからの視線の違いが、瑞々しい言葉で表現されている。
    そこで生まれる新たな自意識と苦悩。
    この感覚は、直木賞受賞作「何者」までにつながっていく普遍的なテーマだ。
    結局朝井リョウ君が描くところの若者は「僕って何」的な、自己のアイデンティテイの模索。
    彼はこれからもこのことを自らに課せられたテーマとして書き続けていくのかもしれない。
    今度は一般の社会人になった人間として、何が目的で、何のために恋愛をし、何のために生きているのかを考えるために。

    前の入れ物の中では一際光り輝いていたビー玉も、新しい容器に詰め込まれて、新たな別のビー玉も加えられ、シャッフルしてやり直しになれば、もはやほかの玉との見分けがつかなくなる。
    小学校、中学校、高校、大学、社会人と人生はシャッフルの繰り返し。
    だから、若い頃抱いていた夢も、あなたならなれるよとおだてられていた夢も、儚く破れ、否応なしに厳しい現実の世界に引き戻され、その他大勢のひとりとなる。
    でも、たしかに光り輝いていた時期はあったのだ。夢を叶えられると思える時期があったのだ。
    その気持はいつまでも持ち続けなければならない。どんな年齢になっても、どんな立場になっても。
    人間は、そんな微かな望みを抱くことができるから生き続けられるのではないか、と思う。

    いやあ、いいですね、朝井リョウ君。
    これからもずっと追いかけますよ。

  • 大学生の群像劇。
    高校生を書いた作品のときほどの瑞々しさは感じなかったけど、やっぱり瑞々しい。
    大学生という時期の微妙な揺らぎが、なんか脆くて儚くてほろ苦い。

    高校生のときほど世界は狭くなく、社会に出たときほど現実に晒されない。
    モラトリアムを生きてるときって、大げさに悩んだり、くだらないことで嫉妬したり、すぐに前向きになれたり、夢も希望も志もシンプルで、ほんと前途が洋々であり多難であり。
    そういう痛みはちょっと思い出してひりひりする。

    大学のころって、すぐ先の未来の明確な目標を持ってる人と漠然と過ごしている人との差が大きいこともあって、いま思い返せば子どもだったなぁと感じる、じたばたしていた中途半端だった自分を思い出してしまいますな。

    あと、タイトルがいいね。

  • とても好き。泣きそうになる。

    努力してるフリばかりが上手くなって、自分さえも騙されそうになって、でも結果が出ないから、本当はバレてるって怯えてて。

    夢を持つ事は楽しくて苦しい。

    無駄に高いプライド、バカバカしいとわかってるのに手放せない自意識に縛られる、人から見たらくだらない、微笑ましくすらあるモヤモヤを抱えて、必死に生きてる人達の物語を、いつまでもまっすぐに書いていって欲しいな、と思う。

  • 図書館で借りてきて一気読み!
    ちゃらいようでいてとても堅実で、どんどん引き込まれる表現。非凡。
    なんだかんだ彼の作品はいくつも読んできたけれど、
    短編集でこれだけ深く入り込めるとなると、
    もう「好きな作家」と言わざるをえない。

  • すごくいいなあと思える作品。5つの短編が繋がり合い、もう一度読み返して、ここがこうなっているのかと再確認できる。それぞれ、過去の出来事があって、それぞれなんだなぁと感じた。

  • 朝井リョウ『もういちど生まれる』読了。オムニバス小説で、とてもテンポ良く読めた‼︎1日で読んでしまった。連作短編だったので、主人公が変わるのだけれど、全体としての世界観は変わらなくて、劇を見ているようだった。私には朝井リョウさんの作品は感情移入型というよりは、観劇型の小説。

    朝井リョウさんの小説読む度に、何処かで悔しいという感情に心が騒めく自分がいる。努力や汗を全く見せない朝井リョウさんの、素晴らしい才能に嫉妬している自分がいる。
    朝井さんの小説の登場人物は、ある種勝ち組の人間ばかりで萎える。ああ、憎らしいのに、また朝井リョウが読みたい。

  • それぞれつながりのある、5人の物語のオムニバス。『桐島、部活やめるってよ』の大学生版と考えるとわかりやすい。それぞれの話には、最後にどんでん返しというか、サプライズのあるものも多く、また、各エピソードの話のつながり方も秀逸で、個人的には『桐島』より面白く読めた。大学生(若者)特有の、「何者」かになりたいと思うのに、「何者」にもなれない(ように感じる)もどかしさがよく表現されていると思う。

全295件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

朝井 リョウ(あさい りょう)
1989年、岐阜県生まれの小説家。本名は佐々井遼。早稲田大学文化構想学部卒業。
大学在学中の2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー、後年映画化された。
大学では堀江敏幸のゼミに所属し、卒論で『星やどりの声』を執筆。2013年『何者』で第148回直木賞を受賞。直木賞史上初の平成生まれの受賞者であり、男性受賞者としては最年少。『世界地図の下書き』で、第29回坪田譲治文学賞受賞。
その他代表作に『少女は卒業しない』、映画化された『何者』がある。

もういちど生まれるのその他の作品

もういちど生まれる Kindle版 もういちど生まれる 朝井リョウ

朝井リョウの作品

この作品に関連するサイト

もういちど生まれるを本棚に登録しているひと

ツイートする