もういちど生まれる

著者 :
  • 幻冬舎
3.62
  • (106)
  • (243)
  • (240)
  • (41)
  • (8)
本棚登録 : 1660
レビュー : 295
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344021051

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • それぞれ違う話だけど繋がってる。
    朝井リョウだな、って話だった。

  • 若いってこうだったんだろうか?
    僕の時とは違うけど、共感できる。

    当たり前だと思ってたことが特権だったと気づかずにいた。
    今なら分かる。

  • 2014.9.1

  • 朝井リョウは好きな作家だった。「何者」は面白かった。でもこの作品で、これぞ若者の感覚❗どうだ・・って程の例えがだんだん鼻についてきて
    自身も20年後にこれを読んだら、きっと赤面するんじゃないかな?

  • 大好きな作家さん。大学生という同じ目線で、言葉にするのが難しいような感情を上手く言語化してくれる。

  • この本は、19歳から20歳になるまでの、もう子どもじゃないけど大人にもなりきれない、そんな若者が主人公の連作短編集です。
    キラキラしていて儚くて切なくて…そんな思いがたくさん詰まったお話です。
    まだ19歳になっていない人には新鮮で、もう19歳になった人には懐かしく感じられると思います。この本を読んで、ぜひ若者の“今”を感じとってください。(M.M)

  • 大学生。社会に出る前、最後のモラトリアム。
    やりたいことを見つける場所とか、一生付き合える友人を見つける場所とか、自由になんでもできる場所なんだと思っていた。でも、それは一部の”イケてる”連中にとっての大学。
    夢に向かってがんばってるやつ、やりたいことやってるやつ、大切な友人や恋人がいるやつ。そんなやつらが妬ましくて、死んでしまえと思って、羨ましくて、そんなやつらに憧れている普通の大学生。
    大学生あるある小説なのかもしれない。それでも、短編の端々に大学生だった頃の”イケてない”自分を見つけてヒリヒリした。主人公は自分じゃないと何度も思い知らされるモラトリアム。抑えきれない自意識。苦しい青春。

  • 二十歳目前の若者たちの小さなドラマを描いた短編集。雑誌「パピルス」に掲載された「破りたかったもののすべて」の他、書き下ろし「ひーちゃんは線香花火」「燃えるスカートのあの子」「僕は魔法が使えない」「もういちど生まれる」収録。
    「燃える〜」以外は好きなお話。翔多に共感しがたいからかな…。4つから絞るのは難しいけれど、「僕は魔法が使えない」がおすすめです。金色のカレーか、どんな風に描くのか見てみたいです。

  • 朝井さんお得意の学生たちのエピソードをちりばめた一冊。それぞれの関係性を確認しつつ、がやや大変。別にそこまでぐるぐるさせなくても、とも思ったり。
    今どきは、こんなふうにツナガッテル、が普通なのかな。

  • ソーダ水みたいな、心にぽっと浮かんできて消えるような若い感情が、上手く表現されていた。

全295件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

朝井 リョウ(あさい りょう)
1989年、岐阜県生まれの小説家。本名は佐々井遼。早稲田大学文化構想学部卒業。
大学在学中の2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー、後年映画化された。
大学では堀江敏幸のゼミに所属し、卒論で『星やどりの声』を執筆。2013年『何者』で第148回直木賞を受賞。直木賞史上初の平成生まれの受賞者であり、男性受賞者としては最年少。『世界地図の下書き』で、第29回坪田譲治文学賞受賞。
その他代表作に『少女は卒業しない』、映画化された『何者』がある。

もういちど生まれるのその他の作品

もういちど生まれる Kindle版 もういちど生まれる 朝井リョウ

朝井リョウの作品

ツイートする