もういちど生まれる

著者 :
  • 幻冬舎
3.62
  • (106)
  • (243)
  • (240)
  • (41)
  • (8)
本棚登録 : 1660
レビュー : 295
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344021051

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とても朝井リョウさんらしい作品。
    私の周りの大学生は普通になりたい人が多かったので……。

  • 大学生たちの心情が鮮やかに描かれていて、読んでいて気持ち良かった。
    小さな物事にも特別な心情を描けるのが、朝井リョウさんの凄いところだと思う。
    やっぱ面白い!

  • 大学生が繋がって、20歳を生きる短編集。
    大学生は大人なんだけど、心は成長してない自分がいたりする。
    考えて自分の意志で生きていける大学時代は稀有な時間なのだろう。
    いつまでも純粋ではいられないけど、それを追い求める最後の時なのかもしれない。

  • 感想

    本当に綺麗な文章を書く人だ。阿呆のようにいつも五ミリほど口を開けている僕だが、その隙間が野球ボールがくわえられるくらいにまで広がった。驚きと感動のなせるわざである。
    こんなにもひとりの人の文章表現に魅力を感じたのははじめてかもしれない。

  • 朝井リョウ、この前まで大学生だったからなのか単に上手いからなのか、すごくリアルに感じられる。普段隠れている鬱屈とした気持ちとか。世界が繋がっている短編集。表題作の終わり方が綺麗。

  • 図書館で何気なく借りて初めて読みました。
    今まで読まず嫌いでした!むしろ、目次のタイトル見ただけで、あ、私この人の表現すっごく好きだなって思ったくらい。
    1つ1つの表現がとっても好き。まわりくどいように見えて、すーっと入ってくる。みずみずしい感じ。大学生の時に読まなかったことを後悔。。。
    短編だけど全部繋がってておもしろい。中でも、僕は魔法が使えないがお気に入りです。ナツ先輩!

  • さくさく読めました。
    登場人物が、自分のあたまの中にみずみずしく立ち上がってくる。そんなリョウさんの表現力に脱帽。
    ひとつひとつの短編が、実はつながっているので、いろんな角度で見れて楽しい。
    なにより、リョウさんの文章って、なじみやすくて読みやすい。あっという間だった。楽しかった。
    他の本も読んでみたい。
    小説家なのに、サラリーマンとしても働いてるってすごいな。尊敬。

  • いや~眩しいほど若い。思い出す、思い出すのだ。

    最初のひーちゃんは線香花火より後半に行くにつれて物語の人物がすこしづつ重なって、多角的に見えて物語がよりじわりと深くなっていく。

    学生時代、あのモラトリアムなあの若い時だからこそ、の苦しみ
    自尊心とか何者になれるかとか特別な自意識そういう息苦しさや他者との関係が、すごく自然に浮き上がってくる。

    昔は本当に周りにいろんな人がいた気がする。
    もっとむき出しあって、ぶつかりあうみたいな交友や考察があった気がする。なつかしいなぁ。

    思い出すってことは、もうその場所に私はいないってこと。

    成長なんてしてるつもりはなくても、すこしづついろんなことを上手によけれるようになるのが大人になるってことらしい。

  • 朝井リョウの作品はなんでこんなに瑞々しいんだろう。過ぎ去ってしまった学生生活が小説の中で息づいているからだろうか。各話の登場人物がリンクした連作短編集。翔多は作者みたいな子なんじゃないかな?と勝手に思ってしまう。なんかイマドキの若者っぽい感じが。表題作が素敵。ただちょこちょこ登場人物の性格が『星やどりの声』と被る。2012/165

  • 「小説読みたい病」になっててね、軽くてピュアな感じのがイイな…と借りてみた。
    ビンゴ!!
    連作だから、短編の物足りなさもないし、ゆる~く繋がる世界を堪能。

    この人の言葉のセンス、好きだなぁ~。
    「つくし」って名前がすっと一筆で書けるのに、色んな方向に開いてる…とか、
    大地と同じ分の空から、雲と同じ分量の雨が降る…とか
    独特の切ない言い回しがグッときた~。

全295件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

朝井 リョウ(あさい りょう)
1989年、岐阜県生まれの小説家。本名は佐々井遼。早稲田大学文化構想学部卒業。
大学在学中の2009年、『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を受賞しデビュー、後年映画化された。
大学では堀江敏幸のゼミに所属し、卒論で『星やどりの声』を執筆。2013年『何者』で第148回直木賞を受賞。直木賞史上初の平成生まれの受賞者であり、男性受賞者としては最年少。『世界地図の下書き』で、第29回坪田譲治文学賞受賞。
その他代表作に『少女は卒業しない』、映画化された『何者』がある。

もういちど生まれるのその他の作品

もういちど生まれる Kindle版 もういちど生まれる 朝井リョウ

朝井リョウの作品

ツイートする