毎日が大河

著者 :
  • 幻冬舎
3.18
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 23
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344021129

作品紹介・あらすじ

女手ひとつで2人の子どもをかかえ、『篤姫』から『江』へ。ひたすら大河を書き続ける脚本家の日々。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「江」脚本執筆中に書いたエッセイ。

  • 大河「江」執筆中のエッセイ。
    とは言えドラマ裏話的なものは少なく
    日常&旅や家族についてがほとんど。

    【図書館・初読・4/9読了】

  • 篤姫を終えた後のエッセイ集も面白かったため、今回も江の脚本と同時進行で書かれたエッセイ集をチョイス。
    おもしろかったです。また女性を主人公にしたドラマや映画、楽しみにしてます。

  • ネットや週刊誌を騒がせている田渕センセ。本書を読む限り、仕事に忙殺される脚本家、家族思いの母親、に見えましたが・・。私も「江」を毎週観てましたが、ネットで言われているほど酷いとは思いませんでしたよ。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

NHK連続ドラマ『さくら』で橋田壽賀子受賞。テレビドラマの他、映画、舞台、ミュージカル、落語、狂言の脚本も手がける。主な作品に『殴る女』『ブランド』『女神の恋』など多数。08年に大河ドラマ『篤姫』、11年に『江ー姫たちの戦国』の原作・脚本を手がける。著書に『美女と男子』、小説『おね』など多数。さらに『女塾』塾長をつとめ、日々女性の幸せのために多くの女性たちと向き合っている。

「2017年 『女塾』 で使われていた紹介文から引用しています。」

毎日が大河のその他の作品

毎日が大河 Kindle版 毎日が大河 田渕久美子

田渕久美子の作品

ツイートする