これがメンタリズムです メンタリストになれる本

  • 幻冬舎
3.25
  • (10)
  • (26)
  • (55)
  • (8)
  • (6)
本棚登録 : 383
レビュー : 46
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344022720

作品紹介・あらすじ

メンタリストDaiGo、テレビで話題騒然のあのパフォーマンスの裏側を大公開!「メンタリズムは超能力ではなく技術です」。なぜフォークが曲がる?心が読める?メンタリストDaiGoが自身で「仕掛け」を徹底解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • メンタリストのDaiGoさんが好きなので読んでみました。
    まず、メンタリズムとは何かという章から始まる。
    フォーク曲げのパフォーマンスの説明と写真での解説から始まり、筋肉を読むことなどの説明が書かれている。
    次の章ではメンタリズムのパフォーマンスの紹介と解説。
    ラストはメンタリストになるための方法が書かれている。

    重要な言葉は短く一言で太字で書かれているため、わかりやすいよ。

  • 自分で「選んだ」つもりが、「選ばされている」。
    それがメンタリズム、なのだそう。
    TVでやっていたパフォーマンスも、
    複数の中から選ぶ1つを「当てて」いたのではなく、
    さりげないジェスチャーや言葉の暗示で「選ばせて」いたんだ。
    そういう「タネ」を教えてもらったとしても、
    誰でもあんな風にできるわけではない。
    DaiGoはやっぱりすごいと思う。

    あと、今まで気にしたことなかったけど、
    これから人と話すときは、
    「目の動き」「口元」「首から下の姿勢、しぐさ」を
    観察してみようかな。なんだかおもしろそう。
    「口先の言葉」よりも、ついつい本音・真実が表れてしまうらしい。

  • 読みやすい。メンタリストになれるかはさておきメンタリズムの裏側について書かれている。手品の種明かしと同じで、知らない方が良かったと思う気持ちともっと知りたいと思う気持ちが同居した。メンタリズムを純粋に楽しみたいなら読まないことをオススメする。

  • この本を「なぜ疑似科学を信じるのか」の本の次に読んだので、DAIGOさんの言わんとする「科学」的なモノのあり様がわかったけれど、たぶんこの本から先に読んでいたら、なかなか素直には読めていなかったと思う・・・みんな「自分の見たいものしか見えて無い」と思うから
    それと、気になったのはDAIGOさんはあっけらかんと人の心の誘導について書いていたけれど、これって今流行りのオレオレ詐欺や催眠商法などに応用されている手口と同じモノですよね・・・そういう観点から読むととても怖い世の中になってきているなと、背筋が寒くなりました

  • 情熱と継続の賜物ですね。これからTVの前で、目を皿にして観て見ます。

  • 流行っているDaigoさんのタレント本で、チョットネタばらしがあるのかなと言って読み始めた。ネタばらし自体は、予想通りこれで真似できるというにはほど遠くこんな感じでしょうと言ったレベルだが、マジックとメンタリズムとの違い、これについての著者のこだわりが、よく伝わる本だった。
    人の反応、筋肉の動き、それを考えながら、会話して行く、そして暗示をかけて、自分で決めたと相手に思わせながら、誘導して行くといったところはなるほどそうかもしれないと思わされた。
    また、テレビに出だした頃、なかなかメンタリズムを伝えられず、困っていたが、ある時一行での説明「科学とロジックで超常現象を再現する。それがメンタリズムです。」と決め台詞が決まると説明できるようになった。ダラダラ話すだけでなく、短い言葉で記憶に残す、そして理解させることが大事と言ったくだりがなかなか面白かった。

  • 内容が薄くて面白くない。
    へーって感じるくらいの本でした。

  • メンタリズムとは何かということから、どうやって人の思考を誘導しているのかとか。
    催眠術まで強くないけれど、人を操る方法としてはかなり使えるんじゃないかな。
    悪用する人もいそう。
    ただ何故そういう風に誘導できるのかを書いているので勉強にはなると思う。

  • 面白かった。
    最近は行動心理学というのか、観察することで得られる情報からその人のことをより理解したい。良いコミュニケーションを取りたいという思いがあったこの本を読んだ。

    実践的というより基礎的な印象である。
    あとは実践し、観察することで理論と照らし合わせて自分の“観察力”を上げていきたい。

  • メンタリズムとは何か分かるのと同時に、営業術、人心掌握・誘導術としても使えそう。
    細かい暗示をたくさん入れること、相手がリラックスしている時にこちらのやりたいことを盛り込む。

全46件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

メンタリストDaiGo(めんたりすと だいご)
1986年生まれ、静岡県出身。新潟リハビリテーション大学特任教授。科学とロジックで超常現象を再現する「メンタリスト」を名乗る。Youtubeチャンネルで定期的に動画を配信、そこで紹介した本の全国的に売上が上がっており、本のインフルエンサーともなっている。代表作として『自分を操る超集中力』。その他にも著作は数多く、おもにメンタリズムと心理術をテーマにしたものが多いが、実践的な目的のための実用・ビジネス書もある。2019年5月28日、『 無理なく限界を突破するための心理学 突破力』を刊行。

メンタリストDaiGoの作品

これがメンタリズムです メンタリストになれる本を本棚に登録しているひと

ツイートする