「もっと話したい! 」と思われる人の44のルール

  • 62人登録
  • 3.12評価
    • (0)
    • (9)
    • (10)
    • (6)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 吉原珠央
  • 幻冬舎 (2012年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344023123

「もっと話したい! 」と思われる人の44のルールの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前に読んだ本が良かったのでもう一冊。こちらは会話をスムーズに行い、話しやすい相手であるためのポイントを44個にわたって書いている。平たく言うと「空気を読む」ということでもあるが、会話の相手や周りの人が不快にならず、より話したくなるような場を作ること。

    書いてある内容として未知のものがあるかと言えばそうではない。新しい知識を何か獲得したという読後感はないのだが、何も残らないわけではない。Know-whatではないがKnow-howであることか。例えば、自分が面白い話と他人のそれは違う(p.58,64)ことは、それは当たり前だと誰もが言いそうな内容だ。真正面から書かれていることを読むことによって改めて自戒する効果を持っている。他には、話の共通点ばかり探るのは自分の話をしたがっているだけ(p.83)という辺りも身につまされるものだし、「でも」と文を否定的に続けるよりは「ただ」と続ける(p.205)ことも評論家気質の自分には痛感されるもの。

    自分の怒りは無くせるかどうかではなく、客観化できるかどうかが重要だという指摘(p.20)や、相手を会話に巻き込む簡単な5つの方法(相手の名前を会話に混ぜる、相手が答えて気持ちよい質問をする、相手の話した内容を引用する、自分が何について話しているかを繰り返す、相手の経験を聞き出す)(p.43-46)も目にとまる。

  • 44は多すぎる。。。

  • こういう本を読みたい人のための本。
    読んでもいいと思うが特に感想はない。

  • 他人から「もっと話をしたい」と思われるような人になりたいというのは、だれでも持っている願望だと思う。
    そうなるための5つのコツをあげている。
    ・ポジティブな言動をとる
    ・反応が良い
    ・感謝心がある
    ・話が分かりやすい
    ・真剣に話を聞いてくれる。

    この5つの中では、話が分かりやすいという項目が一番自信がない。
    自分の弱みが分かったので、伝えたいことが簡潔にわかりやすく伝えられるように意識して、発言したいと思う。

    参考になった言葉
    自分が話すというよりも、相手が中心となるよう気分よく話す場面を譲る。
    注意は、あくまでも注意であって相手の尊厳を無視し言い訳も聞かずに責め立てるような態度をとる必要はない。「事情があったかもしれないけど」「考えがあったにしても」などを加えてから注意することで、相手も落ち着いて注意を聞ける環境をつくる。

  • 人の前で話すこと、また相手の興味のある話をするということについて改めて考えさせられた一冊です。
    「自分が話す」ことよりも、「相手」が中心となるような余裕が必要だという点には、その奥深さを感じました。
    44のルールを全部実行するのは難しそうですが…まずは「使いたい言葉」リストを参考に、私も人との会話を楽しんでいきたいと思います。

  • 相手に不快感を与えない事、思いやりをもって接すべし、という事が一貫して書かれている。ネガティブな単語を出すのは避けて前向きな表現や言い方に変える、自分の話したい事では無く相手が口に出したい事を引き出す工夫をする、などなど。接客業に携わる人にもタメになる内容(自分には耳の痛くなる話も)が多かった。

  • 引き算のルールが多いと思った。
    余計なことは言わないとかアドバイスは求められてからとか。
    読んでいると、自分がどれだけ出しゃばりな話し方していたかに気付かされる。
    無意識でも、相手にとっては不快に感じていたかもな・・・という戒めになる。
    まずは自分を客観的に見る余裕を持つことから始めてみようと思う。
    吉原さんの他の本も読んでみたい。

  • 書店で小説を買うところを知ってる人に見られても特に困らない。自分の仕事の関連の本や料理やダイエットの本の場合も一向に構わない。しかしビジネス書とか自己啓発書の類を買ってるところは、出来れば見られたくない。
    本書は人前で話をする人だけでなく、あらゆる業種に応用出来る。こういった本は突き詰めると相手への思いやりが最も大きなテーマなのだが、本書は「こういう表現はよくない」と、具体的に書かれているので、役に立つ一冊だ。

全8件中 1 - 8件を表示

「もっと話したい! 」と思われる人の44のルールのその他の作品

吉原珠央の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ロバート キヨサ...
東野 圭吾
佐々木 圭一
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

「もっと話したい! 」と思われる人の44のルールはこんな本です

「もっと話したい! 」と思われる人の44のルールを本棚に登録しているひと

ツイートする