幸せの女神は勇者に味方する 人生の新しい扉を開く50の提言

著者 : 布袋寅泰
  • 幻冬舎 (2013年2月27日発売)
3.72
  • (7)
  • (6)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :55
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344023383

幸せの女神は勇者に味方する 人生の新しい扉を開く50の提言の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 布袋さんのファンなので、見かけて手に入れてみた1冊。生き方がやっぱりかっこいいすね。チャレンジを楽しんでいて、周りの人たちへの優しさとリスペクトを感じて。こんな人と一緒に過ごせたら毎日楽しいだろうな、と誰もが思ってしまうんじゃないか。50を過ぎてもこうやって楽しみながら自分のやったことのないことにチャレンジしている姿に刺激をもらいながら、少し先を生きている先輩からのアドバイスとしてしっかり身につけて自分は自分のチャレンジを続けていきたいと思わせてくれる1冊でした。

  • 最高。この一言に尽きる。

  • 「世の中は常に変わっていく。歌舞伎役者も、ロックンローラーも、ビジネスマンも、常に自分を最新型にアップデートすることが重要。そのためには、自分を客観視し、変化の方向を見誤らない具体的な方法を取り入れること。」…いつでも携帯できるよう、Kindleで買った!

  • 自己啓発本?でいいんだよな、きっと。
    自己啓発本て、僕すごく嫌いで基本余計なお世話だバカヤロになるんだけど…

    全然面白かった、と言うか素直に、するぅ~と入って来ました。うどんだよ、うどん。
    この本はうどんです。
    あまり食欲ないときでも食える、しかもすぐエネルギーになる、腹持ちもイイ。
    うどんメタファー。

    実際すぐに生活に活きる内容が多かったと感じるし、どんな仕事にでも通じる普遍性があります。
    クリエイティブ性の裏付けって感じですね。

  • 昨夏ロンドンに移住を決めた布袋さんのエッセイ。読者を勇気づける言葉の中に、自身のロンドンでの生活の様子や家族のことなどプライベートな話題も織り交ぜながらさらりと読める一冊でした。
    しかし布袋さんの書く文章は読みやすいというか、スッと頭に入っていくのが不思議。フィクションじゃないリアルな布袋さんの言葉がダイレクトに、だけど優しく心に入ってくるのです。歳を重ねてさらに優しくなったのはきっと家族に愛されているからだと羨ましくなりました。しかし、布袋さんより実は美樹さんの方が肝っ玉が据わっているのかもしれない(笑)

  • 凄い本。
    夢を追いかけることの大切さを教えてくれる一冊。
    何度も何度も読みますね。

全7件中 1 - 7件を表示

幸せの女神は勇者に味方する 人生の新しい扉を開く50の提言のその他の作品

布袋寅泰の作品

幸せの女神は勇者に味方する 人生の新しい扉を開く50の提言はこんな本です

ツイートする