起業家

著者 :
  • 幻冬舎
3.85
  • (110)
  • (188)
  • (129)
  • (23)
  • (1)
本棚登録 : 1268
レビュー : 163
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344023635

作品紹介・あらすじ

ネットバブル崩壊、業界の低迷、再びのネットバブル。絶頂の中、発生したライブドア事件、親友・堀江氏の逮捕、株価暴落、そして社長の退任を賭けて挑んだ未知の領域…。その時、起業家は何を考えていたのか?抱えた苦悩と孤独、そして心に沈めてきた想い。焦り、嫉妬、不安、苛立ち、怒り、絶望-。すべての真相を、今ここに。魂をゆさぶる衝撃の告白。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「孤独、憂鬱、怒り、それを3つ足してもはるかに上回る希望」
    ガツンときます‼
    弱いと言っては失礼だけど、こんな一面もあるんだなぁ…と思える一冊。
    自伝系の本は引退してから出すのが鉄則であるが、藤田さんはそれをも超えて行くのか?

  • ◆『起業家』読了。★3つ(5点満点)
    http://www.amazon.co.jp/dp/4344023633/

    「渋谷で働く社長の告白」に続くサイバーエージェント藤田さんの自伝的作品です。
    ストーリとしては、ホリエモンとの友人関係とブログ事業躍進までの苦闘が柱か。

    これは、おそらくちょっと評価が別れる作品です(実際アマゾンレビューみたら割れているようです)。
    経営者の孤独、苦悩などを知りたいという人にはGood。
    一方、逆にいうと全編独白という感じで、相手がどう思っていたかとか、面白いエピソードの描写などはほとんどありません。

    取り上げられているキーワード的な言葉は、次の2つ(一つ目は、幻冬舎の見城さん、2つ目は、ラップの歌詞らしい)。
    「すべての創造はたった一人の「熱狂」から始まる」
    「孤独、憂鬱、怒り、それを足してもはるかに上回る希望」

    連続で読んだ南場さんの不恰好経営と対比したくなる。
    仲間の大切さ、感謝などを強調する南場さんに対して、孤独を強調する藤田さん(どちらもかなり苦悩は書いている)。
    個人的読後感は不恰好経営の方がよいですね~。

  • 経営者が大切なことそれは、自分の哲学を貫くこと、仲間を信じること、決断力。
    26歳で上場し、やることなすことに対し常にバッシングを受けていた藤田氏。それでも同氏は、自分の描いたビジョンにブレることなくやり切った。

    経営者の孤独を知ることができる良い作品です。

  • 藤田晋の半自叙伝。穏やかな彼が自分のビジョン実現のために、役員を更迭し、自らが指揮をとってアメーバを立ち上げ、ここまでのメディアに成長させたエピソードが印象的。株主を無視してまでも180度の経営の方向転換をする、己の信念を全うする。興味深い。

  • 孤独、憂鬱、怒り、それを3つ足してもはるかに上回る希望。それが起業家には必要。これを見つけられたなら、起業に踏み切ろう。勇気を与えられた一冊。

  • 久しぶりに本が読めた。
    試験が終わって、最初に取った本がこの本。深層心理に何が隠されているかは分からないが、初心に帰るとか更に頑張ろうという気持ちの現れかもしれない。

    サイバーエージェントの社長。
    最年少上場、友人である堀江さんの事件、ITバブル崩壊。
    経営者として、進むべき方向性が定まっていないと、どんなにブレるか。

    とっても参考になりました!!

  • アメーバを運営するサイバーエージェントの代表、藤田社長の著書。

    時代を作る新しい事業を興し、かつその事業を成功させた起業家というと、これまで、一種の芸能人のような華やかなイメージしかなかったけれど、その実、新たな事業を生み出す過程は、勤め人には想像もつかない、不安、忍耐、苦しみの連続だということを、藤田氏は自身の経験そのままに、率直に語っていた。

    著書の中の「孤独、憂鬱、怒り、それを3つ足してもはるかに上回る希望」という言葉がとても印象に残った。

  • 同じ業界の先輩藤田さんの著書。アメーバの話し、堀江さんの話し、経営哲学が書かれており、身近な話題なだけに感情移入して読めます。そして似たような悩みを抱えていたんだなと・・素敵な本です

  • 現役の社長の本って、貴重じゃないか?

    自身が体験して、考えて、行動している人の話は説得力があって、面白い。

    こうした方が良い。とか、こうしてはならない。とかではなく、ただただ、考えたこと、感じたこと、行ったこと。行なっていることが書いてある。

    部下を更迭したとか、書きたくないよね。

    今後も続くストーリーだから、これからも含めて、面白き一冊。

    特に、アメーバ事業の箇所は、業績低迷中の企業には、ほんと参考になると思う。

    老若男女立場役職関わらず、上が下と友に汗を流さない限り、会社は良くなってイカンよ

  • 血の通ったビジネス書。

    久しぶりに、こんなビジネス書読んだ。

    ヒルズ族と呼ばれた、藤田社長。

    断片的に見るとIT業界の成功者の一人。

    でも、その裏側にはとんでもない努力、夢、そして孤独が描かれてた。

    苦労に勝る成長材料はないのかしれない。

    ぜひお会いしたいってか、会います!

全163件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

藤田 晋(ふじたすすむ)
1973年生まれの実業家。株式会社サイバーエージェント代表取締役社長。福井県鯖江市生まれで、福井県立武生高等学校を卒業した後、上京し青山学院大学経営学部入学。大学卒業後に人材派遣会社インテリジェンスに入社し、1998年退社、株式会社サイバーエージェントを設立。
書籍の代表作として、『渋谷ではたらく社長の告白』『憂鬱でなければ、仕事じゃない』。その他にも多くのヒット作を刊行している。

起業家のその他の作品

起業家 (幻冬舎文庫) Kindle版 起業家 (幻冬舎文庫) 藤田晋

藤田晋の作品

起業家を本棚に登録しているひと

ツイートする