開戦前夜 ゴーマニズム宣言RISING

  • 幻冬舎
3.42
  • (7)
  • (6)
  • (15)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 90
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344023680

作品紹介・あらすじ

日中、「尖閣」戦争、TPP、対北朝鮮、欧米による文化侵略。表題作「『尖閣戦争』開戦前夜」のほか、渾身の力作「日系ブラジル移民『勝ち組』が信じたい情報」、「思い邪なる者に災あれ」の豪華3本の描き下ろしマンガ合計110ページ収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 終戦直後の在ブラジル日本人社会における混乱については全く知らなかった。情報を多角度から多様に取り入れる事、大事だけど大変であることを再認識する。

  • ネトウヨって小林よしのりの子どもなんじゃないかなぁ、と思って改めて読んでみた。
    ネトウヨに対する批判も多いんだけど、その様子はグレた子どもを説教する親父のようだった。

  • 「人は信じたい情報しか信じない」で戦後ブラジルを例に挙げるのはどうかな?これは洗脳でしょ。わかって書いているとしか思えませんが・・・

  • この本のテーマである、尖閣・反原発・反アベノミクス・慰安婦問題・女系天皇・・・これらについては、著者の考えに多くの同調を感じる。まぁそれはどうでもよい。この本で最も面白いのはブラジル日系人「勝組」の話だ。ブラジル日系人の8~9割が、第二次大戦で日本が勝ったと信じる「勝組」であった。しかも戦後20年以上経っても、それを信じていた人たちも多かった。全く信じられないことであるが、今でもエセ情報に踊らされている我々を顧みれば納得も出来る。著者はあとがきでこう記す。日本の自称保守が左翼に過ぎないことを何時になったら気付くのであろうか。富裕層のみが恩恵を受けるバブルに浮かれる国民になるべく早く天誅が下ることを、わしは期待している。破滅の中からしか希望は生まれない。イラク戦争の大儀の不在・反小泉改革・脱原発・反TPP・反アベノミクスを訴えてきたが、すべてダメだった。(全て日本国民の少数意見だ)ついに失望に慣れてしまった、と。私も来週末の参院選に何の希望も持っていない。未来は無いのだろうか。しかし最後のこの言葉に救われた。「わしは益々意欲的である。」

  • まだ、安部の支持率高いって……。
    このマヤカシが、いつまで続く?

  • 小林よしのり氏については、正直あまり真剣に対峙したことはなかったのだが、ネトウヨ、自称保守、安倍晋三、脱原発、TPP等の分析は、理屈が通っていて、説得力もある点が多かった。以前見た動画の討論番組で、慰安婦発言でいただけない部分もあったのだが、今後も注視してみたい。

  • 小林よしのりさんでも出版だけでは
    赤字なんだね。。

  • ブラジルの日経移民の話は衝撃的だった。ただ、これほど情報が氾濫している今でも自分の信じたくない情報には耳をふさいでしまう人はたくさんいるし、自分への自戒としたい。

  • 帯表
    どうせ勝つ、絶対勝てる-。
    (と、人は自分が信じたいことしか、信じない)
    帯裏
    嗚呼なぜ、こんなことに!?
    いま日本と中国はギリギリのところにある。強烈な反日教育で育った最高指導者・習金平は今年、尖閣諸島まで12分で到達する戦闘機を基地に多数配備した。中国は、戦争をやりたくて、うずうずしている。経済を中国に頼り切っているアメリカは、もはや日本の戦争の頼りにはならない。アメリカになんの国益もないからだ。失うもののない中国。戦争を仕掛けられたが最後、失うだけの日本。均衡はすでに壊れている。ともにナショナリズムを弄んだ日中の政治家に、回避の道は見つけられるのか?これが、いまそこにある第2次日中戦争のシナリオだ!

  • よしりんがネトウヨを糾弾する日が来るとは。。。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1953年、福岡県生まれ。漫画家。1976年、大学在学中に描いた『東大一直線』でデビュー。以降、『おぼっちゃまくん』などの作品でギャグ漫画に旋風を巻き起こした。1992年、社会問題に斬り込む「ゴーマニズム宣言」を連載開始。すぐさま日本の思想状況を一変する大ヒットとなる。天皇論は23万部突破。

「2017年 『日本人なら知っておきたい天皇論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

開戦前夜 ゴーマニズム宣言RISINGのその他の作品

小林よしのりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする