主婦と演芸

著者 :
  • 幻冬舎
3.77
  • (11)
  • (30)
  • (17)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 130
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344023703

作品紹介・あらすじ

芸能の世界と家庭の日常を自由自在に行き来するタレントの、愉快にして軽快な日記エッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 清水ミチコさんの「テレビブロス」に連載されていたエッセイ日記。おもしろかった。そもそもわたしは人の日記を読むのが好きだけど、清水ミチコさんは文章上手でブログもおもしろくていつも読んでいて。芸能人だから交友関係とか含めて華やかな生活!ともとれるんだけど、読んでいるとそういう感じでもなく、淡々としていて一般の人の日常っぽく思えるのがなんかおもしろいなと。本人が、すごいでしょ、とか思ってないからかな。おおげさに笑わそうとかしてないからかな。そして逆に、ほんとにごく普通な主婦のようなことも書いてあって、それはそれでおもしろいからまたすごいと。
    とにかく、読んでて楽しく、心なごみました。

    • niwatokoさん
      なんかすごく一般人の感覚があるっていうか。考えてみればすごい人なんだけど。
      力の抜けた感じで、ラクに読めて、「いやされる」ともいえそうなほど...
      なんかすごく一般人の感覚があるっていうか。考えてみればすごい人なんだけど。
      力の抜けた感じで、ラクに読めて、「いやされる」ともいえそうなほどです。
      2013/05/13
    • いとのこさん
      こんばんは。私も買おうと思ってました。
      レビューよんでますます気持ちが固まりました。
      こんばんは。私も買おうと思ってました。
      レビューよんでますます気持ちが固まりました。
      2013/05/20
    • niwatokoさん
      >いとこのこさん
      こんばんは。
      ぜひ。おすすめです。読んでるあいだずっと楽しかったです!
      >いとこのこさん
      こんばんは。
      ぜひ。おすすめです。読んでるあいだずっと楽しかったです!
      2013/05/21
  • アハアハと笑いながら読了。好きだわ~ミッチャン。

    こんなにテレビに出てるんだーと、ちょっと驚く。バラエティ番組というものをまったく見ないので知らなかったのよ。私の中では、清水ミチコさんというのはテレビ的な人ではないのだが、そこがかえってひとひねりした面白さということで、好まれているのかもしれない。まったく媚びというものを感じさせない人で、芸(能)人には珍しい。

    人や物への辛口評はほとんどないのに、そこはかとなく毒があるように思うのはどういうわけか。仲良しの野沢直子さんや、平野レミさん、黒柳徹子さんなどを書くと、本当に筆がイキイキとしていて読んでいて楽しい。

    そうだよ!と言いたくなる鋭い指摘も随所に。

    ・なぜ人が占いを好むかというと「話が全部私中心だから」。 ← すごーく納得。

    ・「芸能人」は”私生活は贅沢でなきゃダメ”な生物で、そこが「芸人」との違い。 ← 思わず膝をポン!と打ってしまった。

    ・昔一時だけやせてた自分が「本来の自分」であり「今はたまたま太ってるだけ」とずーっと言い張っている人の話を聞いて笑った後、自分も同じだと気づいたミッチャン、「体重だけでなく、年齢もたまに否定したくなる自分が怖い」 ← 胸にずーんときました。

    ・「孤独死」という言葉について書かれていることにはもう全面的に賛成!
    「私がもし独身だったら、こんな言葉で人生を片付けられるのがイヤで、死ぬのが怖くなります」「山口美江さんが亡くなった時、あの上品な顔写真の隣に、ぜんぜん似つかわしくない文字を読み、つい本気で書いてしまいました」 ← こういうところが好き。

    付け加えると上の文章はこう続いている。
    「田中真紀子さんをゴリラって言っちゃうネタをやってる人に言われたくないか。でもこれはちゃんと悪気があってやっている」 ← こういうところはもっと好き!

  • テンポがよくて、エピソードも表現も楽しくて、
    読んでいて、ついつい顔がゆるんでしまう。

    毒舌っぽくても、愛情が感じられるのは
    筆者のお人柄だなぁ
    と。人にものを言うときも、このひとのような
    気持ちを持っていよう…そんなふうにも思わされる。

    読んでいて、ただ、ただ、楽しい時間だった。

  • 面白そうだったので読んでみた。
    清水ミチコさんって、芸能界でもずっといい位置にいらっしゃいますよね。
    凄く自然体で、でも芸達者で。
    そして、そういえば一主婦だったんだな~って。

    雑誌の連載コラムをまとめたものなんですが、
    こういうのも長く続けると日記と同じようで記録になっていいですね。
    交友範囲も素晴らしく広くって、毎日刺激の連続だろうな~って。
    とっても面白い本でした。

  • 清水ミチコさんの人に対する観察力の鋭さに感心。
    誰かのエピソードを語る時も、その人の顔や声が映像として伝わってくるほど上手く特徴を掴んでいる。
    周りはいつも楽しい人達で賑やかというイメージで、清水さん自身も人が好きなんだなあと。
    毒を吐いても全然嫌な感じを受けない人柄は羨ましい。

  • 2015/2/10 読了

  • 清水ミチコのコンサート会場で入手したサイン本。抱腹絶倒のあとだからテンションも上がって勢いで買ったものの、何となく表紙の緩さからしばらく読まないでいた。が、もっと早く読むべきだった。テレビブロスに連載しているエッセイのまとめらしいが、なんとも言えず心地よい文体だ。嫌みがないけどチクリと毒があり、リズムがよくて読みやすい。もっと長く読みたいと思える話題ばかりで、どこを読んでもクスクスと笑える。

  • 借りて読んだ本、軽快!

  • なんということはないんだけど、面白かった。ゆるくて楽しい。

  • この本の分類は「文学」。
    仙台市図書館の蔵書数は3。
    現在の予約数は11。

    何気に面白い。

全26件中 1 - 10件を表示

主婦と演芸のその他の作品

主婦と演芸 (幻冬舎文庫) 文庫 主婦と演芸 (幻冬舎文庫) 清水ミチコ
主婦と演芸 (幻冬舎文庫) Kindle版 主婦と演芸 (幻冬舎文庫) 清水ミチコ

清水ミチコの作品

主婦と演芸を本棚に登録しているひと

ツイートする