偽りのシスター

著者 :
  • 幻冬舎
3.13
  • (3)
  • (21)
  • (47)
  • (6)
  • (5)
本棚登録 : 168
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344023949

作品紹介・あらすじ

麻薬密売の容疑者を射殺してしまいながらも、後輩の野口を身代わりに立て、素知らぬふりをしなければならなかった、生真面目な刑事の楠見和也。そのことを誰にも話せず、良心の呵責に苛まれるが、ある時野口が自殺を図ってしまう。一方、会社をリストラされたことを弟の和也に話せずにいる楽天家の兄・楠見太一は、毎日公園で弁当を広げる生活を送っていた。そんな二人の前に突然、腹違いの妹を名乗る麻美という女がやってきた。二人は困惑しながらも、天真爛漫な麻美に惹かれ、共に暮らし始める。だが麻美も、太一と和也に言えない秘密を抱えていた。彼女の目的が明らかになった時、いくつもの事件が幕を開ける…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 続けて3冊目。間の1冊が抜けているかも。

  • 2019.9.3 読了


    容疑者を正当防衛で 射殺してしまった弟 和也と
    同居してる 最近リストラされた兄 太一。

    二人とも それを秘密にしている。

    そんな二人のところに、突然
    腹違いの妹です!と現れた 麻美。
    麻美にも秘密があって。。。

    射殺してしまった事件をきっかけに
    いろんなことが絡み合う。


    なかなか面白くて 前半は
    バーッと読めました!

  • 高校の同級生だった横関くんの4作目。

    何人かの登場人物の視点を切り替えながら話が進んでいく形式。切替のタイミングがわりと短いのでテンポよく読める感じで子気味よかった。欲を言うと、視点ごとにちょっと文体が変わったりしても面白いかなー、とか。

    次作にも期待です。

  • 容疑者を射殺し後輩を身代わりに立てざるを得なかった生真面目な刑事の和也は良心の呵責に苛まれ、後輩は自殺してしまう。一方リストラされたことを弟の和也に話せずにいる楽天家の兄太一は公園で弁当を広げる生活を送る中射殺された男の息子と友達になる。腹違いの妹を名乗る麻美との三人暮らしと事件。するする進んだ。

  • ストーリー展開など、まあおもしろかったが、突然現れた麻美を名乗る女性を受け入れられるものなのだろうか?
    そういう心境になるのかな?
    確かにぼく自身がそういう状況ではないし、だからわからないんだと言われればそうなんだけどさ。
    うーん、、、

  • 他の横関作品に比べると、疾走感が少なかったかも。

  •  うーん、やっぱりなんだか甘いですよね。横関作品、ふわふわした話が多い。
     兄、そこまで事件に首突っ込んじゃダメでしょう。妹もそんな理由で家まで乗り込むかぁ?

  • 会社をリストラされた兄と、容疑者を射殺してしまった刑事の弟。共に暮らす兄弟の前に突如現れた、腹違いの妹を名乗る女。彼女の目的が明らかになった時、いくつもの事件が幕を開ける…。

    ライトタッチのサスペンス、ミステリー。張っておいた伏線もしっかり回収される。難しいこと考えずに軽快に展開する筋だけ追っていけば読後にそれなりの充足感が残る、それが横関作品の魅力だと思う。
    (B)

  • ★2016年1月5日読了『偽りのシスター』横関大著 評価B
    『再会』『グッバイヒーロー』『チェインギャングは忘れない』に続く4作目。
    比較的単純な筋書きと軽快なリズムと読みやすさは健在。エンタメ作品として軽く読むなら、マンガ感覚ですぐ読めてしまうシンプルさが横関氏の持ち味と言える。

    楠見和也は品川署の刑事。張り込みでチームの二人が犯人に踏み込む間、逃亡を阻止する監視役。、そこに犯人である元刑事の現私立探偵の甲斐清二が逃げ出す。それを追う楠見和也は、甲斐を偶然撃ち殺してしまう。
    楠見和也の弟である太一は、タイヤメーカーに勤めていたが、リストラされて職探しの日々。

    彼が以前に買ったマンションに和也と太一は住んでいるが、そこに突然、彼ら兄弟の腹違いの妹と称する可愛らしい宮前麻美が訪ねてくる。どうも和也と太一の父、楠見誠が広島から東京出張の時に、水商売をやっていた宮前悦子と知り合い、麻美が生まれたらしい。

    以前から起きていた連続銀行強盗事件に関連して、彼ら兄弟は巻き込まれて、偶然次の事件現場を知り、事件解決に一肌脱ぐが、その過程で、和也は隠していた甲斐清二を撃ち殺したことを告白する。

  • どういう展開になっていくのか全部つながっているんだろうなぁと予想しながら読むのが楽しかったです。
    エピローグできちんと答え教えてもらってスッキリしました。

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1975年、静岡県生まれ。武蔵大学人文学部卒業。2010年『再会』で第56回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。著作として、フジテレビ系連続ドラマ「ルパンの娘」原作の『ルパンの娘』『ルパンの帰還』『ホームズの娘』、TBS系連続ドラマ「キワドい2人」原作の『K2 池袋署刑事課 神崎・黒木』をはじめ、『グッバイ・ヒーロー』『チェインギャングは忘れない』『沈黙のエール』『スマイルメイカー』(以上、講談社文庫)、『炎上チャンピオン』『ピエロがいる街』『仮面の君に告ぐ』『誘拐屋のエチケット』『帰ってきたK2 池袋署刑事課 神崎・黒木』(以上、講談社)、『偽りのシスター』(幻冬舎文庫)、『マシュマロ・ナイン』(角川文庫)、『いのちの人形』(KADOKAWA)、『彼女たちの犯罪』(幻冬舎)、『アカツキのGメン』(双葉文庫)がある。 


「2020年 『ルパンの星』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横関大の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

偽りのシスターを本棚に登録しているひと

ツイートする
×