先生と私

著者 :
  • 幻冬舎
4.38
  • (24)
  • (14)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 139
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344025196

作品紹介・あらすじ

誕生から高校入学までの15年間、両親・伯父・副塾長・牧師…多大な影響を与えた先生たち。知の"巨星"の思想と行動の原点を描いた自伝ノンフィクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 佐藤さんの高校受験を含めた中学校時代の話。

    自分がどう生きるべきか考えるきっかけを作った本です。

    自分が読んでる佐藤さんの小説の中で一番おもしろかったです。

  • 怪人・佐藤優氏はどんな子ども時代を過ごしたのか。まず過去をこんなに詳細に語れるその記憶力に驚き、そしてその知的好奇心の強さに驚く…。ご両親だけでなく、家庭の外にもよい導き手が複数いらしたことは、佐藤優氏が元々もつ強さが引き寄せたものなのだろう。
    学ぶということを教わることができた。

  • 佐藤優氏の卓越した記憶力はいったいどのように培われたのだろうか?常々、不思議に思っていたが、中学時代に受験勉強の枠を超えた「知の技術」を指南してくれる塾の先生たちと巡り会えた幸運は否定できまい。
    それだけでなく、電気技術師の父、沖縄出身の敬虔なプロテスタントの母、日曜の教会で英語を教えてくれる牧師などなど、大切な思春期に人生のあり方のヒントを与えてくれる大人に恵まれたこと。そして、何より好奇心・探究心が旺盛で、本当の意味での「勉強」(自分の頭で考える)訓練を自らできる力があったことが大きい。
    また、人一倍正義感が強いが、狡猾さも持ち合わせ、そうした自分の弱さも本書では、きちんと記しており、佐藤少年が青春時代、何を思い悩み、何を考えていたかを知れ面白い。
    浦和高校・同志社大学時代を綴った「私のマルクス」も楽しめたが、本書も当時の会話を、まるで昨日のことのように再現する手法で一気に読ませる。

  • セールで購入。佐藤さんの中学生時代はすごい。今の中学生はこんな話をしないだろう。私も中学生の時トルストイは読んだけど、ドストエフスキーは無理だった記憶が…。

  • 2014 12/7

  • 佐藤優が素晴らしい大人に囲まれて育ったことがよく分かった。自分を振り返ってみて、また自分の子供について、いろいろと考えさせれるところが多かった。「読書というのは、他人の頭で考えることだ。それだから、気をつけないと本ばかり読んで物知りになっても。人生はまったく豊かにならない。」、その通りですね、耳が痛いです。

  • 団地暮らしの普通の家庭に生まれた少年の知への欲望と探究心が瑞々しく、面白い少年小説になっている。ちょっと優等生過ぎて、親や教師への反発がないので、ここまでは反抗期というものがなかったのか?というのが疑問ではある。特に通ってる中学の話が殆ど出てこないというのが不思議で、どのような学校生活を送っていたのか?が謎である。生活は塾中心で15時までは適当にやり過ごしていたのだろうか?また、埼玉の男女別学システムは男女間のライバル心が生まれない(互いの成績を意識せずに本音で話せる)というのは興味深い点であり、この独特の教育システムが中学生活に与える影響についてはもっと考察されてもいいような気がした。(思い返すと、浦和、川越、春日部、熊谷出身は概ね面白い男が多かったような記憶があるし)
    自分の15歳までと重ね合わせて読んだが、早熟なようで井上陽水が理解できない等々のアンバランスもあるし、高校受験には結構苦労したようなので、勉強家ではあるが要領はあまりよくないのかな?という一面もあり興味深い。基本的に頭が固く頑固なのだろうと思う。反面、従順さと人の懐に入り込んでいく度胸も兼ね備えており、その辺に「人たらし」の片鱗も垣間見える。50過ぎてから中学時代を思い返して書いているので、思考は整理されているし当時の感覚そのままではないのだろうし、多少は割り引いて読む必要はあるかな?って気もするけど。
    佐藤氏のようにたくましく生きるための教訓は、塾でオモシロイ先生に出会え、公立高校へ行け、大学受験をしろ。(できれば教会に通え?)って事なんだろうが、概ね正しいような気はする。あとは両極端な父母の影響も大きい。教育とは何か?考えさせられる内容。

  • 著者と同じ時期に、同じ埼玉で、共通点の多い環境で中高時代を過ごした私には大変思い出深い話であった。評価にはその懐かしさが含まれている。
    私は別の学習塾の生徒であったが、同じような議論が講師間で繰り広げられ、そして同じように分裂した。
    ある生き方に疑いをもち、議論があり、そして信ずる道を歩むことができた良い時代であった。

  • 著者の中学時代をメインにした自伝。
    十代の頃に出会った大人たちからもらった様々なことが綴られていて、それらがとても刺激的。
    はっきり言ってこんな中学生は生意気だと思いますが、それも十代の特権でしょう。十代はもっともっと生意気でいい。大事なことは、自分が大人になったときに何を子どもたちに返すことができるのか。
    そんなことを考えさせられました。

    お言葉は著者が父からもらった言葉。
    ▲優君も大学に行くと、いろいろな偉い先生の話を聞くことになると思う。理科系の先生だったら、専門の話をそのまんま聞いていればいい。ただし、政治に関する話は、偉い先生が言っているからということで、そのまま信じたらダメだ。必ず自分の頭で考えることだ。そして、お母さんを悲しませることがないようにすることだ▲

  • 同世代。昔を思い出しながら。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家・元外務省主任分析官。1960年東京都生まれ。85年同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア連邦日本国大使館勤務等を経て、本省国際情報局分析第一課主任分析官として、対露外交の最前線で活躍。2002年背任と偽計業務妨害罪容疑で東京地検特捜部に逮捕され、512日間勾留される。09年、最高裁で上告棄却、有罪が確定し外務省を失職。05年発表の『国家の罠』で第59回毎日出版文化賞特別賞を受賞。翌06年には『自壊する帝国』で第5回新潮ドキュメント賞、第38回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。

「2018年 『宗教と生命 シリーズ:激動する世界と宗教』 で使われていた紹介文から引用しています。」

先生と私のその他の作品

佐藤優の作品

先生と私を本棚に登録しているひと

ツイートする