仮面同窓会

著者 : 雫井脩介
  • 幻冬舎 (2014年3月20日発売)
2.75
  • (10)
  • (57)
  • (167)
  • (110)
  • (30)
  • 本棚登録 :807
  • レビュー :159
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344025479

作品紹介

高校の同窓会で、久しぶりに再会した旧友4人。かつて生徒を囚人扱いしていた教師・樫村の変わらぬ姿を見た彼らは、恨みを晴らそうと仕返しを計画。予定通り、暴行して置き去りにするも、翌日なぜか樫村は暴行現場から2km離れた溜め池で溺死体となって発見された。いったいなぜ?そして、4人のうち誰が彼を殺害したのか?それぞれが疑心暗鬼に陥る中、新たな犠牲者を出した殺人事件が、高校時代の衝撃的な秘密を浮き彫りにさせる。過去と決別できない者たちを巧妙に追い詰めていく悪魔の正体とは?

仮面同窓会の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み進めながら不思議な事が多い内容。
    犯人も気になるし、そっちも気になるし・・・
    で、どんどん読むのが止まらなくなった。
    主人公洋輔も結果、「鉄の結束」に逃れられなくなるのか。
    秘密って共有しない方がいいよね。

  • 設定は面白くて、続きが気になりさくさく読み進めたが、佳境に入って、無理矢理感満載でシラケた。なんだこれ?な展開で残念でした。

  • 設定が強引すぎて、しかもその理由を文章で説明しちゃうから余計にシラケると言うか。
    これは伏線ですよーと言わんばかりというか。
    それでも最初はシリアスに読んでましたが後半に「はぁ?」みたいな展開に。
    イヤイヤイヤイヤって思いながら読みました。
    流行のイヤミスをやってみたかったのかな?
    読後も嫌な後味で終わってます。
    全体的に浅いイメージ。
    文章力も浅い。
    発想は悪くはなかったと思うけどまとめ方が好みじゃなかったので★2
    「犯人に告ぐ」がとても好きなだけに、ちょっと厳しめの判定です(汗)

  • 高校時代、主人公・洋輔は教師・樫村による屈辱的なパワハラを受けていた。
    10年後の同窓会で樫村を見つけ、あの頃の恨みが蘇り
    同じ扱いを受けていたかつての友人4人と復讐を企て実行。
    しかし数日後、樫村は復讐がされた場所と違う場所で遺体で発見される。
    あの日、彼らは樫村を拉致し復讐したあとその場所に放置していた。
    犯人はこの4人の中にいるのか、それとも他にこのことを知った第3者の犯行か。
    互いに疑心暗鬼になっていると、さらに第2の事件が起きる…。

    これイヤミスだったんですね。
    途中まではシリアスだったのに、後半あの人の出現によりガラッと雰囲気が変わり一気にしらけました。
    これまで丁寧に慎重に積み上げてきたものが台無しです…。
    慎重に伏線を逃さないように読んでいたけど、後半は悪い意味でサクサク。一気読み。
    作者も書くのに飽きてきたのか、疲れたのか、はたまたどうでもよくなってきたのか(汗)
    確かに意外な結末ではあったけど、読後感はよろしくありません。

    美郷さまって。。。キャラ崩壊しすぎだよ。。。(涙)

  • 高校の同窓会で再会した友人たち4人が、悪ふざけの延長で、恨みを持っていた当時の生活指導の体育教師を拉致する計画を立て実行した。
    しかし、彼らの悪事の後に、その元教師が遺体で見つかる。
    犯人はグループの中にいると、仲間を疑い始める主人公。
    やがて、謎を追求していくうちに、7年前のある事件が鍵となっていたことが分かってくる。 

    う~~ん、なんだったんのでしょう。
    途中まで、面白くて、夢中で読みました。
    でも、犯人が判明したあたりから、ものすごい違和感を感じ、結果、最後には、あれれと言う失速感。
    伏線が散りばめられていたので、もっと違った展開を想像していました、そこ?な感じでした。兄えもんって。

    そうは言っても、途中までのストーリーは面白かったので、☆3つで。

  • 読んでいる時はまあまあ面白くすぐに読み終えたんですが、読み終わったらすごくチグハグで何だったんだ?って印象をもちました。
    シリアスな内容なのに、途中からちゃかしたように軽いノリの部分があったからと結末があまりにあまりだったからです。
    これで文章がもっとひどかったら最後まで読めたもんじゃなかったろうな~と思います。

    高校時代に自分たちに屈辱的なしごきをした教師を拉致する、という計画を企てた男4人組。
    定年退職し、老人になった教師を計画通り拉致し、自分たちが受けたしごきを教師に強制させた4人だったが、後日、拉致した場所に放置したままの教師が別の場所で亡くなっていたという事を知る。
    あの場所で教師に暴行をしたと知るのは仲間4人だけのはず。
    4人はお互いに仲間の内の誰かが教師を殺したのだと疑心暗鬼になっていく。
    その内、4人はお互いに知らなかった当時の真相を知る事になる。

    タイトルの「仮面同窓会」は仮面をつけて教師を拉致暴行したからだけでなく、高校時代にお互いを知っていたと思っていた4人が実は何も知らなかった・・・仮面をつけてつきあっていたというのを知るというのにちなんでいるようです。
    それにしても彼らの行為・・・酷いしごきを受けたからって卒業して何年もしてこんな幼稚な事するかな?と思うし、4人の内の一人である主人公の兄のエピソードも何か子供っぽくて現実味がない感じ。
    正直、真相を知った後は白けてしまいましたが、それなりに読める本です。

  • うわーー、後味が悪い。。。

    仮面をつけた同窓会で殺人事件とか、
    心に仮面をかぶって相手を騙したりとか、
    求めていたのはわりとそういうものだったんだけど、

    まさかの主人公の二重人格疑惑。
    これはいい、話の展開でトリックにもなりうる。
    昔の事件の真相に迫っていくのも臨場感あって良かった。

    でも、最後が。
    最後が、積み上げたもん、全部壊しに来た。。。
    非常に現実的だったけど、ここまでのリアルさを小説には求めてなかった、な…。

  • いたなぁ、こういう教師。
    暴力的ですごい上から目線で、
    肩で風切る生活指導の先生。
    何かされたわけではないけれど、大嫌いだった。
    何年か前にテレビでみて、
    「なにいい人ぶってんだよ!」と思ったものだ。
    長男はこういう教師が映像でも文章でも
    大体、竹刀もって歩いてるのが嫌らしい。
    そりゃそうだ、剣道する人は竹刀をそんなことには使わない。

    で、この話。

    高校時代の生活指導の教師に仕返しをする。
    廃工場に置き去りにした教師は
    遺体となって、別の場所で発見される。
    一体誰が。。。。探り合うかつての仲間達。
    と、結構、一気に読み進めたのだけれど、
    ラストがいけません。この終わりは、後味が悪すぎます。

  • 少し前に図書館で借りたときは、時間がなく最初の部分しか読めず。途中で返却したことが気になり再度読むことに。
    が、最初の部分で「おもしろくなさそう」と感じたのは間違いではなかったみたい。タイトルには、そそられたんだけどなぁ。
    他人のことが許せないとか、憎らしいとか思ってもこの結末はないでぇ〜。方法が間違ってるよ。

  • 読み進めるにつれてだんだん面白くなくなっていった。
    すべてが明らかになってからはキャラの陳腐さにガッカリ。

全159件中 1 - 10件を表示

仮面同窓会のその他の作品

雫井脩介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
雫井 脩介
湊 かなえ
米澤 穂信
恩田 陸
朝井 リョウ
道尾 秀介
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
湊 かなえ
三浦 しをん
宮部 みゆき
奥田 英朗
東野 圭吾
道尾 秀介
雫井 脩介
誉田 哲也
吉田 修一
長岡 弘樹
有効な右矢印 無効な右矢印

仮面同窓会を本棚に登録しているひと

ツイートする