海洋地球研究船「みらい」とっておきの空と海

制作 : 構成・文 ネイチャープロ編集室 
  • 幻冬舎 (2014年6月12日発売)
4.00
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344025882

作品紹介

海の波がなくなる赤道直下、雨と晴れの境目、オーロラが踊る北極の海、南極にそびえるアイスブルーの氷山-研究者だけに許された地球極限、奇跡の絶景。死ぬまでに絶対に見たい!自然がつくる芸術。

海洋地球研究船「みらい」とっておきの空と海の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 空に架かる七色のアーチを見たのが初めてであれば、

    (あれは渡れる。)
    と、カン違いしてたっておかしくは無いはず。

    やがて、本なり、先生なりが
    「いや、あの正体は光の原子が…屈折して…」
      ↑
    (今も、曖昧…^^;)

    正体を明かしてくれるので、「ふ~ん」
    と、知る事になる。ただそれだけ。

    私は
    南極の空を見たのは初めてだ。
    天に向かって行く雲は、
    きっとよじ登れるであろうし、
    波の無い鏡の海には、おそらく真実の姿が映るのだ♪

    空も海も自分以外、朝焼けに全てが包まれている瞬間には、<死>すら近づけない畏怖感がある。

    観測船で、この雄大な景色を撮影している研究者達は、
    残念ながら(それは違う)事を証明しようと、頑張ってお仕事をしてる人達。

    でも、真実を知る前の少しの間、
    この雄大な景色のなかで遊びたいし、眠りたいし、触れてみたい。

    そう、思いながらシャッターを切っていたんじゃないだろうか?
    …と、私は推測しているのであるが♪

  • 献本でいただいた一冊。

    表紙の、空と海が織りなす青の世界に、まずは引き込まれました。
    撮影したのは研究船「みらい」の乗り込んでいる3名の研究者。

    熱帯から北極、そして南極へ、文字通り、
    地球を股にかけた航海の中で撮り溜めた写真となります。

    普通では絶対に見ることができない、空と海、
    そしてその境目から立ち上る色彩の美しさ。

    波の無い“鏡の海”、天使の梯子、緑の太陽、
    ブルーモメント、オーロラ、流氷、深夜の夕焼け、、

    “地球”という存在の大きさと、美しさ、
    悠久の時を経て浮かび上がってくる、その景観たち。

    こんな景色に出会うために、研究者になる
    それもまたロマンでしょうか、なんて。

    面白いのは、写真とにワンポイント解説がある点、
    変に小難しくなく、非常にわかりやすい内容となっています。

    研究の成果を“普遍的な言葉”で伝える、
    これもまた研究の社会的使命の一つでしょう。

    それができないのであれば“研究”をしているとは言えない、
    職業柄、そんな風にも感じることも増えています。

    子どもにも“自然と”手に取ってもらいたいな、と思います。
    ん、『宇宙飛行』と並べて本棚に並べておきたいと思います。

  • 熱帯、北極海、南極海の写真集。バイ観測船みらい。

  • 「地球が魅せる空と海、そして時空のイリュージョン。」

     北極圏から赤道直下、そして南極圏まで、海洋地球研究船「みらい」が見た空と海のとっておきの表情を収める写真集。地球の「生態」を空と海から探るその研究の最前線よりのリポートも収録。

     波もうねりもなくただ真っ青な空を映して眼前に静かに広がる熱帯の「鏡の海」。
    太陽が昇る瞬間や沈む瞬間、水平線上に幻想的な緑色の光を放つ「グリーンフラッシュ」。この光を見ると幸せになるのだそうだが、世界中でいったい何人の人がこの幸福の光を見られるのだろう。

     北極圏に船を進めれば、やはり心を奪われるのは「オーロラ」だ。周りに遮るものが何も無い海上で船がオーロラの真下に入る(!)と「天から降り注ぐように揺らめ」くのだという。天の宮殿のカーテンの、なんと壮大で幻想的なことか。

     北極圏とは北緯66度33分以北を呼ぶのだそうだが、地図上ではロシアアメリカ国境のベーリング海峡から北のエリアのこと。この現実離れした世界が、日本から見ると距離的には実はハワイへ行くより近いというのは新鮮な驚き。

     一方南極圏では、大陸のある南極ならではの巨大な氷山の存在が、極寒の海に変化に富んだ険しい表情を生む。何千年もかけて南極大陸に降り積もった雪が、自らの重みで海にせり出し、その先端が海に崩れ落ちたものが氷山になるのだそうだ。

     壮大なスケールの氷山の様々な造形は、あたかも巨大な石膏に地球という職人が大鉈をふるって形作った美術品のよう。その白一色と灰色の空と海の世界に時折、青い光以外をすべて吸収してしまう高密度の氷が生む「アイスブルー」が彩りを見せる。

     海洋地球研究船「みらい」は地球の特性である「空と海」つまり「大気と水」を手がかりとして、北極から南極まで地球の今を観測し注視する、いわば地球の健康を管理するドクターとしての役割を担っていることがわかる。本書はそんな「みらい」だからこそ眼にできる得がたい地球の表情のお裾分けにあずかれる写真集となっている。

     ちなみに個人的に最もツボだったのは、青い海に2つの島が重なって写っている一枚。おそらく本写真集では最も何の変哲も無い写真だ。実はこの写真、ベーリング海峡のど真ん中にある双子のダイオミード島。手前の島がアメリカ領で、奥の島がロシア領、2つの島の間には国境と日付変更線が通っている。

     つまりこの一枚には地球の「昨日」と「明日」が同時に写っていることになる。2島間の距離はわずか3.7Kmで、冬は凍結し歩いて渡れるそうだ。ロシアからアメリカ、そして昨日から明日へ、まさに時空のイリュージョンだ。

  • 幾度も研究船「みらい」で長期航海を体験した研究者の3人が、普通の人ではまず体験することのできない熱帯や南極、北極の海上で、本職の研究の傍ら、信じられないような絶景写真を撮りためていた。

    それが、一冊の素晴らしい写真本に仕上がった。

     目を疑うような絶景の一つ一つに目を奪われるのはもちろんのこと、写真に添えられた一線の研究者によるワンポイント解説も、巻末の、研究現場の説明(大事件にも遭遇している!)や地球科学入門のページもわかりやすく、科学に親しみを感じさせられるものになっている。そして、価格も1,400円(+税)とお手頃。たくさんの人に手に取って欲しい本です。

全6件中 1 - 6件を表示

海洋地球研究船「みらい」とっておきの空と海のその他の作品

柏野祐二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
百田 尚樹
ピーピーエス通信...
いとう せいこう
辻村 深月
クラフト・エヴィ...
桜木 紫乃
クラフト・エヴィ...
辻村 深月
三浦 しをん
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

海洋地球研究船「みらい」とっておきの空と海はこんな本です

ツイートする