へぐりさんちは猫の家

著者 :
  • 幻冬舎
3.86
  • (4)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344025936

作品紹介・あらすじ

猫道、キャットツリー、爪とぎ柱、ジグザグのキャットウォーク、猫窓、20cm×20cmの穴、水飲み場、トイレ…。猫の気持ちになってつくったら、こういう家になりました。猫も犬の人も、結構みんな、気に入ってくれているようです-。猫の気持ちがよくわかるオールカラーフォトエッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一級建築士である著者が手がけた、ペット共生住宅を紹介したフォトエッセイ。写真がメインで文章はあまりなかったので、ちょっとびっくりしました。人と猫と犬が住むためのお家なので、実際に知識として役に立つかは読む人次第…なのではないかと思うのですが、新しくキレイで猫との共生のための設備のあるお家をながめるのは思ったよりも楽しかったです。

  • 図書館

    家の中に猫専用の「猫道」なるキャットタワーや、キャットウォークに圧巻。
    リビング、ダイニングがない代わりに各自の部屋が広目という間取り。
    猫は猫道を通って、それらの部屋を訪れることも出来るらしく、
    猫好としては想像するとワクワクするようなお家が紹介された本でした。

  • 猫好きの、猫と暮らす家の工夫を書いた本。
    著者は、一級建築士で一級愛玩動物飼育士。

    猫15匹、犬5匹、人間3人が暮らす夢のような家。
    活発な若い猫の好奇心を満たし、シニア猫のプライドを気遣う工夫が素晴らしい。
    「決してシニア猫が自分の行動を途中であきらめないで、時々は若い猫を見下ろせるような場所にまで行けるように」
    大切な気遣いですね。
    作り付けのキャットツリーも、キャットウォークも、爪とぎ柱も、ポタポタ水が垂れる給水所も、素晴らしい!
    そして、写真もイイです!

  • ちなつの写真が可愛い。
    15匹の猫と私も住みたい。

  • とある猫(や犬)と暮らす家のおはなし。いつか自分で家を建てる機会があれば、参考にしたいな、と思いつつ、憧れの眼差しで眺めるための本です。全体的に装丁が可愛らしいのですが、本文の色文字が読みにくいページがあったのが残念でした(歳かな…)

  • 軽いフォトエッセイかと思ったら実用的な情報量が多くてびっくり。
    ペットとの共生のためのノウハウ本でもあり、優れた文明時評書でもあり、でも一番自分の中で高評価なのは、写真集として、です。

  • このお宅の見学会はないのかな?

全7件中 1 - 7件を表示

へぐりさんちは猫の家のその他の作品

へぐりさんちは猫の家 Kindle版 へぐりさんちは猫の家 廣瀬慶二

廣瀬慶二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
坂本 美雨
美奈子 アルケト...
蜂飼 耳
ジャクソン・ギャ...
ねこシネマ研究会
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする