明日の子供たち

著者 :
  • 幻冬舎
4.08
  • (532)
  • (710)
  • (318)
  • (35)
  • (3)
本棚登録 : 4583
レビュー : 651
  • Amazon.co.jp ・本 (407ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344026148

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 児童養護施設をテーマにした作品で、男女職員二人と入居の高校生二人がメイン、それに養護施設の施設長、副施設長、模範的先輩職員が絡む。実態、問題点など教えられる部分は多いが・・どうも有川作品として違和感があった。テーマがやや重い為にユーモア、ほのぼの、恋愛要素が少ない点もあり、また主要人物が限られた設定の中での主張となり、問題としては人の範囲が狭い気もする。ラスト近くは、かなりくどく・・2度目は強調になるが。それ以上は・・またかとなる。しかし、早い時期にドラマ化されるだろうなぁ。配役が楽しみ(笑)

  • 有川さんらしい本。
    やはり読みやすい文章でスラスラ読めた。
    有川さんの本には、いつもピュアな心の持ち主がでてくるから読んでる方も気持ちよく読める気がする。


    以下、心に残ったワード

    施設の子供たちは、将来を考えることが苦手な子が多い。
    福原施設長
    「聞き分けのいい子供っていうのがそもそも不自然なんです。職員にとってはありがたいから、ついついそれをあるべき姿としてしまいますけれどね」
    梨田副施設長
    「しかし、子供の反抗を認めてしまっては施設の秩序が崩壊します」
    福原施設長
    「反抗なんて大仰な言葉を使っちゃいけません。せいぜいがとこ、口答えですよ。梨田先生のお子さんもたくさん口答えなさるでしょう。施設の子も同じですよ。お友達のおうちのほうがお小遣いが多いと文句を言われることなんかよくあることですから、いちいち取り合わなくていいんですよ」

    猪俣「子供が問題行動を起こすときは、何らかの理屈があるはずです。それを探り出せてないことが問題なんです。子供の資質のせいにするべきじゃありません」
    福原「きっと、何でもいいのよ。楽しく読んだものは、全部自分の糧になるわ。」

  • 適切な距離感、を感じる作品だった。

    施設にいることがかわいそうと感じるけどそれを口にしてはいけないんだろうな、と思う私がこの作品に引け目なく読めるだろうか、と思ったけど最初にそんなひとが多いことを見越してそのテーマをいきなり持ってきてくれたから、先がすっと入ってきた。主人公はいるけど、語り手は必ずしも一人ではなくて、いろんな視点から語ることがなおのこと良かった。

    あとは、暮らしている今だけでなく施設を出た後、将来のことに視点が当たってるのも良かったと思う。高校受からなかったら施設にいることができないとか衝撃。高校生でその先頼る場所がないってのも結構きついと思ったけどひとによっては中卒。

    有川さんに本当に手紙が届いたのかな?でもそうだとしたら送った当事者はナイスチョイスだ!

  • 有川浩にしては甘すぎない一冊。
    児童養護施設の話であり、そこに通う子どもたちのことを考えさせられたのはもちろんだが、「優しさ」の形も色々気になった。

    声をかける優しさ、
    一人にして上げる優しさ、
    ぶつかっていく優しさ、
    求めるものを上げる優しさ、
    何もしない優しさ。

    もっと沢山のいろんな形の優しさが
    この本にも、世界にも、あふれている。

  • 楽しく読めました。
    有川浩さんの作品は、気持ちよく読める。

    一番印象に残ったのは、園長先生が本を読むことの大切さを児童に伝えてるところ。
    人生は一回しかないけど、本を読めばそれだけ違った人になれた感覚をもてるってところ。

    本は好きだし、なんで読んでるか深く考えなかったけど、やはり想像することが楽しいんだろうな。
    読んだ本を共感する仲間がいるともっと最高。

    それと同時に児童養護施設のことも勉強になることがいいよね。
    無知だと偏見としてみてしまうけど、知るためのきっかけを作れる作家の影響力すごいな。
    最後の作家への依頼は本当に児童養護施設の人から依頼があったのだろうか。
    そうだとすると素敵な話です。

  • 有川浩の名前につられて読みましたが、今までの作品とはちょっと違いました。
    最後は甘々な恋愛小説っぽかったですが…(*^m^*)

    児童養護施設「あしたの家」の職員と子供たちのお話です。
    (この子供という表記にはひっかかりましたが…)
    この本を読むことで、児童養護施設のことを少しは理解できました。
    そして誤解をしていたことにも気づけました。

    作品の中で、「かわいそうと思われたくない」と子供が反発します。
    わかっていても、つい「かわいそう」と思ってしまう自分がいます。
    そういう気持ちがあっては福祉の仕事は向かないと、諦めたこともありました。

    新任の三田村慎平は、そこで諦めず、「俺だったら」と考え行動し、子供たちに寄り添っていきます。

    最後まで一気に読ませる、読み応えのある作品でした。

  • さすが有川さん。泣けました! また,児童養護施設の子供たちの気持ちがよくわかりました。

  • 本文終わってすぐの奥付を見てはっとさせられた。
    その一文を見てから読み返すと、この本のメッセージをあらためて強く感じる。

    図書館戦争や空飛ぶ広報室のような基本的にはフィクションだけれど、
    根底にある社会的な難しい問題を読みやすく描き出している有川先生だからこその一冊だと思った。

    きっと彼女もそれを感じたから依頼をしたのだと思う。

  • 最近の有川浩さんの小説は
    すごくよく取材をされてるなぁ、
    というのをこの本でも最初に感じた。

    テーマは決して気軽なものではないけれど、
    暗いという雰囲気でもない。
    登場人物、特に三田村の明るさのおかげだと思う。

    児童養護施設は普段縁がないし、
    もちろんこの小説に書かれていることがすべてでは
    ないと思う。

    でも、そういう子供たちがいるということ、
    施設が子供たちを救いになっているということ、
    不自由はあるけど、単にかわいそう、
    というのはちょっとちがうということ、
    そういうことを教えてくれた本。

    有川浩さんの小説は、最近勉強になるテーマが多い。
    次の作品も楽しみです。

  • 児童養護施設のことを真剣に考えたことがそもそもなかったので、
    勉強になるとか、考えが変わったっていうよりも、
    無知なことに反省した。
    自分の生きてきた「普通」が当たり前じゃないことも再確認できた。
    施設で育つ子の実際がどうなのかはわからないし、
    カナちゃんみたいな子ばかりじゃないと思うけど、
    彼・彼女たちの未来が明るいものであってほしいし、
    明るくしてくれる日本であってほしいな。
    有川さんの小説は、今まで知らなかった世界を
    いろんな角度から書いているので、ホントに勉強になる。
    これも映像化するのかな??

全651件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

有川 浩(ありかわ ひろ)
1972年高知県生まれ。PN由来として、「有川」は書店に本が並んだ時に「あ」から始まる名前として、著者五十音順で棚の最初のほうにくるから。「浩」は本名から。
2003年『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞。2006年『図書館戦争』で「本の雑誌」が選ぶ2006年上半期エンターテインメントで第1位を獲得し、さらに2008年には同シリーズで第39回星雲賞日本長編作品部門を受賞。映画化もされた代表作となる。
『植物図鑑』で第1回ブクログ大賞小説部門大賞、『キケン』で第2回ブクログ大賞小説部門大賞を2年連続で受賞。2011年には『県庁おもてなし課』で「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2011」で総合1位と恋愛小説1位、第3回ブクログ大賞小説部門大賞を3年連続で受賞。2012年『空飛ぶ広報室』が「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2012」で小説部門第1位。
その他、ドラマ化作『フリーター、家を買う。』、映画化された『阪急電車』『県庁おもてなし課』『植物図鑑』などが代表作。

有川浩の作品

ツイートする