アイネクライネナハトムジーク

著者 :
  • 幻冬舎
3.91
  • (484)
  • (956)
  • (525)
  • (59)
  • (11)
本棚登録 : 5964
レビュー : 812
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344026292

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全く無関係のようで実はどこかで繋がっていた。ああ、この人がそうだったのねと納得しながらページを進めました。こういう構成の物語は大好き。

  • いつもの、伊坂幸太郎の、登場人物がちょっとずつ交差して繋がっていくストーリー。
    いつもの伊坂幸太郎と違うのは、恋愛にまつわるストーリーってとこ。
    この人の本を読むと、人生は自分が思うよりももっとずっと人との縁に包まれたものなのかもしれない…と感じてしまう。

  • 斉藤和義×伊坂幸太郎。

    斉藤和義さん、数曲しか知らないのですが「斉藤さん」いいなぁ。

    伊坂さんらしい王道の感じ。

  • 伊坂氏による連作短編集。
    伊坂小説にしては珍しく、泥棒や殺し屋といった物騒な輩たちが出てこない。登場人物たちは、サラリーマン、美容師、高校生、化粧品メーカーのOL、ファミレスのアルバイト店員…など、ごく普通。(ボクシングの世界チャンピオンくらいかな、ちょっと特殊なのは)
    そして繰り広げられる、ちょっとクスッとしてしまう言葉の応酬。憎めないキャラクターたち。
    今回は、ちょっとした恋愛模様も特徴である。甘酸っぱさも有り。(でも性描写を絶対に描かないのは伊坂氏のこだわりでもあるね)
    面白かった!夢中になって読んでしまった。人物相関図を自分で描きたくなったくらい。次々とつながっていく物語が実に爽快。
    しかし藤間さんの通帳記入と、課長のミッキーの教訓、化粧品メーカーのプレゼン結果は知りたかったな。伊坂さんはちょい見せが好きだからな。。

  • 伊坂幸太郎さん・・踏みとどまる???
     
    正直に言うと・・
    俺は伊坂さんの作品が苦手だ・・。

    前回も【キャプテンサンダーボルト】を途中で読むの止めた位・・。
     
    でもね?
    本作はおもろかったなぁ(^_-)-☆
     
    短編六篇(①~⑥までに七年かかってる!)て知らなかったのですが、リズム良く読めました。
    (*映画でも小説でも・・伊坂さん独特の導入部や伏線がどうも苦手でしたが・・
    本作みたいな仕立てだと、伊坂素人の俺でもイケました。)

    この作品でハマらなかったら・・
    もう金輪際伊坂作品は読まない!て思ってたんだけど・・
    踏みとどまりましたね!伊坂さん(笑・・なぜに上から目線?)!
     
    女性作家ばかりが好きな俺ですが・・
    また機会が有れば、伊坂さんに挑戦したく思います。
    伊坂素人卒業が目標だな(´・ω・`)
     
     
    本作・・オススメします ^^) _旦~~
     

  • いろんな人の人生が重なり合っていて、なんだか面白い

  • ☆4.5くらい
    キャラクターがそこらにいそうでいて、個性あるところが魅力的ですね!伊坂幸太郎の作品は何作かしか読んだことがないですが、感慨深く、その人の人生や思いが表れる、そういう会話がいいなと思います。
    恋愛系は珍しいと聞きましたが、恋愛テーマだといっそうに会話(意思疎通)でその魅力が活かされてるなと感じました!
    伊坂幸太郎一作目でこの本を読んでたら、きっと恋愛系多いのかな〜、と思ったんじゃないかな。

    アンネクライネナハトムジーク、小夜曲。
    そして斉藤さん(斉藤和義さん)の歌と…いいですね。斉藤さんに会ってみたい…

    それから友人に借りた本なのですが、返すとき「おかえり」って本に言っていて、その気持ち、なんとなく分かるなと思いました。
    そういう暖かい本だと思う。

  • 私はあまり、
    同じ本を2回読むことはないのですが、
    これは何度でも読んでしまいます。
    伊坂幸太郎さんの作品が好きで、
    サスペンスも良いのですが
    こういう、恋愛?ものも大好きです。
    登場人物の会話や、伏線回収は
    さすが。って感じ。
    この作品は
    人の出会いや、繋がりが、
    心地よく描かれています。
    クスッとする文が多くて、
    ずっと終わらないでほしい、
    永遠に読んでいたい作品です。

  • 伊坂幸太郎の「らしさ」と「らしくなさ」のどちらも感じ取ることのできる1冊。

    人も死ななければ特殊能力も出てこず、へビーなミステリも存在しない「らしからぬ」日常を切り取った小説ですが、時系列と登場人物を絡めた演出は十分に「らしさ」が溢れた作品です。
    せっかくこの本を読んだし、日常の1ページを「ふーん、こんなもんか」で済まさず、人の地続き感、というか小さな幸福感みたいなものを感じれるようになりたいと思った次第。

    斉藤和義さんと強く関わりのある作品ですので、ファンの方は是非。笑
    個人的には、最近SFとミステリばっかり手を付けていたので、読後感にちょっと物足りなさを感じました。

  • 優しい気持ちになれる、連作短編集。「アイネクライネ」という短編から始まり、次々とつづられる短編作品。微妙に、作品がリンクしながら最終章の「ナハトムジーク」に着地する。いろんな人物関係を詰め込んだ「ナハトムジーク」。楽しい話ばかりでは無いのに、心がなごむ。本編を読んだ後に「あとがき」を読んで作中の人物“斉藤さん”の正体を知る。そうか!彼のことだったのか!凶悪犯も殺人犯も出てこない伊坂作品。疲れた心に染みてくる。

全812件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう)
1971年千葉県生まれの作家。東北大学法学部卒業後、SEとして働きながら文学賞応募し、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞受賞、デビュー作となる。その後作家専業となり、宮城県仙台市に在住しながら執筆を続けている。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、同年『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門、2006年平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。同作で直木賞の選考対象となることを辞退したことも話題になった。上記受賞作のほか、『重力ピエロ』、『バイバイ、ブラックバード』、『アイネクライネナハトムジーク』など話題となる作品は多い。代表作も殆どが映画化されている。最新作に『フーガはユーガ』。

アイネクライネナハトムジークのその他の作品

伊坂幸太郎の作品

ツイートする