毒きのこ 世にもかわいい危険な生きもの

制作 : 新井 文彦  白水 貴  構成・文:ネイチャー&サイエンス 
  • 幻冬舎 (2014年9月19日発売)
4.31
  • (8)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :87
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344026407

作品紹介・あらすじ

食べちゃだめ、触っちゃだめ…色とりどりのフシギな生態43種。

毒きのこ 世にもかわいい危険な生きものの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • え、昔、家族親類総出で秋にきのこ狩りに行って、採って昼は鍋っこでキノコ汁食べていたけど、スギタケやスギヒラタケを食べていただけに、今は毒キノコ指定というのにびっくり!ムラサキシメジだって加熱して食べていたし、知っているキノコでも、結構気安く食べちゃいけないのね。

    ベニテングタケの鮮やかな紅色。ドクツルタケ(殺しの天使)の純白さに魅かれてしまうのはなぜだろう。どちらも猛毒なのにね。きのこの生存戦略かな。

    子供と一緒に楽しめました♪

  •  世の中にはたくさんの毒きのこがあります。きのこ図鑑と言ってもいいほどに、毒きのこの写真とその特徴がかかれています。
     基本、1つのきのこ1ページで構成されていますが、見た目が美しかったり、特色のあるきのこは2ページ見開きでかかれていることも。

     これまでたくさんの毒きのこがあったとは。驚きです。
     また、幻覚作用のあるきのこも結構あるものですね。

     いろいろありすぎて、どれが毒きのこでどれが毒のないきのこなのか見分ける自信が全くありません。素人はきのこ狩りはしちゃダメなんだなとあらためて感じました。

     それにしても、ベニテングダケって見た目すっごくかわいい。
     で、この本をうちの次女みき(仮)と読んだのですが、それ以来みき(仮)が、食べられるきのこも嫌がるようになりました。

  • 表紙の可愛さに惹かれて手に取ったら、毒きのこの本!ありそうでなかったかも知れない…。
    結構グロテスクな“いかにも”なものから、普通に美味しそうなものまで、眺めて楽しめる。

  • 人間にとって毒であっても、きのこはきのこだ。写真も綺麗。
    2018/2/28

  • 凄いきれい。
    で、笑っちゃうキノコの本みつけました。
    全部毒きのこ(笑)
    毒きのこってきれいだし、見栄えするんだよね。
    これ、作りたかったなぁ。
    小学校からいれたい一冊

    単行本: 80ページ
    出版社: 幻冬舎

    2017/11/08 更新

  • 仕事の合間に読もうかな、って目論みは今のところ大成功。

  • 写真や文章からきのこへの愛が滲み出ていました。
    山の緑を背景に写された可愛らしいきのこや不思議な形のきのこ達を眺めているだけでも楽しいです。
    章の間に挟まれたコラムも勉強になります。小林一茶の毒きのこを詠んだ歌がじんわりきます。

  • 学校の図書室にての読了毒きのこの綺麗な写真と共に解説の乗った写真集のような図鑑とても幻想的でミステリアスな謎めいた世界観がありとても面白かったです。それと同時に毒きのこは美しくもあり恐ろしいものなのだと感じ勉強になりました。

  • この本、欲しい!

  • きれいな毒きのこの写真が掲載されている。

    きのこの解説よりも、合間にはさまっているコラムが面白かった。

    きのこはまだわかっていないことが多くて面白いなぁ。

全13件中 1 - 10件を表示

毒きのこ 世にもかわいい危険な生きもののその他の作品

新井文彦の作品

毒きのこ 世にもかわいい危険な生きものはこんな本です

ツイートする