ナオミとカナコ

著者 :
  • 幻冬舎
3.99
  • (289)
  • (472)
  • (207)
  • (38)
  • (6)
本棚登録 : 2295
レビュー : 423
  • Amazon.co.jp ・本 (438ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344026728

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「家庭内暴力、DV。とにかく暴力でもってヒトを支配するのは、あかんなあ」
    という、何やら当たり前のこと。
    「完全犯罪ってむつかしいなあ」
    という、何やら刑事コロンボのような感想と。

    そんなことを感じながらも、この小説は、「…という神無き世の中で、何がモラルだっけ?何が正義だっけ?犯罪ってほんとに罪を犯すことだっけ?」
    と、いう、宗教が崩壊した都会生活には永遠に付きまとう挑戦的な世界観のドキドキなんだよなあ、と思いました。

    そうです。殺人者。ひとごろしが主人公のオハナシです。アラサーの女性ふたりが、ひとを殺します。
    「最悪」「邪魔」「無理」の作者と、「ガール」の作者がぶつかった感じですね。
    必殺仕事人。ゴルゴ13。罪と罰。ニキータ。ウディ・アレンの重罪と軽罪。許されざる者。チャップリンの殺人狂時代。
    このジャンルは確かに、名作揃いですねえ。

    2014年の奥田英朗さんの小説です。



    大学時代の(高校時代のだったかな?)親友だった、アラサーの女性ふたり。ナオミとカナコ。
    ナオミは独身。本当はキュレーターになりたかったけど、デパートの外商部勤務。超・富裕層のお買いものの段取りをするのが仕事。
    カナコは結婚している。旦那の希望で専業主婦。子供はまだいない。

    会う回数こそ減ったけど、ふたりはまだまだ仲良し同士、親友。
    ナオミは仕事について、なんとなく不満がうっすらと溜まっている。濡れた紙が一枚一枚、重なるように。
    お金持ちの相手。富裕層。勝ち組。広がっている格差。
    それを見せつけられる一方で。親友のカナコはなんと、夫の暴力に悩んでいた。
    それを知ってしまったナオミ。
    ここで、どうにも収まらないナオミ。自分の事ではないけど、どうにかしなければ、と身を焼かれるナオミ。
    この辺の描き方が、仕事上の薄い窒息感と相まって、性格付けというか、上手いなあ、と思いました。

    そして、カナコの置かれている、アリ地獄のような夫の暴力との暮らし。
    これはこれで、ぞっとしましたね。怖いですね。
    そして、どうにも身動きできない、心理的な支配感というか。

    そして。

    ごくごく普通の…女性、アラサーのふたり。
    百貨店勤務のサラリーウーマン、そして若い主婦。
    このふたりが、カナコの夫を、殺すんですね。
    このあたり、読んでいて、「うまくやれよお…失敗するなよお…」とハラハラ読んでしまいます。

    そして…完全犯罪と思いきや…
    徐々に…後半は主にカナコの目線で…小さな穴が堤に空いてくる。警察。夫の親戚。捜査。
    崩される策。追い詰められる。迫ってくる逮捕。逃げられるのか。証拠は?どこまでバレてる?

    この後半の、息の詰まる緊張感、凄いですね。

    紙に字が印刷されているだけなのに。こんなに息が苦しくハラハラできるんですね。奥田英朗さん、パチパチ。

    ラスト、逃げ切れるのか?

    奥田さんは、地獄落ちにしたくもないけれど、ファンタジーにしちゃうのも、きっとイヤだったんでしょうね。

    ラスト、ストップモーションのような。

    思わず、映画「明日に向かって撃て!」のような…

    いやでも、内容的には、「俺たちに明日はない」の現代おんなふたり版、なんですけどね。




    いろいろと細部もダレ場なく素敵なんですが。

    ペーパードライバーのナオミが、殺人計画のために運転に挑戦する、その運転と言う行為の恐怖感、どきどき感。上手いなあ、と、感心。
    そして、後半はカオルに迫りくる執念の調べ。真綿で首が絞められるような恐怖。そして「死んで」。

    うーん。

    ちょっと怖かった(怖がりなので)。

    でも、実に面白かったです。

  • 気分が悪くなりそうなくらいハラハラしました(汗)

  • なんとなく吉田修一と同じカテゴリーなのだが、奥田の方が会話とテンポ、人物キャラの細かさは秀でているようだ。ページは圧倒的に軽く、気づかぬうちに畳み掛けられている。

  • 正反対の性格、全く違う生活を送る友人同士
    親友がDVにあっていたら自分なら何が出来るのか
    仕事でも困難に直面し、親友がDVにあう、秘密が暴かれそうになる
    頭がオーバーヒートしそうな局面で、意外に冷静になる2人
    最後までドキドキしながら読みました。

  • 奥田英朗さんは平均打率が高く、基本詰まらない本が無いイメージです。本作もスリリングな展開で、犯罪を犯したはずの2人を応援しながら読んでいるとあっという間に読み終わります。まずDV男が大っ嫌いなので殺害して頂けて非常にすっきり。そしてその後は予想通り夫の足取りを追う警察や家族との手に汗握るやり取りも熱いです。
    最初はいけ好かないと思っていたキャラクターが、重要な味方になる展開も非常に楽しいです。
    一つ残念なのは都合良すぎる展開が続き後半の息切れが感じられる所です。勢いは良いんですよ勢いは。エンターテイメントはリズムが大事ですから、十分に及第点だと思います。名作映画テルマ&ルイーズを思い出しました。

  • DV夫の暴力に逆らえない加奈子。正義感の強い親友、直美は離婚を勧めるが、復讐される事を恐れて離婚に踏み切れない。となれば夫を排除するしかない。二人で用意周到の殺害計画を練るが…。

    前半、ナオミの章は犯行に及ぶまでで、まあ何とか平静で居られた。ところが、後半のカナコの章は、計画が徐々に綻び、二人がジワジワと追い詰められていく展開で、もう読んでて心臓バクバク。ストーリーにはグイグイ引き込まれたけど、こういう展開は苦手。だいいち体に悪い気がする。

  • 面白かったー!
    本読んでハラハラしたの久しぶり。ところどころ突っ込みどころあるけど。これからの生涯を上海で生きていくのは嫌だなあと。

  • ★ページは進む★前半はご都合主義のストーリーだなと思っていたが、後半で追いつめられるための伏線だったことがよく分かる。一気に読めるし、爽快感もある。が、著者のほかの小説と比べるとするっと読めるだけのように感じた。動機のためか。
     そういえばこれはドラマになったんだな。ドラマにするには中国人のキャラも立っていて確かにいいかも。見てはないけれど。

  • 2016年にドラマ化された奥田英朗の原作。

    直美(ドラマでは広末涼子)はデパート外商部のキャリアウーマン。親友の加奈子(内田有紀)はDVに悩む専業主婦。

    ついには共謀して夫殺害し、夫そっくりの不法滞在者の替え玉と、認知症の顧客を使った横領のトリックを仕掛ける。

    しかし夫の妹によりトリックは徐々に崩されていく。果たして2人は逃げきれるのか?

    ドラマと小説ではラストが異なるので、2度楽しめます!

  • かなり出来が悪い

全423件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

おくだ・ひでお
1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライターなどを経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。2002年『邪魔』で大藪春彦賞受賞。2004年『空中ブランコ』で直木賞、2007年『家日和』で柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を受賞。著書に『最悪』、『イン・ザ・プール』、『マドンナ』、『ガール』、『サウスバウンド』、『家日和』、『無理』、『噂の女』、『我が家のヒミツ』、『ナオミとカナコ』、『向田理髪店』『ヴァラエティ』など。映像化作品も多数あり、コミカルな短篇から社会派長編までさまざまな作風で人気を博している。

「2019年 『ヴァラエティ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ナオミとカナコのその他の作品

奥田英朗の作品

ツイートする