ナオミとカナコ

著者 :
  • 幻冬舎
3.99
  • (289)
  • (472)
  • (207)
  • (38)
  • (6)
本棚登録 : 2295
レビュー : 422
  • Amazon.co.jp ・本 (438ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344026728

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いやあ、いくら何でもDV発覚から”排除”までの過程が短かすぎるでしょう。。そういう短絡性なくしてはあり得ないってことなんでしょうけど、それにしても唐突過ぎる。

  • 私が奥田さんに期待しているのはこんな誰にでも書けそうな話ではありません。ちょっと残念。

  • ガッカリ。今時、監視カメラの存在を意識しないということがあるのだろうか。

著者プロフィール

おくだ・ひでお
1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライターなどを経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。2002年『邪魔』で大藪春彦賞受賞。2004年『空中ブランコ』で直木賞、2007年『家日和』で柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を受賞。著書に『最悪』、『イン・ザ・プール』、『マドンナ』、『ガール』、『サウスバウンド』、『家日和』、『無理』、『噂の女』、『我が家のヒミツ』、『ナオミとカナコ』、『向田理髪店』『ヴァラエティ』など。映像化作品も多数あり、コミカルな短篇から社会派長編までさまざまな作風で人気を博している。

「2019年 『ヴァラエティ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ナオミとカナコのその他の作品

奥田英朗の作品

ツイートする