歪んだ蝸牛

著者 :
  • 幻冬舎
3.30
  • (2)
  • (11)
  • (20)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344027558

作品紹介・あらすじ

新東京テレビ制作部に勤務する五味剛は、敏腕テレビマン。彼がプロデューサー兼総合演出を務める『生激撮!その瞬間を見逃すな』は、警察のガサ入れを生放送するという過激な内容が受け、毎回高視聴率を叩き出す大人気看板番組である。ある日五味は、覚せい剤密売犯のガサ入れ現場で偶然映し出された顧客名簿の中に、社内で絶大な権力を振るう編成部長・板橋庄司と思しき人物の名前を発見する-。嫉妬と欲望とプライドが渦まくテレビ業界を描く、衝撃の書き下ろし長編小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 20160731 036

  • 普通では知りえないテレビ業界の内情が描かれていて非常に面白かった。
    しかしながら、警察のがさ入れを突撃捜査として毎週生放送で届けるという番組はちょっと無理があるように思った。

  • こんなことできるのかしら、と楽しく読みました。
    文章が読みやすく、スピード感があります。
    自分の知らない世界での話でしたので、ますます面白かったのだとおもいます。

  • 請求記号: 913.6/Tan
    資料 I D : 50080823
    配架場所: 図書館1階西 学生選書コーナー

  • 田中経一作品初読み。
    面白くないこともないんだけどイマイチ引き込まれないまま終了。
    テレビ界におけるヤラセ問題とインサイダー取引や企業買収といろいろと盛り込みすぎた感じかな。

  • まあ面白かった

  • テレビ界が舞台。
    新東京テレビ制作部の五味剛は職人気質のテレビマン。彼がプロデュースする警察のガサ入れを生放送するという番組は高視聴率を誇っているが、編成サイドとの確執や上層部の動きに巻き込まれていく。
    途中はあまり気分が良い展開ではなかったが、ラストはスッキリした。
    (図書館)

  • テレビ業界のやらせと不正を書いた作品。時事ネタを盛り込んでいるがいかんせん現実ばなれ

  • 経営の明るくないテレビ局が舞台。制作、編成、上層部との間での確執や背任。警察のガサ入れを生放送するという大ヒット番組のなかで、生放送ならではのハプニング満載の制作現場がスリリング。
    紫陽花にのった蝸牛をみたらきっとこの本を思い出すかな…

  • ストーリーは悪くないが、とにかく文章が下手。
    何の抑揚もないし、キャラが全く立ってない。
    いまどき言わないセリフ満載だし、「そんな仕草しないだろ!」という、古い業界人特有に匂いがします。
    2/3を占める帯に騙されました。

全16件中 1 - 10件を表示

田中経一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
米澤 穂信
東山 彰良
湊 かなえ
黒川 博行
湊 かなえ
宮下 奈都
湊 かなえ
中村 文則
恩田 陸
吉田 修一
百田 尚樹
又吉 直樹
桜木 紫乃
池井戸 潤
塩田 武士
山田 宗樹
高野 和明
誉田 哲也
長岡 弘樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする