硬い身体を1分でやわらかくする

著者 :
  • 幻冬舎
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344028029

作品紹介・あらすじ

筋肉をゆるめてあげれば、病気にならない。寝たきりにならない。5万人のこり・ゆがみをほぐしたカリスマ。腰・肩・膝の痛みも劇的に改善。「よーいどん体操」のメソッド初公開!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ストレッチ。体操。
    高齢者や身体に痛みがある人、長い間運動をしていない人向け。
    肩甲骨と股関節が大事。
    膝の痛みをとるために肩甲骨をほぐす、など。

  • 2016/7/30宝塚西図書館から借りた。

  • 身体が硬い、猫背気味で姿勢が悪い、膝が痛いなどの自覚症状がある自分にとっては、肩甲骨と股関節の可動域を大きく柔軟にし、体幹から動きを伝える動作は重要なことと感じた。
    1分の「よーいどん体操」、基本編の10種、応用編の7種を身体の状況に応じて続けていくことで、肩甲骨と骨盤をやわらかくしていくことが紹介されており、どれに取り組めばよいのか迷うところもあるが、「ばんざい」や「前屈」などから続けてみたい。
    「いちについて」のポジションで足の外側を平行にすること、「よーい」で体幹を崩さず自然な呼吸でラクに動けるところまで動かすこと、「どん」で息を吐きながら骨盤を伸ばすイメージでさらに動かすこと。
    日常の動作でも体幹や仙骨から動くイメージを持ちたい。
    15-238

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

(財)日本体育協会公認アスレティックトレーナー。1961年西宮市生まれ。実業団・川崎製鉄サッカー部でミッドフィルダーとして活躍。引退後、Jリーグ・ヴィッセル神戸の初代アスレティックトレーナーに就任。2001年兵庫県西宮市に整体施療院「SAVER」(セイヴァ)を開業。2009年に芦屋市に移転。身体の深部にまでやわらかに力を伝えて、骨盤(仙骨)・肩甲骨を中心に全身の柔軟性を高め、三大痛と言われる腰痛・肩痛・膝痛をはじめとする全身の痛みを改善する「根幹バランス療法」を編み出した。現在までのべ5万人以上に施術する中で、個人でできるオリジナルストレッチ法「根幹バランス体操」(よーいどん体操)を考案、指導に力を注いでいる。著書に、『硬い身体を1分でやわらかくする』(幻冬舎、2015年)がある。

「2016年 『1日1分!「根幹バランス体操」で腰・肩・膝の痛みがすーっと消える』 で使われていた紹介文から引用しています。」

硬い身体を1分でやわらかくするのその他の作品

橋口保二の作品

ツイートする