水上マーケットの朝、アヒル粥の夜 あっちこっちベトナム旅ごはん

著者 : 高谷亜由
  • 幻冬舎 (2015年12月17日発売)
3.33
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344028722

作品紹介・あらすじ

通い続けて十五年。ベトナム料理人、美味・滋味・珍味を巡る。

水上マーケットの朝、アヒル粥の夜 あっちこっちベトナム旅ごはんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現地の雰囲気が良く伝わる。気候風土が食をつくる。

  • ベトナムの食べ物屋さんや食べ物のことがいっぱい!
    ホーチミンやハノイ、あと中部の町など。
    おいしそう。ベトナム行くときの情報収集にもすごく役に立つと思う。

    プロになるほどベトナム料理を極められたのだから、その芯の強さは感じるけど、どこかのんびりとした雰囲気も感じられる(NHKの「きょうの料理」でご本人を拝見したイメージからかしら)。
    真面目で、誠実で、素朴な、そんな雰囲気。
    なんとなく仲良くなれそうな感じ、と勝手に好感を抱いてしまう。

    文体が、常体と敬体が混じっているのが結構気になった。
    これは村上春樹氏もよくやるスタイルで、わたしも真似ているけれど、こうして別の方のを読むと意外と気になるものだなーと。
    たぶん、「~ました」「~ました」と続くのがリズムが悪くてかっこ悪いから、「~ました」の後は「~した」にしちゃうんだろな。それともこの方も春樹ファン? 笑

    人のふり見てわがふり直せ、の通り、この本読んでわが身を顧み、多用するのはやめようと思ったのだった。

  • 食中心のベトナム旅行ガイド&エッセイ

  • 2016.may

    ベトナムの屋台の熱気、カフェで流れるゆったりとした時間

  • 旅と食べ物、そしてベトナム。
    私の好きなものばかり。

全5件中 1 - 5件を表示

水上マーケットの朝、アヒル粥の夜 あっちこっちベトナム旅ごはんのその他の作品

高谷亜由の作品

水上マーケットの朝、アヒル粥の夜 あっちこっちベトナム旅ごはんはこんな本です

ツイートする