天才

著者 :
  • 幻冬舎
3.19
  • (39)
  • (144)
  • (291)
  • (66)
  • (24)
本棚登録 : 1599
レビュー : 245
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344028777

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 田中角栄という人が、結構好きだったので読んでみました。

    一言で言えば、男気のある人だったんだな。。。と。

    怖いものなしで、自分の思いのままに行動できた強い人。。。

    というイメージだったけど、

    女性を愛し、誰もが感じる孤独も感じていたのだな。。。と。

    一人の男の物語として楽しめました。

  • 著者自身が田中角栄を取り上げることに意味があり、それなりに読んで面白い内容だったが、ロッキード事件の欺瞞性を述べたいがための付け足しは言い過ぎかも知れないが、内容的に掘り下げが足りないように感じた。

  • レビュー省略

  • 「天才」
    石原慎太郎が田中角栄を切り取る。


    石原慎太郎は、嘗ては田中角栄元首相の金権政治を鋭く批判する側だった。それが逆に評価する側として小説を書き上げたものが本書である。


    「俺はいつか必ず故郷から東京に出てこの身を立てるつもりでいた」という文章から始まるこの小説は、田中角栄本人が自己の人生を語る回顧録のスタイルをとっています。しかし、何故回顧録としたのだろう。「政治に関わった者としての責任でこれを記した」とするならば、ノンフィクションの方が適切じゃないのかな?と。角栄が何を言って何を思ったのかを一人称で書かれていても、その一人称が角栄じゃないのだから、頭の端で本当にそうなの?と思っちゃいましたね。


    中身としては田中角栄を詳しくは知らない私には角栄初心者用として良かったです。田中角栄と言えば「インフラ整備」と「ロッキード事件」であり、それに紐づく些細な情報しか頭に入っていないレベルなので。そんな私であるので、角栄が子供の頃、電車にひき殺されそうになったり、軍隊に入隊していたり、個人企業を起こしていたり、懇願するから稲葉修を第一次内閣の文部大臣にしてやったとぶっちゃけたり(いいの?)、色々と発見がありました。


    他に見えてくるのは、ロッキード事件を代表とする様な事件の背景からは見えない人としてのデリケートな一面です。浪花節と映画を愛する、家族思いである、意外と人情家であるなど。不倫がばれて娘に辛く当たられるのは仕方がないと思うが(しかし、愛人を議会委員会に参考人として呼び出すのは如何なものかとも思う)。


    強烈な個性をもったリーダーが不在の今、石原慎太郎に「高速道路、新幹線、飛行機のネットワーク。私たちが生きている現代を作ったのは田中角栄だ」のような言葉を言わせる政治家はもう現れないかも知れない。


    しかし、「アメリカという外国の策略で田中角栄という未曽有の天才を否定し葬ること」は絶対に許されないと力を込める程、角栄を買っていたとは。。。


    角栄には確かに国を良くするだけの胆力と決断力はあった?と思わせる。少なくとも今の政治家なんかより全然ありと思わせる。

  • 田中角栄を追い込んだ石原慎太郎が書く主観モノ。自伝的口調で書かれているから薄い内容。読みやすくて、入りやすい。

     田中角栄をロッキード事件で退陣に追いやった石原慎太郎が書くから意味のある本。アメリカに嵌められて翼をもがれたイカロス。というには田舎臭い男だが、やはりゴッドファーザー的な人物はこういう運命を背負うんだよな。田中角栄を失った日本の損失と書かれているが、田中角栄が君臨し続けたら、日本はアメリカに踏みにじられていたんじゃあないだろうかぁ。

     いや、むしろそのほうが失われた20年とかクソみたいな旧態依然とした思想が暴走することもなかったのかなぁ。タラレバ。タラレバ。

     ただ、最近の政治家に大物感がない、田中角栄ぐらいアメリカに牙をむける大物政治家がいないのは問題だよなぁと思う。結局、安倍晋三もアメリカの顔色を窺いつつうまく立ち回っているだけだし。高齢者とアメリカの顔色をうかがうだけの小手先政治家だけだから、日本は終わりである。
     
     田名角栄をみていいなぁって思うのは、やっぱりドカタを愛しているところだなぁ。頭いいだけでおバカなインテリ官僚にはわからない、本当の国力というのを肌身で知っていた政治家ってのは、本当においしいよ。

  • 「天才」(石原慎太郎)を読んだ。あの『田中角栄』だしあの『石原慎太郎』だからなあと思いながら読み始めたのであるが、これは正直言って面白かった。(あくまでも単純に読み物としてではあるが。)
    『田中角栄』という人は、(良い意味でも悪い意味でも)記憶に残る政治家だね。

  • 内容については人によって好き嫌いがあると思うが、大局的な見方を学ぶ為には読む価値がある本。

  • 人によっては、聴きたくない事も有ると思う。

  • 列島改造論を読まねば。天才の構想は、確かに実現し国家の骨格を成している。ピーナッツはアメリカの謀略としか思えなくなった。

  • 田中角栄の生い立ちからロッキード事件にて失脚、脳梗塞に倒れ、亡くなるまでを一人称で書かれている。僕が生まれる前か、幼い時の世情を何かしらの迫力を持って一気に読ませられた。

    天才とタイトル付けした理由も読み終わり納得が行く。
    政治家としては現代には合わないスタイルなのだが、この方のおかげな部分が多々あるのは否定できないと思えた。

全245件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

作家、元衆議院議員、元東京都知事

「2017年 『巷の神々 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天才のその他の作品

天才 Audible版 天才 石原慎太郎
天才 (幻冬舎文庫) Kindle版 天才 (幻冬舎文庫) 石原慎太郎
天才 (幻冬舎文庫) 文庫 天才 (幻冬舎文庫) 石原慎太郎

石原慎太郎の作品

ツイートする