天才

著者 :
  • 幻冬舎
3.19
  • (39)
  • (144)
  • (291)
  • (66)
  • (24)
本棚登録 : 1599
レビュー : 245
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344028777

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 汚職で終わった人というイメージしかなかったが、政治家はこれくらいの行動力がないと務まらないと思いました。作者の主観が入っているので必ずしも正確ではないと思いますがどういう人間で、どう生きたかがわかりました。あと行間が空きすぎです。もう少し詰めれば2/3くらいのページ数で収まるのでは?

  • 個人的に石原慎太郎は嫌いであるが、この本は面白い。
    田中角栄の人間的魅力を充分に描いている

  • 日記風の読み物です。一気読みでした。一応人気の本なので読みました。

  • 政治が好きな人向けかな。私はまぁまぁ。

  • 田中角栄のお話。まさかロッキード事件ははめられたとはね⁉︎衝撃の事実ですね。
    また、功績は大きく新幹線や高速道路や地方に飛行場を建設することで日本改造論なる構想を掲げた人物。凄い人であったのですね。

  • なんかしっくりせず、途中で読むのやめました。

  • これを書いたのは石原慎太郎の功績。
    間接的とは言え自ら選んだ総理大臣をアメリカの罠で葬った我々にとっては必読書。衆愚政治と言うことを学校で習ったがマスコミも我々もあれから進歩したのだろうか。

  • これ、小説なんだよね?!と疑ってしまうほどに、一人称が効いてくる。
    「俺が~」、の語り口で展開して、
    角さんが自ら朗々と語っているような、自叙伝・回顧録のようで、角さん独白と錯覚してしまうほど臨場感満載!

    40本に迫る議員立法を主体でやり遂げたことを初めて知り、凄い!の一言。

    角さん、いろいろ負の側面あるでしょうけど、
    やっぱり 愛国者であり国士であったことがよく分かった
    若年時の トロッコを押して泥と汗にまみれた土方仕事がルーツでありIdentityになり、その底辺での現場感が
    推進力となり「仕事ができる豪傑」たらしめていた、凄い!

    資源無き国土・狭小な国土・廃れる地方という
    日本の最大の問題群を果敢に解決していった。
    愛国者であるがゆえに、
    日本列島改造論と説き そのまま見事推進して、
    日本独自のエネルギー外交を強力に推進した様はただただリスペクトしたい

    「日本独自のエネルギー外交」が、
    アメリカ資本メジャーと利益相反し、
    アメリカの国益とも相反したために、
    ロッキード疑獄に貶められていく様はエグく、
    国士として国益を貫くことが如何に困難であるかを暗示しているように思えた

  • 角栄さんには興味あっても、それほど政治には興味がないので、詳しく語られても実感や感動はなかった。かな。

  • 石原慎太郎が一人称で書いた田中角栄の本。周りの政治家との関係が本人の視点から描かれていて面白いけど、どこまでが事実でどこからが想像なのか疑問が残ってしまう。Googleで登場する政治家の顔写真と経歴を確認しながら読むと面白い。

全245件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

作家、元衆議院議員、元東京都知事

「2017年 『巷の神々 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天才のその他の作品

天才 Audible版 天才 石原慎太郎
天才 (幻冬舎文庫) Kindle版 天才 (幻冬舎文庫) 石原慎太郎
天才 (幻冬舎文庫) 文庫 天才 (幻冬舎文庫) 石原慎太郎

石原慎太郎の作品

ツイートする