天才

著者 :
  • 幻冬舎
3.19
  • (39)
  • (144)
  • (291)
  • (66)
  • (24)
本棚登録 : 1599
レビュー : 245
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344028777

作品紹介・あらすじ

反田中の急先鋒だった石原が、今なぜ「田中角栄」に惹かれるのか。幼少期のコンプレックス、政界入りのきっかけ、角福戦争の内幕、ロッキード事件の真相、田中派分裂の舞台裏、家族との軋轢…。毀誉褒貶相半ばする男の汗と涙で彩られた生涯!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 田中角栄さんのファン(?)だった母。
    病床でこの本を読んでいました。
    その本を私も読んだのですが…
    田中角栄さんは魅力的な政治家だと思う。
    石原さんが書いたこの文章がどうも好みではなく、☆☆2つに。

  • 政治に疎い私。だけど田中角栄という天才というか怪物がいた事は知っている。
    読んでみようと手に取って、文字がびっしりじゃなかったから石原さんに感謝。

    前半はあまり頭に入らなく、やっぱりロッキード事件のあたりから一気に読み進める。

    辻和子さんと息子さんの本を読んでみたいと思った。

  • 田中角栄本人がその人生を独白形式で語るというスタイルの小説。著者は、かつて反田中角栄の急先鋒だった石原慎太郎氏。石原氏の田中角栄への思いがこめられた「長い後書き」がついているのも特色。
    田中角栄が「天才」ともいえる傑出した政治家であったことは、そのとおりだと思う。ただ、本書が、その「天才」ぶりを余すところなく描けているかというと疑問符がつく。正直、駆け足でつまみ食い的に人生を振り返る感じで、中身が薄く感じた。文体もとおりいっぺんな感じで、ちょっと物足りなかった。

  • 作家の石原慎太郎が昭和を代表する政治家田中角栄氏の半生を一人称視点で書いたベストセラーになった一冊。

    角栄ブームの火付け役となった本書は批判する立場であった著者が様々な文献を参考に一人称視点で半生が描かれており、当時を知らない私にも歴史を知ることができ、豪放磊落な人柄も本文から伝わってきました。

    日本列島改造論や日中国交正常化といった戦後復興に多大な影響を与えたことや現在にも通用する法案や自身の失脚につながることになる資源外交など政治家としての功績は現在の私たちの生活にも大きく関わってくるものであると感じました。

    本書のなかでも学歴社会の政治の世界で奮闘する角栄氏が土建の仕事の経験を誇りにのし上がっていく姿には心を打たれました。

    本書を読んで今の日本や政治家に足りないものを感じるとともに戦後復興期の日本という時代も感じることができました。
    田中角栄という稀代の政治家の半生を知り、今の日本の豊かさやこれからの未来などを考えさせられた一冊でした。

  • まるで田中角栄自身の自伝が如き錯覚を感じさせる。豪傑だが気遣いの人であった角栄。その人柄が端端に感じられるような文章だ。石原慎太郎氏の作家として高い能力を伺わせるが昨今の市場移転問題で後世を汚した感はある。「ひらがな漢字すべて忘れた」と語っていたが、ではこの本は何なのであろうか。(それはまた別の話だが)

    但し本作品、さもドキュメンタリーのようだが、石原氏が田中氏に近かしいわけではないし、真紀子氏ら親族にインタビューしたわけでもなさそうだし、ましてや田中氏自身は故人である。そうなれば当然各種文献を基とした構成であるが司馬遼太郎のような膨大な史料と大胆な仮説に基づいた創造的脚色というわけでもなさそうだ。

    読ませる文章であり娯楽性も高いが、ドキュメンタリー的体裁をとっているなかで、この本が一体なんであるのかなかなか判断は難しい。

  • 石原慎太郎氏が田中角栄の生涯を一人称で描いた作品。
    この企画自体はなかなか面白く、内容も田中角栄入門としては読みやすいので面白いし、一通りの田中角栄の歴史が手っ取り早くわかる。
    だが、いかんせんフォントがでかく、内容が少ない。現在の石原氏にはこれ以上の文量は難しいのかもしれないが、フォントをでかくしてページ数を稼いで、この値段を取るのはボッタクリだと思うのは私だけ?なぜこの本がこんなに売れたのか、正直不思議である。
    なお、この本ではロッキード事件は田中角栄を「白」として描いている。一人称で書かれているため混乱しそうだが、真相はこの通りかどうかは確実ではないことに注意を要する。
    最後に余談だが、「ありはしまい」という言い回しがくどいほど出てくるのが斬新だと思った。角栄っぽさを出すためにあえてこのような言い回しを多用したのだろうか。

  • 石原慎太郎の近時の態度が本書における文字の大きさに現れているようで、更には、角栄を自ら演じるかのような一人称の違和感から、本屋で開いた本を悩んだ挙句に棚に戻した。それが、5月の事で、つい9月の所用で日本に行った折、やはり興味には勝てず、とうとう買ってしまったのだ。

    青嵐会や石原慎太郎を語る時、必ず固有名詞の前に〝あの″と付けたり、外交における各国の評価や歴史認識は、田中角栄のそれよりも石原慎太郎に寄せた文言も散見され、そもそも語り口が、石原慎太郎特有の癖をそのままに、つまり生真面目にやる気は無く、何か、本を残すべき一つの目的が先にあったのではと勘ぐらせる。

    メディアに登場した際も、某アイドルの疑問に対し明らかな不快を隠そうとせず、政敵としての過去を取り繕おうともしない。

    では、一体何があるのか。目新しい話があるのかと、ページを捲る。しかし、然程古くもない田中角栄の話、週刊誌の発言の裏付けは出てくるにしても、新情報は見当たらない。ロッキード事件に関わる暴露話かと言うと、そうでもなさそうだ。そもそも、田中角栄については語り尽くされているのではないか。

    考え損か。森元孝さんという早稲田大学の教授との食事の場で、田中角栄について書いてはと薦められ、本作に至ったとの事。自らの筆力を頼っての道楽かと思ったが、後書きでその辺に触れている。田中角栄に対しての敬愛が滲み出ている。つまり、そういう事だから、某アイドルに怒ったのだろう。

  • 田中角栄の名前につられた。
    もう少し突っ込んだ角栄像が読みたかった。
    少し? 否かなり...物足りなさも...
    一人称で書かれた性かも知れないけど...
    実際、本人の書いた本が読みたくなった...

    石原慎太郎氏の本は初めてだけど...
    ちょっと残念でしたー

  • 未曽有の高度成長を遂げ世界に比類ない繁栄を齎したのは他ならぬ田中角栄という政治家。南北に長い国土を緻密で機能的なものに仕立てた高速道路の整備、新幹線の延長配備、各県一つの空港整備、また、エネルギー資源に乏しいこの国の自活のために原子力推進を目指しアメリカ傘下のメジャーに依存しない独自の資源外交を思い立ったのも彼。そのためにアメリカという支配者の虎の尾を踏みつけて彼らの怒りを買い、虚構に満ちた裁判で失脚に追い込まれた。誰にも負けない愛国者であったのに。返す返すも無念。

  • 違和感のある作品でした。日頃角栄の金権体質と真っ向から対決したと豪語しつつ、そのスケールの大きさや、卓越した創造性を評価している様子の石原氏。今角さんが居たら、みたいなことを何度かボヤいていたのを覚えているので、世に知られていない角さんのエピソードや、石原氏の評価を織り交ぜた書を期待していました。一人称を使って綴った軽量級の小説だったとは。オマケに角さんの台詞が、らしくなさすぎてガッカリでした。どちらかといえば、あとがきで紹介されていたようなエピソードを読みたかった。

  • 田中角栄と聞くと日本列島改造論とかロッキードってキーワードが思いつくが、やはり何と言ってもこの人、スゴイ頭のいい人ってイメージがあったのがまさにその通りだった。
    やるべきことを決め見据えたものにまい進する行動力、しかも「根回し」って言葉はこの人が始めたことではないかと思える程の調整、そして人を引き付ける魅力、そんなものに周りがどんどん吸収され、持ち上げられ、そして捨てられていく様子が、印象を少なからず変えるものだったし、見直す場面もあり、「スゴイ」の一言があったり、なんだ― やっぱりかあと思ってしまったり、人間味あふれる人物であることが描かれていた。

    それにしても、石原慎太郎の作品を初めて読んだが、一人称の描写って結構面白い。
    作は石原慎太郎なのに 田中角栄が書いたように描くところ、小説家としての石原慎太郎にも興味を持った一冊だった。

  • 親父が買ったので読んでみたけど、あまりおもしろくなかった。
    石原慎太郎のこづかい稼ぎなんじゃないのくらいな感じ。
    田中角栄に関してはロッキード事件や日本列島改造論や日中の国交回復程度しか知らなかったけど、この本は石原慎太郎が田中角栄を主語として書いている内容で、田中角栄について語るというよりは田中角栄の物語的な内容だった。
    結局ロッキード事件てアメリカに嵌められた的な感じだったんだけど、どうなんだろう。田中角栄の周り普通に死んでる人いるし。この本読む限りではわからない。にしてもこの人のリーダーシップはやっぱりすさまじいものがあるなとは思う。ブラックな面がかなりあると思うけど、こういう政治家も必要と言えば必要。選挙に金使いすぎだけど。この人大学出てないって言っても頭いいし行動力あるから全然関係ないと思う。当時の東大出の官僚や政治家はどう思っていたのだろう。田中真紀子に嫌われてたのは意外だった笑

  • 石原慎太郎が、田中角栄に成り代わり1人称で綴った自叙伝。こういう書き方もあるんだなーと。どこまでが事実でどこからがフィクションかわからないが、田中角栄への興味は沸きました。田中角栄について改めて別の本を読んでみよう。

  • 反田中だった著者が田中角栄に成り代わって一人称で書き上げた小説。田中角栄の生い立ちから政治家としての一生が描かれる。特に日中国交正常化交渉やロッキード事件の舞台裏の緊張感は凄まじい。未曾有の政治家・角栄の魅力が溢れている。

  • 石原慎太郎が書いた田中角栄の自伝。
    アメリカによるロッキード事件の陰謀。実業家上がりの稀な政治家。このような人は今後出てこないであろう。
    イノベーションが求められる現代で、このような政治家がまたでてくることを期待する。

  • 反田中の急先鋒だった石原さんだからこそ書けた作品。一人称で書かれており、自伝のように感じる。
    ロッキード事件については異なる見方もあるようだが、田中角栄の人となりはよく分かる

  • いろんな意味であの石原さんが田中角栄の事を一人称で書くことの衝撃。
    時代を変えるのは天才ではなく変人だと感じた。
    そして、田中角栄は激動の時代を変人として豪快に歩んだと思う。
    時代が変わり、時が経って振り返れば変人を天才と評価する人が現れる。ただただそう感じさせられる一冊だった。

  • 一人称で語られたフィクション。実話なのかと思って手にとったので少しがっかりした気持ちもあったけれど、田中角栄という人物が天才であることに変わりはない。いい悪いは別として、自分の私腹よりも人のために生きている姿は学ぶところが多い。スケールの大きい人。索引にある本も併せて読んでいきたい。

  • [展示]平成のベストセラー本特集:2015(平成27)年ベストセラー1位(トーハン調べ)

  • 田中角栄の一人称「俺」で物語がすすむ。客観的な事実はよいとして、本物の角栄の考え方や精神状態がそうであったかはわからない。小説の形式なので、石原氏の創作と考えたほうがよいだろう。

  • 【No.26】「金の貸し借りというものが人間の運命を変える、だけではなしに、人間の値打ちまで決めかねない」「金も含めて、この世をすべてしきっているのは、大なり小なりお上、役人たちがつくっている縦の仕組みなのだ。ならばそれを自在に使う立場の人間とは一体誰なのだ。その時の認識というか、一種の目覚めこそがそれからの俺の出発点となった」「議員同士の議論の時、俺は昔土方をしてトロッコを押していたときのことを思い出してものを言ってやった。そうして現実感覚に俺のような過去の体験を持たぬ者が太刀打ちできはしなかった」「俺は土方までして世の中の底辺を知っているし体得もしている。それこそが俺の本分であり、他の連中が持ち得ぬ俺の底力なのだ」「水を飲む時、井戸を掘った人の苦労を忘れない」「ああ、権力というものは所詮水みたいなものだ。いくらこの掌で沢山、確かに掬ったと思っても詮のない話で、指と指の間から呆気なく零れて消えていくものなのだな」

  • 気軽に読める、田中角栄の生涯、といった感じの1冊。
    かつて鋭くその金権政治に迫った著者が、なぜ今になって角栄本を書いたのか。出版当時もいろいろと言われましたが、強いリーダーを求める(ポピュリズム的な?)世の中の雰囲気に合わせて書いたという感じをどうしても持ってしまいます。田中角栄の業績について概要を知るためには、役に立つ1冊と思います。

  • 縲梧帆豐サ縺ョ螟ゥ謇阪?肴腐繝サ逕ー荳ュ隗呈??ー上?莠コ逕溘r縲∫浹蜴滓?螟ェ驛取ー上′逕ー荳ュ隗呈??&繧捺悽莠コ縺ョ隕也せ縺ァ荳?莠コ遘ー縺ァ邯エ繧倶ス懷刀縺ァ縺ゅj縲∵焚縺ゅk縲瑚ァ呈??悽縲阪r隱ュ繧薙□荳ュ縺ァ繧り。晄茶蠎ヲ縺ィ縺?≧諢丞袖縺ァ縺ッ譛ャ譖ク縺御ク?逡ェ縺?縺」縺溘°縺ェ縺ィ諤昴∴縺溘?

    縺昴l縺ッ繧??繧顔伐荳ュ隗呈??ー上?縲碁?讓ゥ謾ソ豐サ縲阪r逵溘▲蜈医↓荳悶↓蝠上>縲∵?・蜈磯拠縺ィ繧りィ?繧上l繧区婿縺ァ縺ゅj縲√◎縺ョ諢丞袖縺ァ縺ッ?井ク?闊ャ縺ォ隱咲衍縺輔l縺ヲ縺?k縺ィ縺?≧諢丞袖縺ァ?臥伐荳ュ隗呈??ー上?謾ソ豐サ莠コ逕溘?√◎縺励※蟇ソ蜻ス縺吶i邵ョ繧√◆蠑オ譛ャ莠コ縺ィ繧りィ?縺医k縺九i縺?縲
    縺昴?遏ウ蜴滓ー上′譛ャ譖ク縺ョ縲後≠縺ィ縺後″縲阪〒縺ッ縲梧悴譖セ譛峨?螟ゥ謇阪?阪?悟、ゥ謇阪?莠コ逕溘?縲√%縺ョ蝗ス縺ォ縺ィ縺」縺ヲ螳溘?謗帙¢譖ソ縺医?縺ェ縺?b縺ョ縺?縺」縺溘?阪→縺励※縺?k縲
    縺昴l縺ッ縲√∪縺輔↓遏ウ蜴滓ー上↓縺ィ縺」縺ヲ縺ッ縲瑚?蟾ア謇ケ蛻、縲阪→繧ゅ→繧後k譖ク縺阪?繧翫r縺励※縺?k縺ョ縺?縲

    謾ソ豐サ縲√→縺上↓譚ア莠ャ驛ス遏・莠区凾莉」縺ォ縺ッ讒倥??↑豕「邏九r蠎?£繧狗匱險?繧偵@縺ヲ縺?◆豌上□縺」縺溘′縲∵ー上?縲悟勣縺ョ螟ァ縺阪&縲阪r諢溘§縺輔○繧九%縺ョ縲梧ス斐>蜍?ー励?阪↓縺ッ縲∵─譛阪☆繧九h繧翫↑縺?→諢溘§縺溘?

    縺輔※縲√%縺ョ譛ャ繧定ェュ繧薙〒蠑キ縺乗─縺倥◆縺ョ縺ッ縲
    縲梧Φ縺」縺溘′縺溘a縺ョ陦悟虚縺後?∬」剰?縺ェ隧穂セ。縺ォ縺、縺ェ縺後k縺ィ縺?≧逧ョ閧峨?
    縺ィ縺?≧繧ゅ?縲

    縺ゅk遞句コヲ逕溘″縺ヲ縺?l縺ー縲√%縺ョ謇九?逧ョ閧峨?縲∬ェー繧ゅ′諤昴>蠖薙◆繧九ヵ繧キ縺後≠繧九→諤昴≧縲

    繧医¥縺ゅk繧キ繝√Η繧ィ繝シ繧キ繝ァ繝ウ縺ッ縲
    螳カ蠎ュ縺ェ繧蛾?蛛カ閠?d蟄蝉セ帙?∝ュヲ譬。縺ェ繧牙暑莠コ繧?セ瑚シゥ縲∽シ夂、セ縺ェ繧牙セ瑚シゥ繧?Κ荳九?縺薙→繧呈?昴▲縺ヲ縺ィ縺」縺溯ィ?蜍輔′縲
    蜊倥↑繧句ォ後′繧峨○縺ォ縺励°蜿励¢蜿悶i繧後↑縺九▲縺溘h縺?↑縺薙→縺?縲
    縺イ繧?▲縺ィ縺吶k縺ィ縲√せ繝医?繧ォ繝シ縺ョ鬘槭b縺昴?遞句コヲ縺ォ繧医k縺御シシ縺溘h縺?↑繧ゅ?縺九b遏・繧後↑縺??

    縲梧?昴>縲阪d縲梧Φ縺??阪?螟ァ謚オ縲∽サ冶??↓騾壹§縺ェ縺?b縺ョ縺ェ縺ョ縺?縲

    謨??逕ー荳ュ隗呈??ー上b蟄伜多荳ュ縲∵律譛ャ縲√◎縺励※譌・譛ャ蝗ス豌代r諠ウ縺」縺溘′縺溘a縺ョ陦悟虚縺後?∬」剰?縺ェ隧穂セ。縺ォ縺、縺ェ縺後▲縺ヲ縺励∪縺」縺溘→諤昴∴繧九?
    鬮倬?滄%霍ッ繝サ譁ー蟷ケ邱壹?遨コ貂ッ縺ョ謨エ蛯吶?√い繝。繝ェ繧ォ縺ョ繝。繧ク繝」繝シ縺ォ萓昴i縺ャ雉?コ仙、紋コ、縲∵律荳ュ蝗ス莠、豁」蟶ク蛹悶?√う繝ウ繝輔Λ髢「騾」繧剃クュ蠢?→縺励◆30莉・荳翫?隴ー蜩。遶区ウ慕ュ峨???√?梧帆豐サ縺ョ螟ゥ謇阪?阪→縺?≧險?闡峨↓逶ク蠢懊@縺?悴譖セ譛峨?螳溽クセ繧呈戟縺、逕ー荳ュ隗呈??ー上?縲∝嵜豌代?縺薙→繧堤ャャ荳?縺ォ諤昴≧譛ャ蠖薙?諢丞袖縺ァ縺ョ縲梧?蝗ス閠??阪□縺」縺溘?縺?繧阪≧縲

    蝗ス豌代r諤昴≧縺後◆繧√↓陦悟虚縺吶k縺イ縺ィ縺、縺ョ謇区ョオ縲√▽縺セ繧頑悽譖ク縺ァ隗ヲ繧後i繧後◆蜈ャ隱阪?蛟呵」懆??↓荳?莠コ荳牙鴻荳??縺ィ縺?▲縺溘%縺ィ縺ォ莉」陦ィ縺輔l繧矩?讓ゥ謾ソ豐サ縺ッ縲√≠繧狗ィョ縲悟ソ?ヲ∵が縲阪□縺」縺溘°繧ら衍繧後↑縺??

    縺励°縺励?∵?蝗ス閠?→縺励※縺ョ陦悟虚繧定ソス豎ゅ☆繧九≠縺セ繧翫?∬送閠?〒縺ゅk遏ウ蜴滓ー上?譛ャ譖ク縺ァ縺ョ險?闡峨r蛟溘j繧後?縲
    縲悟スシ縺ッ繧「繝。繝ェ繧ォ縺ィ縺?≧謾ッ驟崎???陌弱?蟆セ繧定ク上∩莉倥¢縺ヲ蠖シ遲峨?諤偵j繧定イキ縺??∬劒讒九↓貅?縺。縺溯」∝愛縺ァ螟ア閼壹↓霑ス縺?セシ縺セ繧後◆縲搾シ茨シ昴Ο繝?く繝シ繝我コ倶サカ?
    縺ョ縺?繧阪≧縲
    縺昴@縺ヲ縲√◎繧後′蝗ス豌代°繧峨?陬剰?縺ェ隧穂セ。縺ォ縺、縺ェ縺後▲縺ヲ縺励∪縺」縺溘o縺代□縲

    縺薙?繧医≧縺ェ蝗ス豌代r諠ウ縺?、ァ莠コ迚ゥ縺ァ縺輔∴縲√?梧Φ縺??阪?騾壹§縺ェ縺九▲縺溘?

    譛ャ譖ク繧定ェュ縺ソ邨ゅo縺」縺ヲ縲∫伐荳ュ隗呈??→縺?≧莠コ迚ゥ縺ョ螟ァ縺阪&繧呈隼繧√※蜀咲「コ隱阪☆繧九→縺ィ繧ゅ↓縲√?御ス輔→莠コ逕溘→縺?≧縺ョ縺ッ陌壹@縺?b縺ョ縺九?阪→蜒輔?諤昴▲縺溘?

  • -

  • 面白い本だった。田中角栄の人となりをつかむことができた。
    「以来、俺は人から借金を申し込まれたら、出来ないと思ったときはきっぱりと断る、貸すときは渡す金は返ってこなくてもいいという気持ちで何も言わずに渡すことにしてきた」p9
    「この世をすべてしきっているのは、大なり小なりお上、役人たちがつくっている縦の仕組みなのだ」p13
    「議論の相手らに「あんたら土方をやって汗水たらしてトロッコを押したことがありますかね」という開き直りは、国会という世界では大層な効果があった」p43
    「俺は土方までして世の中の底辺を知っているし体得もしている。それこそが俺の本分であり、他の連中が持ち得ぬ俺の底力なのだ」p48
    「何でも国がやるという発想は役人の通弊だから、役人が増え、官庁機構が膨れ上がり、役人天国になってしまうのだ」p89
    「他人の冗談には笑って感心してやるのが何よりなのだ」p102
    「(鄧小平)水を飲むとき、井戸を掘った人の苦労を忘れない」p150
    「(選挙)各候補者に渡す公認料は一人三千万円という画期的なものだったし、それでもまだ弱い候補には俺から個人的な援助としてそれを上回る金を渡してやったものだ」p158
    「とにかくあの選挙のために俺が集めて使った金の総額は、およそ三百億ほどだったと思う」p160
    「(田中角栄が)証した最も大切な基本的なことは、政治の主体者が保有する権限なるものの正当な行使がいかに重要かつ効果的かということだった」p206

  • 文字が大きく、ボリュームが少ない。
    時系列の一人称語り+途中で心情を足してみました、って内容。
    ボリュームが少ない中で一生涯を語ってるもんだから、一つ一つが薄い。
    wikiを見れば良いかな。

  • 本書は、田中角栄を『俺』という一人称で記した自叙伝風の小説です。
    改めて田中角栄の生涯を垣間見ることができました。ロッキードの田中自身からの視点や機微を感じることできました。つい先日、テレビでみた森光子さんとの対談が思い出され、まさに波瀾万丈でありながら、人に厚い方立ったんだなぁっと。

    世代なのか、眞紀子さんの印象が強い(^^;

  • 田中角栄という政治家に迫ろうとするモデル小説書きとしての気迫がない。さらっと書き流している気がする。
    1.モデル小説にもなっていない。しっかり奥つけ(筆者紹介)の下に「この作品は現実の人物・・等を素材としておりますが、すべては筆者によるフィクションであることをお断りしておきます」としっかり(笑い)逃げを打っている。
     立花隆らとの大きな違い。既出の文献の表面をさらっただけか。逆に参考にされた文献を読みたくなった。
    2.中止法の文末の多用が逃げに思える。たまたま開いたP166 「つまり流れずにいたということかも。」とか「思っていたのだが。」なんか歯切れが悪い。彼の文体の特徴だろうか?他を作品を読んだことがないのだが。(笑い)
    3.この本が出版された当時、石原・小池論争?で、様々なと知事時代のことが追及されたときに、ボケを装って逃げ切った一方で、これだけのものを書いている。ずるいなと思う。石原をモデルにしたものがあってしかるべき。豊洲も東京五輪も首都大学も新銀行東京 も検証が必要

  • 一人称が今一しっくり来なかった。内容云々より文章を読んで作者の石原慎太郎も歳をとったなと感じてしまった。

  • 石原慎太郎氏が一人称で描く自伝風田中角栄。政治家として絡んだ自身の経験と各種田中角栄本の再構成でシンプルにまとめられた印象。ビジョンを示し具体的な方法を作る。政治にもビジネスにもリーダーシップ大流行りの昨今、これをベストセラーに仕立てた幻冬舎の企画が素晴らしい。

全245件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

作家、元衆議院議員、元東京都知事

「2017年 『巷の神々 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天才のその他の作品

天才 Audible版 天才 石原慎太郎
天才 (幻冬舎文庫) Kindle版 天才 (幻冬舎文庫) 石原慎太郎
天才 (幻冬舎文庫) 文庫 天才 (幻冬舎文庫) 石原慎太郎

石原慎太郎の作品

天才を本棚に登録しているひと

ツイートする