人生を危険にさらせ!

  • 幻冬舎
3.87
  • (5)
  • (11)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344029064

作品紹介・あらすじ

拝啓ニーチェ先輩、「生きる」「愛する」「自由になる」「正義しい」「大人になる」ということについて、とことん考えました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最近、たくさんの本を読んだ中では一番面白く、「自分を見つめなおす」きっかけを与えてくれた最高の一冊。
    NMB48はほとんど知らない。興味がない。従って須藤凛々花はツイッターでの処女宣言とか、突然に結婚宣言するとかアイドルの中でも異質で問題児なのだと思っていた。
    だけど違った。そもそもここまでストイックに哲学と向きあっている事実、「自己の生を生き抜く」という強い意思を持って生きることに対峙している人がどれだけいるのだろう。生きること、愛すること、自由、正義、大人になること…これらを掘り下げながら生きている人はどれだけいるのだろう。
    彼女自身の哲学的な知識や考察はもちろん、対談形式で彼女の深層を引き出す工夫を惜しまない堀内進之介氏の講義も魅力的。

    人生を危険にさらせ。そして、哲学者としてひたすら進め。

  • 文字通り「人生を危険にさらせ!」を地でいったNMB48の須藤凜々花と新進気鋭の哲学者の対談集。

    基本的には須藤凜々花が先生に色々聞くという形式になっているが、その後の彼女の行く末を考えながら読むと非常に興味深い。

  • 20170711 アイドルの書いた哲学書との事で読んでみた。哲学が好きだという事は分かったが内容についてはついていけなかった。何か大事な事に触れたような気もするので、この本をきっかけに哲学してみようと思う。

  • ただのアイドル本ではなく、哲学の話題についての著者同士の「対話」がメインとなって構成されている哲学書。
    テーマも一般的なものに寄せられており、読み易い印象でした。

  • 余計なことを考えて苦しむ自由を味わいたい、みたいな感じのことが著者の都合最優先で書かれている。
    不条理は世の常だから、悪いことではないのかもしれない。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784344029064

  • 【 #人生を危険にさらせ 読了】
    まずは率直な感想。
    「やっぱ、須藤凛々花はタダモノじゃない。」
    どんな本なのかを簡単に言うと、
    「こんな20歳にもなってない小娘がここまで考えてるんなら、僕も負けずにちゃんと考えて生きなきゃきけないな。」
    って思える本です。笑。

    社会学者の堀内進之介氏に師事し、
    1年半をかけて『哲学』を主にした100時間を超える講義を受けた。
    (ラインやメールでのやり取りを入れると、さらに膨大な時間になる。)

    この本は恐らく、
    その時の質疑応答などを編集し、
    少しユーモアを加えつつ読み易いように再編成されたものだろうと思う。
    大きなテーマとしては5つ。
    『生きる、愛、自由、正義、大人』
    どれもこれもなかなか難しい。

    僕が特筆したいのは、
    正義について堀内氏と見解が分かれた後、
    彼女自身が自問自答して対話形式で書き上げた『哲学の孤独』という文章。
    正直に言うと、何を書いてるのか分かりません。
    しかし、それは意味不明の文章を書いてるのではなく、
    使われている言葉が難し過ぎて、
    僕のボキャブラリーでは文章に追い付けないのです。
    (その後の章を読むことにより、多少は理解出来た気はしますが、、、。笑。)

    そんなわけで、近いうちにまた再読しようと思います。
    #須藤凛々花 #哲学 #nmb48

  • 生とは、愛とは、自由とは、正義とは、そして大人とは。アイドル須藤の尋常ならざる決意をもって始まった哲学の旅は、社会学者堀内の見事なまでの導きによって、「深淵」の淵までたどり着く。今後彼女がどんな「大人」になっていくのかは未知である。

  • 須藤凜々花が、いかに哲学が好きで、真剣に学んでいるかが分かりました。

    そして、彼女が賢い女性だという認識になりました。

    私の理解力が低いからかもしれませんが、「んっ!?」と』思い読み直すことが何度もありました。

    文字をおうのではなく、会話の中で理解してる彼女は凄い。

    私も少しですが、哲学に興味をもちました。

  • AKB内山奈月の憲法主義が分かりやすくて面白かったので、須藤さんの本も読んでみた。
    最初の方は、おちゃらけ過ぎていて何じゃこりゃという感じだったが、最後の方は彼女の本気が垣間見えてなかなか読み応えがあった(その分、わかりやすくまとまっているとは言い難いけど)
    彼女の個性を伝えたいのか、哲学の基本をわかりやすく伝えたいのか(内山憲法はこっち側)、どっち付かずでバランスの悪い本だと思ったが、彼女の哲学に対する本気さと表現者としての才能は感じられた。
    次は、是非、彼女が自分で考え、感じたことをそのまま自分で書いたものが読んでみたい。

全12件中 1 - 10件を表示

堀内進之介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
田中正人
朝井 リョウ
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

人生を危険にさらせ!を本棚に登録しているひと

ツイートする