ツバキ文具店

著者 :
  • 幻冬舎
4.15
  • (504)
  • (613)
  • (215)
  • (28)
  • (8)
本棚登録 : 4309
レビュー : 569
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344029279

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どうしていいのかわからないときは、まず、丁寧に暮らしてみよう――そう思える本です。

  • 鎌倉に住む、優しくて愉快な人たちに囲まれた文具屋 兼 代書屋のお話です。

    お祖母さんから代書屋を引き継いだ鳩子さん(通称:ポッポちゃん)。
    外国から鎌倉に戻ってきてすぐの頃には、お友達といえば隣に住むバーバラ婦人だけでしたが、代書屋での仕事をきっかけに、男爵や、パンティー、QPちゃんなど、、素敵な友達が増えていきます。

    鎌倉って、なんだか時間がゆっくり流れているようで、良いなぁと思います。
    少し前に一度行ったきりなので、いつかまた、私も大事な人と一緒に訪れたいなと思いました。

  • 鎌倉が舞台の文具店というより「代筆屋」の物語。
    色んな人からの依頼を受けて、『手紙』を代筆する主人公の想いが伝わる。
    依頼者の代筆をする背景を思い、紙や筆記具の種類をも代えて文章を書く。
    その奥深さには驚愕させられる。

    自分も字が汚いどころか、最近ではパソコンの入力すらおぼつかないのが、恥ずかしい^^;

  • 小川糸初読み。本屋大賞で入賞したことやドラマ化していたことで、目に止まり、読んでみた。
    手紙の代筆をする「代書屋」を題材にした物語。人それぞれの手紙の価値を感じ取り、それを文章だけでなく、字体でも表すと言うのが、とても新鮮だった。鎌倉の四季や街並みも手に取るように分かり、何となく優しい気持ちになれる一冊。
    ただ、どう考えても、ツバキ文具店が一番近いと思われる瑞泉寺に触れてなかったのが、ちょっと残念…

  • ほっこりとして描写が繊細で、好きな感じではあったのに、なぜか入り込めなかった。読むタイミングが悪かったのかも。
    読んでたら誰かに手紙を書きたくなる。メールではなく手紙。全く文才ないのに。
    出てくる手紙はどれも相手への思いが伝わってくるし、丁寧で美しくて。こんな風に書けたら気持ちいいだろうな。
    鎌倉でのご近所や人との関わりがいいなあ、あったかいな、とじんわりくる。
    先代への後悔、その手紙には涙してしまう。

  • 長らく積ん読してた本作をようやく読めたのは、多分日ペンの美子ちゃんをフォローするようになったからかな←

    小学生の頃、学校の帰りに近所の文具店に毎日のように寄り道して、甘い香りのする練り消しや可愛いスタンプを友達と吟味したことを思い出しました。高学年のお兄さんたちがなかなか大胆な量を万引きしてるの発見して、ほんっとにドキドキしたっけなァ。
    文具店だけではなく本や駄菓子やCDやレコードを扱っているお店だったので、TSUTAYAなんてオシャレ()なお店がなかった当時の地元ではかなり重宝されてたんだろうな。

    閑話休題。
    本作は、鎌倉で文具店を営みながら代筆業も行なっていた祖母の跡を継いだ女性の日常が淡々と描かれる連作集です。


    ↑読み終わった当時、ここまで書いててそのまま更新してなかった汗。
    尻切れ蜻蛉ですが、とりあえず書いた分だけでも登録〜。

  • ある代書屋の物語。
    内容について書くとネタバレして面白くなくなるのであまり詳しく書きませんが、少しの情報も耳にしたくない方はこの先は読まないでください。

    舞台は鎌倉でリアルな店が登場するので、地理感があるとより楽しめそうです。
    また章立てが春夏秋冬になっており、四季を感じられる臨場感のある描写が多く、主人公に寄り添って鎌倉で一年を過ごす気分が味わえるかも知れません。
    特に誰におススメとかはありませんが、主人公が女性なので女性の方が読みやすいと思います。

  • この作品を読んで感じたこと。
    手紙を書くためにはその前に気持ちを整理する必要があって、それがそのまま文字として相手に伝わるってこと。
    やっぱりそれはSNSやメールのように、思いついたことをそのまま話すように文字にするのではなく、きちんと自問自答して相手のことを考えて「書く」という手紙ならではの重みのように感じます。
    ツバキ文具店がある鎌倉の雰囲気、そして店主である主人公・雨宮鳩子と彼女に関わる人たちの温かさが伝わってくる作品でした。
    紙とペンとインクにこだわって、誰かに手紙を書きたくなります。

  • 鎌倉という街に行きたくなった。主人公が亡くなった祖母との確執を乗り越える話。正直なところ、ドラマの方が演出が面白かったなぁ、と思うところが多いけど、読み終わってからすごく爽やかな気持ちになれる。

  • はじめにNHKのドラマを観ました。
    そして、原作本にたどり着きました。

    鎌倉のはずれにある小さな文具店。
    祖母である先代が亡くなり跡を継いだのは、先代に育てられた鳩子。
    文具店を営みつつ、他人に代わって手紙を書くという代書屋を続けてきた先代。
    そして、鳩子は代書屋業も先代の跡を継ぐこととなる。

    代書を頼みに来るお客さんや鎌倉に住む人々とのかかわり。
    そして、もちろん頼まれた手紙にまつわる様々なエピソード。
    さらに、それらを彩る、観光地ではない鎌倉の風景。
    それらが相まって、ほのぼのとした優しい気持ちになれる小説。

    ドラマを先に観てしまったので、登場人物の具体的な顔が頭に浮かんでしまうのはご愛敬だが、
    それを差し引いても良い物語だと思った。

著者プロフィール

小川 糸(おがわ いと)
1973年生まれ、山形県出身の小説家であり、作詞家・翻訳家でもある。作詞家の際の名義は、春嵐(しゅんらん)を使用。
2007年に初の絵本を上梓し、さらに翌2008年に小説『食堂かたつむり』を発表。同作は第1回ポプラ社小説大賞に応募し、最終選考にも残らなかった作品だったが、目に留めた編集者によって刊行され、ベストセラーとなり映画化された。同作は、2011年7月、イタリアの文学賞である、バンカレッラ賞料理部門賞も受賞している。
2017年、『ツバキ文具店』が「本屋大賞2017」で第4位にノミネート。ドラマ化もされた。続編『キラキラ共和国』も発行、代表的シリーズかつヒット作となっている。
その他代表作として、テレビドラマ化された『つるかめ助産院~南の島から~』。

小川糸の作品

ツイートする