やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方

  • 幻冬舎
3.43
  • (51)
  • (130)
  • (192)
  • (34)
  • (9)
本棚登録 : 1484
レビュー : 187
  • Amazon.co.jp ・本 (118ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344029705

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最近読んだ本の中で一番「役に立った!」って感じた本かも。
    自分にできる範囲で、色々やめてみようと思いました。

  • 無理しないってことが大事なのかもなあ……と思わせてくれる一冊。かなり軽く読めてよかった。

  • 何回も読み返しました。
    とてもお気に入りの本。
    著者も言っている通り、人によって必要・不必要は違うけれど、私たちの暮らしをより良くするヒントになると思います。

  • いつも、何気なく使ってしまっている「すみません」を見かねて、同僚が勧めてくれました。ぽんさんと同じく、なんか泣けちゃいました。
    私も頑張ってみます。


  • すごく共感。
    というか自分がやらなくなったことと被ってることが多くて、みんなも同じなんだなって思った。

    いつか使うと思って捨てれなかったファンデーションも本読んで速攻捨てた。
    迷う気持ちと時間がもったいないからね

  • 個人的に好きな一冊でした。習慣になっていることを見直して変えてみるのもいいなと思いました。

  • 真似できるかというとそうでも無いことも多いが考え方は面白いと感じました。無意識に当たり前になっていることをやめてみることで新しい発見や効率の良い生活ができる可能性があるということを知り自分も試してみたいと感じました。

  • 簡単に感想。

    よく本ランキングで見かけるなと思ってたらアマゾンプライムで読めたので読書開始。

    一時期ミニマリスト系の動画(部屋紹介とインタビュー)を見てたんだけど、内容としてはインタビューのそれに近いコミックエッセイ。

    読了後の感想は
    「なにか学べたものはないけど、もの減らすといろんなことがあるんだなぁ。」という感じ。
    「ものを減らすのはいいぞ!」ってよりは「私はモノを減らしてこんな変化(筆者の場合は自分の好きを見つめ直せた?)がありました!」みたいな…メッセージ性は強くないエッセイって感じでした。

    イラストがシンプルで見やすかったです。

  • 自分に合ったものを探しながら実践しようと思った。

  • ほんとうに必要なもの、生活や人生において。キッパリ手放していかなくては

全187件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。山形県出身。第6回コミックエッセイプチ大賞を受賞しデビュー。著書に、AVなど成人男性向け商品を取り扱う古本屋の女性店長を務めた経験をコミカルに描いた『桃色書店へようこそ』、作画を手掛けた『隠すだけ! 貯金術』『家計簿いらずの年間100万円! 貯金術』、自身のダイエット経験を綿密に描き大ヒットとなった『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』『もっと! スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました』『初公開! スリム美人の生活習慣を真似して痩せるノート術』、汚部屋脱出の体験を描いた『ダメな自分を認めたら 部屋がキレイになりました』『面倒くさがりの自分を認めたら 部屋がもっとキレイになりました』、身近なモノコトを減らす生活を描いた『やめてみた。』『もっと、やめてみた。』、「自分のことが嫌い」という感情を克服していく過程を描いた『自分を好きになりたい。』などがある。

「2020年 『さらに、やめてみた。 自分のままで生きられるようになる、暮らし方・考え方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

わたなべぽんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
辻村 深月
ちゃくま
柚木麻子
ヨシタケシンス...
メンタリストDa...
西 加奈子
平野 啓一郎
塩田 武士
有効な右矢印 無効な右矢印

やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方を本棚に登録しているひと

ツイートする
×