絶対正義

著者 : 秋吉理香子
  • 幻冬舎 (2016年11月10日発売)
3.54
  • (14)
  • (54)
  • (45)
  • (12)
  • (1)
  • 本棚登録 :270
  • レビュー :61
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344030251

絶対正義の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めましての作家さん。
    図書館の新着図書コーナーで手にしました。

    『正義こそこの世で一番大切なもの』という高規範子。
    高校時代からの友人、和樹、由美子、理穂、麗香。
    範子の”正義感”に尊敬し、範子に救われたと信じていた高校時代。
    15年の時を経て再会した5人の関係は…
    ”100パーセント正しい、ということは、それだけですでに大きな欠点だ”
    そう感じるようになった4人が出した答え。

    ”正義”って…
    一つ間違えると恐ろしい…

  • 4人の女たちに届いた「思い出の会」への招待状。
    差出人は、5年前に殺したはずのあの女ー。

    和樹・由美子・理穂・麗香・範子は高校の同級生で友人。
    範子はいつも礼儀正しく、一つの間違いも犯さず、また決して許さない。
    なにより正義を愛していた。
    四人はそれぞれ範子に救われて感謝し、そしてのちに範子を殺した。
    しかし、死んだはずの範子からパーティへの招待状が届いたー。

    絶対正義を貫く範子の執念が怖すぎです。
    100%正しい正義のヒーロー。
    それはなんと、脅威的で暴力的な存在なのか。
    まるでサイボーグです。
    人間らしい感情や心の機微を解さず、ただひたすら正しいとプログラムされたことを遂行する。
    その過程で誰かが傷付こうが、破滅仕様が関係がない。
    範子の正義は相手を思っての正義ではなくあくまでも自己満足の為だけの正義。
    和樹達四人のそれぞれのエピソードが描かれていて、
    範子に対する気持ちが尊敬から感謝へ、そして違和感から恐怖・殺意にまで変化する様子が
    丁寧に詳細に描かれていて、気持ちが理解出来るだけに読んでて息苦しかった。

    範子はかなりヤバイ過ぎる人です。
    間違った事、法を犯した事は絶対に許さない正義の人
    確かに間違った事を言っていない。だからこそ怖い。
    こんな人が身近にいたらたまんない。
    絶対に耐えられない…本当にモンスターだ。
    どうしてこんなモンスターが産まれてしまったのだろうかって思っていたけど、
    エピローグで推測ですが語られている。
    そして娘…本当にゾワッとさせられました。
    また産まれてしまった…。

  • 高校時代の同級生を協力して殺した4人の女性。
    彼女たちはその同級生の女性ー範子にそれぞれ苦い思いをさせられていて、それは同窓会で出会った今も続いていた。
    範子という女性は正しい事を絶対としていて、少しでもそこから外れると人情も何もなく追及するという人だった。
    その異常な正義感に苦しめられた4人は偶然に条件が整った時に彼女を殺してしまう。
    それから数年。
    もう犯行の発覚はないと安心していた矢先、彼女たちに殺したはずの範子から招待状が届く。

    大体の筋書は予想していた通りだった。
    それに、設定としてどうかな・・・と思う面もあった。
    だけど、「へぇ~。そうなのか」と思うような事も書かれていた。
    脳の機能で正しさを遂行する事を快感とする部分があるとは知らなかった。
    それで言えば、殺された女性は病気だったと言えるかもしれない。

    読んでいてもとにかく、その異常な正義感(?)は頭がおかしくなりそうだった。
    こんな女性がグループの中で一種尊敬される存在としていられた事が不思議。
    まず、グループから外されてクラス全体から仲間はずれにされてもおかしくないと思う。
    変なヤツとされていじめられる存在だと思うし、こんな人がよく結婚できたよな・・・。
    この人の夫や子供ってどんなん?と思ってしまう。
    でもそういう所をかわした設定だからこそ、この話はありえたと思うけど・・・。
    もし、彼女がはじかれる存在ならここまで4人の女性は追い詰められて殺意まで抱かなかった訳だから。

    ここまで異常じゃないにしても、正しさを強要する人はいるし、そういう人のその時の顔は恍惚感を感じているなという顔をしている。
    そういう人の脳は快感に満ちているんだな、そして、また同じことをするんだな・・・と思う。
    それにしても、この女性は生きていて一度も間違った事をしてなかったのかな?
    もし、人にこれだけ厳しい人が自分が間違いをしたと気づいたら自殺したいくらいの気持ちにならないかな?なんて思った。

  • 気味が悪い… 胸くそ悪い女。

  • 法学部の授業で言われたのは、「法の成立過程を考えよ」であった。
    なぜ少年法は罰ではなく矯正を主にしているのか、時効はなぜあるのか等々。
    『キングダム』(原泰久)46巻でも李斯は述べている。
    「”法”とは願い!国家がその国民に望む人間の在り方の理想を形にしたものだ!」と。
    それをなくしてただただ「正義」のみを振りかざせば、それはもはや暴力である。

    範子は確かに正しい。
    間違ったことは言っていない。
    しかし彼女がかざす「正義」に「願い」はない。
    ただただ、自分の欲望を満たすために他人を糾弾していただけだ。
    そもそも法律とは個人による私刑をなくすために設定されたものだ。
    彼女のやっていることは法の執行ではない。
    私刑である。

    現代社会、特にネット、SNSが普及してから範子のような「正義」を振りかざす輩は目立つようになった。
    しかし、彼らの、いや、私も含め、その手に握られているスマホは正義の女神の持つ天秤ではないし、発する言葉も神の言葉などでは断じて、ない。
    偽の天秤を振りかざし、神のごとくあろうとすれば、必ず自らの身に同じことが降りかかるのだ。

  • こういう友達いたら本当に嫌。人の気持ちより正義が絶対。融通って大事だと思う。

    もしこんな人いたら、どこかに矛盾がないか探し出したい。

  • いつも正しい範子さん。周りにいたら確かにやっかい。年齢のせいか「暗黒女子」よりもこっちの方が好き。さくさく読めてラストもスッキリ。
    正義を振りかざして追い詰める新しい感覚のイヤミスだった。

  • 正義感だけで動き、融通が利かないというのは恐ろしい。何事も適度な遊びが必要だ。

  • 人物像が有り得なさ過ぎるし、全体に軽さが滲み出ている。物語に入り込めない。多分この著者の作品はもう読まないと思います。

  • 2017.7.31(図書館)

全61件中 1 - 10件を表示

絶対正義のその他の作品

絶対正義 (幻冬舎単行本) Kindle版 絶対正義 (幻冬舎単行本) 秋吉理香子

秋吉理香子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

絶対正義を本棚に登録しているひと

ツイートする