ヒマラヤ大聖者のマインドフルネス

  • 幻冬舎
4.00
  • (5)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344030817

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 毎日瞑想的に生きる。とても分かりやすい言葉で書かれている。
    動き回っていた心がとまり、静けさが広がった。

  • 相川圭子先生の弟子ですので、もちろん、著書はすべて読んでいる。これは、最新刊。『マインドフルネス』という言葉から、いま、流行っている瞑想法をイメージした。内容は、ヨガ瞑想法をわかりやすく、実践をふまえて書いてあり、とても分かりやすかった。ヨグマタ相川圭子先生の瞑想を知りたい、まだ知らない方にはとてもわかりやすい本である。

  •  詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=11690

  • 【状態】
    貸出中(予約0)

    【内容紹介】
    毎日を幸福な気持ちで満たされて生きるために。悩みを手放し、健康体質になる普通の人のための瞑想入門。

    【キーワード】
    単行本・マインドフルネス・瞑想・悩み


    +++++1

  • 「心を余計に使わない」

    というような意味のことを言われているのですが、すごくなるほどと思いました。
    体を無駄に使えば疲れてしまうのと、心も同じなんですね。
    恨むことや怒ることはもちろんですが
    喜びや感動も、それを求めてばかりだと心は疲れてしまう。
    ぼーーーーっとする、何もしない、ということは
    心にとって本当に大事なんだなあと思いました。

    なんだかすごいことになっているヨグマタ相川圭子先生、
    20年前に初めてヨガ教室に通ったときの大先生でした。
    そのすごさを知らずに通っていたので、「今日は相川先生のサマディの映像を
    見ます」などと先生が言い、インドで1週間くらい飲まず食わずで
    (心臓も止まるらしいです、いったん)穴に篭っていた
    大先生がよろよろしながら穴から出てくる映像などを見て
    青春まっさかりの私は大いにひいたものです。

    でも、心を酷使してパニック障害になんかになった大人の私が先生の本を
    初めて読んで「先生、本物だったんだな」って嬉しくなりました。
    いちどだけ来日されたときお会いしたことがあるけど
    やっぱりなんだかよろよろされていた印象。
    いつまでもお元気でいてほしいです

  • 著者、なんか偉い人らしいねえ。
    そんな偉い人の言葉でも、活字にしてしまえばそのへんの自己啓発書と変わらないのが残念なところ。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

現在社会で会うことのできる世界で2人のみのシッダーマスター。ヒマラヤ秘教の正統なる継承者。2007年インド最大の霊性修行の協会「ジュナ・アカラ」より最高指導者の称号「マハ・マンドレシュワリ」を授かる。

「2018年 『ヤマ・ニヤマ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヒマラヤ大聖者のマインドフルネスのその他の作品

ヨグマタ相川圭子の作品

ツイートする