• Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031074

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書はその分野において参考とするべき本を紹介した「本のガイドブック」だ。
    題名には「リーダーの」と書かれているが、その分野を勉強してみようと思う人にとっては、誰にでも参考になる本が紹介されていると思う。
    【歴史】【経営】【リーダーシップ】【日本近現代史】【コンピュータサイエンス】【経済学】【進化生物学】【数学】【医学】【哲学】【宗教】の11分野114冊(帯などでは130冊と書いてあるが、上下巻などを1冊とすれば114冊)の本が紹介されているが、自分が読んだことがある本は6冊しかなかった。しかし、その6冊についてはいずれも納得のいく選書であったので、他の選書についても間違いはないのだろう。

    この本の良いところは、1人選者が11分野の本を紹介するのではなく、その分野の専門家がそれぞれのおすすめ本を紹介しているところだ。
    専門家の本の紹介はそれぞれ説得力がある。やはり、どうしても一人の人間が薦める本というのは偏りができてしまうし、誰にでも不得意な分野があるはずだから、この本のように1人1分野の紹介という形式は非常に良いと思う。

    自分としては、全く門外漢の分野である数学、哲学や宗教の分野で読んでみたいなと思った本が結構あった。

    以下、分野ごとに選者のプロフィールと紹介された本の一覧を作ってみたので参考まで。

    【歴史】
    選者―出口治明
    (実業家。ライフネット生命保険株式会社 代表取締役会長兼CEO)
      ・ベネディクト・アンダーソン『想像の共同体』
      ・イマニュエル・ウォーラーステイン『近代世界システム(1・2)』
      ・フェルナン・ブローデル『地中海』
      ・アントニー・ビーヴァー『第二次世界大戦1939-45(上・中・下)』
      ・半藤一利『昭和史』
      ・ヘロドトス『歴史』
      ・司馬遷『史記列伝』
      ・チャールズ・C・マン『1493――世界を変えた大陸間の「交換」』
      ・ユヴァル・ノア・ハラリ『サピエンス全史(上・下)』
      ・更科 功『宇宙からいかにヒトは生まれたか: 偶然と必然の138億年史』
      ・永川玲二『アンダルシーア風土記』
      ・中村愿、 安野光雅『三國志逍遙』

    【経営】
    選者―楠木建
    (経営学者。一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授。専攻は競争戦略)
      ・イアン・カーショー『ヒトラー(上・下)』
      ・サイモン・セバーグ・モンテフィオーリ『スターリン―赤い皇帝と廷臣たち(上・下)』
      ・若桑みどり『クアトロ・ラガッツィ』
      ・サマセット・モーム『サミング・アップ』
      ・アダム・スミス『道徳感情論』
      ・トクヴィル『アメリカのデモクラシー』
      ・エドマンド・バーク『フランス革命の省察』
      ・井原西鶴『日本永代蔵』
      ・ハロルド・ジェニーン『プロフェッショナルマネジャー』
      ・石原 莞爾『最終戦争論』
      ・『古事記』

    【経済学】
    選者―大竹文雄
    (経済学者。大阪大学教授、社会経済研究所教授。専門は労働経済学、行動経済学)
      ・ダン・アリエリー『予想どおりに不合理』
      ・ダニエル・カーネマン『ファスト&スロー(上・下)』
      ・センディル・ムッライナタン、エルダー・シャフィール『いつも「時間がない」あなたに』
      ・ウリ・ニーズィー、ジョン・A・リスト『その問題、経済学で解決できます。』
      ・鈴木 亘『経済学者 日本の最貧困地域に挑む』
      ・坂井豊貴『多数決を疑う』
      ・齊藤誠『経済学私小説〈定常〉の中の豊かさ』
      ・レイ・フィスマン、ティム・サリバン『意外と会社は合理的』
      ・ルイジ・ジンガレス『人びとのための資本主義』
      ・鶴光太郎『人材覚醒経済』
      
    【リーダーシップ】
    選者―岡島悦子
    (経営チーム強化コンサルタント。ヘッドハンター、リーダー育成のプロ)
      ・ジョン・P・コッター『企業変革力』
      ・野田智義、金井壽宏『リーダーシップの旅』
      ・ジム・コリンズ『ビジョナリー・カンパニー2』
      ・ラム・チャラン『徹底のリーダーシップ』
      ・冨山和彦『結果を出すリーダーはみな非情である』
      ・内村鑑三『後世への最大遺物』
      ・クレイトン・M・クリステンセン、ジェームズ・アルワース、カレン・ディロン『イノベーション・オブ・ライフ』
      ・リンダ・A・ヒル『ハーバード流 逆転のリーダーシップ』
      ・ラズロ・ボック『ワーク・ルールズ!』
      ・リンダ・グラットン『ライフ・シフト』
      
    【日本近現代史】
    選者―猪瀬直樹
    (作家、元政治家。地方分権改革推進委員会委員、日本文明研究所所長、元東京都知事)
      ・司馬遼太郎『坂の上の雲』
      ・石光真清『城下の人』
      ・『橋川文三著作集』
      ・参謀本部編『杉山メモ(上・下)』
      ・菊池寛『話の屑篭と半自叙伝』
      ・松本清張『半生の記』
      ・小島信夫『抱擁家族』
      ・大宅壮一『無思想の思想』
      ・柳田國男『明治大正史 世相篇』
      ・三島由紀夫『金閣寺』
      ・三島由紀夫『鏡子の家』

    【進化生物学】
    選者―長谷川眞里子
    (人類学者。総合研究大学院大学学長・教授、国家公安委員会委員。専門は行動生態学、自然人類学) 
      ・カール・ジンマー、ダグラス・J・エムレン『進化の教科書』
      ・マット・リドレー『進化は万能である』
      ・サイモン・レヴィン『持続不可能性―環境保全のための複雑系理論入門』
      ・フレッド・ピアス『外来種は本当に悪者か?』
      ・ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄(上・下)』
      ・ジャレド・ダイアモンド『文明崩壊(上・下)』
      ・ジャレド・ダイアモンド『昨日までの世界(上・下)』
      ・スティーブン・ピンカー『言語を生み出す本能(上・下)』
      ・スティーブン・ピンカー『暴力の人類史(上・下)』
      ・海部陽介『人類がたどってきた道』
      ・イタイ・ヤナイ、マルティン・レルヒャー『遺伝子の社会』

    【コンピュータサイエンス】
    選者―中島聡
    (コンピューター技術者、プログラマー。UIEvolution(スクウェア・エニックスの子会社)のチーフソフトウェアアーキテクト) 
      ・ジェフリー・ムーア『キャズム』
      ・ドラッカー『明日を支配するもの 21世紀のマネジメント革命』
      ・ウォルター・アイザックソン『スティーブ・ジョブズ』
      ・木下是雄『理科系の作文技術』
      ・リチャード・A・ブリーリー『コーポレート・ファイナンス』
      ・クレイトン・クリステンセン『イノベーションのジレンマ』
      
    【数学】
    選者―森田真生
    (数学をテーマとした著作・講演活動などを行う日本の独立研究者) 
      ・スタニスラス・ドゥアンヌ『数覚とは何か?心が数を創り、操る仕組み』
      ・斎藤憲『ユークリッド「原論」とは何か』
      ・ジョセフ・メイザー『数学記号の誕生』
      ・アミーア・アレクサンダー『無限小 世界を変えた数学の危険思想』
      ・ジョージ・ダイソン『チューリングの大聖堂 コンピューターの創造とデジタル世界の到来』
      ・アポストロス・ドクシアディス、クリストス・パパディミトリウ『ロジ・コミックス:ラッセルとめぐる論理哲学入門』
      ・伊達宗行『「数」の日本史 われわれは数とどう付き合ってきたか』
      ・マーカス・デュ・ソートイ『素数の音楽』
      ・ティモシー・ガワーズ『プリンストン数学大全』
      ・高瀬正仁『岡潔 数学の詩人』

    【医学】
    選者―大室正志
    (大室産業医事務所代表。産業医科大学医学部医学科卒業。専門は産業医学実務) 
      ・ダニエル・E・リーバーマン『人体600万年史』
      ・フランク・ライアン『破壊する創造者』
      ・多田富雄『免疫の意味論』
      ・櫻井武『睡眠の科学』
      ・名郷直樹『「健康第一」は間違っている』
      ・岩田健太郎『ワクチンは怖くない』
      ・サイモン・シン、エツァート・エルンスト『代替医療のトリック』
      ・斎藤環『承認をめぐる病』
      ・ジェローム・グループマン『決められない患者たち』
      ・森健『脳にいい本だけを読みなさい』
      ・アトゥール・ガワンデ『死すべき定め』

    【哲学】
    選者―岡本裕一朗
    (哲学・倫理学者。玉川大学教授)
      ・プラトン『ソクラテスの弁明』
      ・デカルト『方法序説』
      ・パスカル『パンセ』
      ・ニーチェ『道徳の系譜学』
      ・W・ジェイムズ『プラグマティズム』
      ・ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』
      ・ホルクハイマー、アドルノ『啓蒙の弁証法』
      ・ミシェル・フーコー『監獄の誕生』
      ・ジョン・R・サール『MiND マインド 心の哲学』
      ・トマス・ネーゲル『哲学ってどんなこと?』
      ・ハリー・G・フランクファート『ウンコな議論』
      ・ユルゲン・ハーバーマス『人間の将来とバイオエシックス』

    【宗教】
    選者―上田紀行
    (文化人類学者。東京工業大学教授)
      ・島薗 進『宗教ってなんだろう?』
      ・阿満利麿『日本人はなぜ無宗教なのか』
      ・末木文美士『日本宗教史』
      ・鈴木大拙『日本的霊性』
      ・丸山真男『日本の思想』
      ・鈴木崇巨『1年で聖書を読破する。』
      ・マックス・ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』
      ・ジョルジュ・バタイユ『宗教の理論』
      ・ダライ・ラマ14世『思いやり』
      ・小池龍之介『煩悩リセット稽古帖』

  • NewsPicks Bookの記念すべき第1弾であり、教養を身に付けたい人が読むべき本を多数ピックアップしている。本書を通じて「教養」と「知識」は異なるものである、ということを再認識させられた。ビジネス書を乱読して知識を得たとしても、それは氷山の上に出ている部分であり、その氷山本体である普遍的な教養を身に付けることが重要だということも理解できた。教養を身に付け、過去の様々なパターン認識や多様な人間観を持っていると、新しい出来事に直面しても既視感を持ってブレずに対応できる、という主張が特に印象に残った。

  • <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます>
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=331617

  • 今世の中を賑わしているNewsPicksBookの記念すべき1冊目です。まだ箕輪さん色があまり強くない。NewsPicksの佐々木紀彦編集長の色が強い感じです。
    日本のビジネスリーダーたちが様々な分野の教養を身につけるために最適な本を紹介してくれるので、ブックガイドとしての位置付けが強い本です。文理問わず、結構難解な本まで紹介しているので、信頼は置けそうです。

    いくつか掘っていきたい分野はあるが、まずは自分の専門でやってきた歴史や、興味が湧く哲学あたりから攻められればと思う。
    NewsPicksアカデミアのテーマは「最先端と普遍の両立」とのこと。死ぬカスモードになりすぎて箕輪編集長がこの事を忘れていないことを、大変余計なお世話ながら願っております。

  • 本 リーダーの教養書 「目から鱗」良いタイミングで教養の本に巡り会いました
    21総研での立ち位置について疑念も払拭できました
    目先の商売が不得手でも、経営はまた違って良い、むしろ違うべきだという確信
    今の北洋銀行にも言えること その方が重要だと思う 戦術より戦略

    現代は情報が溢れ、スピードを求め、全てが短期志向に
    誰もがそれで良いのかと疑問を持ちつつも、適合を求められる

    「教養」リベラルアーツ
    普遍的なビジョンや理念を生むには、教養が不可欠 心の底からワクワク
    「欲望への反応速度」は遅くて良い 品格であり教養
    抽象度を上げて物事を理解しようとする姿勢 「本質論」
    物事を単純化して、確信に基づいて決断する「論理的確信」(楠木建26P)
    早わかりの知識は氷山の上辺だけ(せいぜい2割・溶ける)
    氷山全体へ理解を深めるべき→本質論、それが「器」
    教養の深さが「パターン認識」を拡げ、判断力を鍛える

    出口さんは「数字・ファクト・ロジック」というが、過去のもの(楠木建)
    バックミラーを見て経営はできない!
    「未来への洞察力」が大事 

    楠木建さんは出口治明氏を圧倒! 真の教養の差と思う 怖い

    □ スターリン 赤い皇帝と延臣たち
    □ 予想どおりに不合理 いくつか比較しないと判断できない 行動経済学
    □ ファスト&スロー 損を嫌うあまり、「リスクある選択」

  • 教養を学ぶ必要性を非常に理解することが出来ました!素晴らしい書籍だと思います。ありがとうございました!

  • 図書館

  • 教養の無さを痛感したので読んでみた。

    ■教養がなければ「奴隷」になる
    楠木氏:人が他者に強制されず、自分自身でつくりあげていく独自の「価値基準」を持っていること
    出口氏:自らの選択肢を増やしてくれるもの、あるいはワクワクして楽しいもの

    ⇨教養と聞くとどれだけ知識を持っているかだと思っていたが、実際には教養は役に立つかどうかは関係なく、インセンティブが効かない世界だと知った。
    必要に駆られてやっているものは「勉強」であり、自分がやりたいと思って学ぶことが「教養」
    とのこと。
    自分が興味を持ってやった分だけ、教養が高まると考えると、好奇心が最大の武器なのかもしれない。

    ■教養の深さがパターン認識を広げ、判断力を鍛える
    様々な因果関係を包括して抽象化すること。
    歴史を知ることは、過去に起きた事象のパターンを多く知るということ。
    ⇨パターンを多く知ることで話を頭の中でまとめて、「要するに〜」と論理的に話せるようになる。

    本書の中で紹介された本を順番に読んでみる。

  • 有用な本をたくさん発見することができました。

  • リーダーには専門性や人をひきつける力以外に「教養」が必要であると説いている本。Newspicksという情報キュレーションメディアが発行している書籍であり、特に一般教養を受ける前の新入生に読んでもらいたい。

    工学研究科 D1

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1948年、三重県生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)学長。ライフネット生命保険株式会社創業者。京都大学法学部を卒業後、72年、日本生命保険相互会社入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当。生命保険協会の初代財務企画専門委員会委員長として金融制度改革・保険業法の改正に従事。ロンドン現地法人社長、国際業務部長等を経て同社を退職。その後、東京大学総長室アドバイザー、早稲田大学大学院講師等を務める。08年にライフネット生命を開業、12年東証マザーズ上場。18年より現職。

「2019年 『本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

リーダーの教養書 (News Picks Book)のその他の作品

出口治明の作品

リーダーの教養書 (News Picks Book)を本棚に登録しているひと

ツイートする