多動力 (NewsPicks Book)

著者 :
  • 幻冬舎
3.69
  • (108)
  • (210)
  • (169)
  • (43)
  • (6)
本棚登録 : 1864
レビュー : 251
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031159

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やりたいことだけをして生きようという本。
    仕事は自分にしかできないものだけをやり、あとはアウトソーシング。
    損切りをするかは、その額でその株を買い直すかを考える。ひふみ投信。

  • 本当の自分らしさは、自分にとって嫌な事に時間を割かず、好きな事、ワクワクする事に時間をかける事に徹底してる。
    毎日多くのプロジェクトを成功させていくにな、合理的で
    余分な事、つまらない人に会わないなど、徹底してる。
    新しい時代の生き方を知る。

  • 堀江さんのプレゼン能力が高い、と感じた書籍。
    内容については軽く読み進めることができ、時代にマッチしたものと感じる。同じようなことを考えていても、彼ほどビジネスに繋げることができていないな、と感じる。考えたことを書籍に仕立て上げるような、つまりプレゼン能力に関心した。

  • 一つのことを極められずすぐに飽きてしまう自分に嫌気がさしていたが、この本を読んで元気づけられた。
    行動力を持って、生きていきたい。

  • 量自体はあんまり多くなく、サラッと読み終わった。内容は、ホリエモンらしいなと感じるものであったが、大分極論なことが多いので、理解できるかと言われたら微妙に感じた。

  • 極論が多いと感じる一方で本質は外していない。この中から全てでなくとも出来そうなことから実践してみたいと思う。一年の終わりに振り返りたい。

  • 読みながら思ったのは、
    言おうとしていることは、変わらないが、
    編集力がとてもあると言うことだ。

    堀江貴文は、アスペルガー症候群なんだと
    推定した。とにかく、動き回る。
    沢山の仕事をするために、多くの人を動かし、
    そして、自分を 動かしていく。
    まるで、マグロのように、とまることを
    恐れているかのように。
    そして、たっぷりと睡眠をとる。
    まったく、ストレスフリーの生活をおくる。
    また、家や別荘などももたない。
    所有することを、必要としない。

    堀江貴文は言う
    『大量の仕事をこなすのに重要なのは
    「速さ」ではなく、「リズム」だ。
    「リズム」がわるければ、
    仕事は溜まりつづける。』

    おもしろい時代となったね。

  • 小一時間で読めた。時間の使い方 昔から言われている概念をぶっ潰す内容に驚きつつも納得した。デジタルネイティブな仕事術とは多動力なのだと思う。ただ実践する事、そこから始まる。

  • よくも悪くも堀江さんの本。堀江さんのサイトをよく見ている人にはすでにいつもの堀江さんの考え方が見え隠れするので新しい発見はないかも。せっかくなので一部抜粋です。
    情報自体の価値はゼロといってよい。みんなで情報を共有しそれを元に新しい発想や発明を積み重ねる。

    はい。だから、エンタメ、スポーツ、ショービズはbuy

  • いろんなことを試してみることはもちろんよいが、そのためにいろんなものを捨てるべきということがわかりやすい。
    自分がこの本の感覚に同意なのであれば、その感覚を誰かに共有するためにこの本を読んでもらうととても伝わりやすい、そんな風に活用したい一冊

全251件中 91 - 100件を表示

多動力 (NewsPicks Book)のその他の作品

多動力 (NewsPicks Book) Kindle版 多動力 (NewsPicks Book) 堀江貴文

堀江貴文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
トマ・ピケティ
佐々木 圭一
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする