多動力 (NewsPicks Book)

著者 :
  • 幻冬舎
3.67
  • (168)
  • (356)
  • (302)
  • (65)
  • (12)
本棚登録 : 3210
レビュー : 427
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344031159

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本を読んで色んなことをやったらいいと、
    捉えてしまう人が多いと堀江さんも言っていました。

    しかし、本当に伝えたい事は、
    何かを習得するには、まずは1つのことに集中することが大事。

    集中して、1つの事で卓越した堀江さんだからこそ、このような本が書けるのだと思いました。

    僕も、まず、1つのことに集中して、
    ステージ上げていきます。

  • 「堀江貴文」が凝縮された一冊。
    各トピックスごとに「やってみよう!」という項目がまとめられていて、どんな行動をしたらいいのかがわかるようになっているのは面白い

  • なんでもチャレンジするべき

  • 好き嫌いはあるだろうが、彼の言うことにも一理ある。取捨選択して使える本。

  • 歳を取ってくると、なかなか没頭して何かをする事が出来なくなってくる。この本を読んで久々に自分の好きなことを思い出し、没頭する時間を作る事にした。今までは時間が無いなどと言い訳をしていたが、好きな事をするのを決めると不思議と他の事も片付き時間が取れてくる事が分かった。人生はまだまだこれからだ、他人のことは気にせず、好きなことに没頭しようと改めて思い直した本であった。

  • 文量が少なく読みやすかった。
    自分の引き出しを増やすエッセンスが詰まっている。

  • ワクワクしないことにさいている無駄な時間を削れるだけ削って、ワクワクすることをとにかくたくさんする

  • ワクワクすることに時間を忘れる程没頭する♪
    それが目標達成に繋がる!!

    目の前のことに集中することで結果は後からついてくる!
    とってもシンプルですよね☆

    やるべきことに没頭し、仕事のステージを上げて
    自分の時間を取り戻します♪

  • ◆理由
    評価シートにて、リーダーシップに欠けるとの結果が出たため

    ◆気付き
    ・感覚的な内容も多く、単純に今の仕事にすぐ展開できそうな項目は多くなかったが、意識面で学べる部分は多かった。
    ・「完璧主義者」ではなく、「完了主義者」となる

    ◆アクション
    ・アウトプットを出す先の重要性を考慮した上で、まずタスクを期日内に完了させることをマストとする。
    ・恥を捨て、知らないことはとにかく検索から学び、質問する。

  • ホリエモンの本はもう読むのやめようと思った。アマゾンで無料だったから本当に助かった。

全427件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

■堀江 貴文(ホリエ タカフミ)
1972年福岡県生まれ。実業家。
SNS media&consulting株式会社ファウンダー。
現在は自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリのプロデュースを手掛けるなど幅広い活躍をみせる。
主な著作に『多動力』(幻冬舎)、『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)、『10年後の仕事図鑑』(共著・落合陽一/SBクリエイティブ)などがある。

「2019年 『小説 多動力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

多動力 (NewsPicks Book)のその他の作品

多動力 Audible版 多動力 堀江貴文
多動力 (幻冬舎文庫) Kindle版 多動力 (幻冬舎文庫) 堀江貴文

堀江貴文の作品

ツイートする